Show Menu
トピック×

プライバシーサービスおよびExperience Cloudアプリケーション

Adobe Experience Platformプライバシーサービスは、複数のAdobe Experience Cloudアプリケーションのプライバシー要求をサポートするように設計されています。 各アプリケーションは、データサブジェクトを識別するために、異なる製品値とIDをサポートしています。
このドキュメントは、プライバシー関連の操作用にそのアプリケーションを設定する方法を概説したExperience Cloudアプリケーションドキュメントのリファレンスとして機能します。 データの形式設定やラベル付けの方法も含まれます。 対象となるアプリケーションのカテゴリは2つです。
プライバシーリクエストの書式設定方法およびサポートされる値については、Experience Cloudアプリケーションのドキュメントを参照してください。

Privacy Serviceと統合されたアプリケーション

次のリストは、プライバシーサービスと統合されるExperience Cloudアプリケーションの機能です。この機能には、互換性のあるプライバシーサービス機能や、詳細についてのドキュメントへのリンクが含まれています。
アプリケーション
アクセス/削除
販売のオプトアウト
ドキュメントと考慮事項
Adobe Advertising Cloud
Adobe Analytics
Adobe Audience Manager
Adobe Campaign Standard
アドビ顧客属性(CRS)
なし
Adobe Experience Platform
Adobe Primetime Authentication
なし
Adobe Target
なし

セルフサービスアプリケーション

以下は、プライバシーサービスと統合されておらず、内部でプライバシーに関する問題を管理する必要があるExperience Cloudアプリケーションのリストです。 各アプリケーションのドキュメントへのリンクと、ドキュメントの内容に関する説明が記載されています。
アプリケーション
ドキュメントの説明
Adobe Campaign・クラシックのGDPR機能の概要
同意が取得されるまでAdobeタグが実行されないようにする手順です。
顧客のプライバシー管理者またはAEM管理者がGDPR要求を処理する方法の概要を示します。
Livefyreを使用したGDPRへのアクセスおよび削除リクエストの手順です。
拡張機能とルールビルダーを使用してオプトインおよびオプトアウトソリューションを導入する方法。