Show Menu
トピック×

Privacy Service および Experience Cloud アプリケーション

Adobe Experience Platform Privacy Service is built to support privacy requests for several Adobe Experience Cloud applications. 各アプリケーションは、データ主体を識別するために、異なる製品値と ID をサポートしています。
This document serves as a reference for Experience Cloud application documentation that outlines how to configure that application for privacy-related operations. データの形式設定やラベル付けの方法も含まれます。次の 2 つのカテゴリのアプリケーションを対象としています。
Please review the documentation for your Experience Cloud applications to learn how to format your privacy requests, and which values are supported for those requests.

Applications integrated with Privacy Service

The following is a list of Experience Cloud applications that are integrated with Privacy Service, including the Privacy Service capabilities they are compatible with, and links to documentation for more information.
アプリケーション
アクセス / 削除
販売のオプトアウト
ドキュメントと考慮事項
Adobe Advertising Cloud
Adobe Analytics
Adobe Audience Manager
Adobe Campaign Standard
Adobe顧客属性(CRS)
なし
Adobe Experience Platform
Adobe Primetime Authentication
なし
Adobe Target
なし

セルフサービスアプリケーション

The following is a list of Experience Cloud applications that are not integrated with Privacy Service and must manage their privacy concerns internally. 各アプリケーションのドキュメントへのリンクと、ドキュメントの内容に関する説明が記載されています。
アプリケーション
ドキュメントの説明
Adobe Campaign Classic の GDPR 機能の概要。
同意が得られるまでアドビタグが実行されないようにする手順。
顧客プライバシー管理者または AEM 管理者が GDPR リクエストを処理する方法の概要。
Livefyre を使用して GDPR にアクセスしたり、リクエストを削除したりする手順。
拡張機能とルールビルダーを使用してオプトインおよびオプトアウトソリューションを定義する方法。