Show Menu
トピック×

アドビのプライバシー JavaScript ライブラリの概要

アドビは、データプロセッサーとして、お客様の許可と指示に従って個人データを処理します。データ管理者であるお客様は、アドビに処理および保管を委任する個人データを決めます。Depending on the information you choose to send through Adobe Experience Cloud solutions, Adobe can store private information applicable to privacy regulations such as the General Data Protection Regulation (GDPR) and California Consumer Privacy Act (CCPA). Experience Cloud ソリューションによる個人データの収集について詳しくは、 Adobe Experience Cloud のプライバシー に関するドキュメントを参照してください。
データ管理者は、 アドビのプライバシー JavaScript ライブラリ ​を使用して、特定のドメインについて ソリューションで生成されたすべてのデータサブジェクトの ID を自動的に取得できます。Experience Cloud​ Adobe Experience Platform Privacy Service  が提供する API では、これらの ID を使用して、データサブジェクトに属する個人データへのアクセスリクエストと削除リクエストを作成できます。
The Privacy JS Library typically only needs to be installed on privacy-related pages, and is not required to be installed on all pages of a website or domain.

関数

に Privacy JS Library は、でIDを管理するための機能がいくつか用意されて Privacy Serviceいます。 これらの関数は、ブラウザーに保存されている、特定の訪問者の ID を管理する場合にのみ使用できます。They cannot be used to submit information to the Experience Cloud Central Service directly.
次の表に、ライブラリが提供する様々な関数の概要を示します。
関数
説明
retrieveIdentities
Returns an array of matching identities ( validIds ) that were retrieved from Privacy Service, as well as an array of identities that were not found ( failedIds ).
removeIdentities
一致する(有効な)各 ID をブラウザーから削除します。一致する ID の配列( validIds )を返します。各 ID には、この ID が削除されたかどうかを示す isDeleteClientSide ブール値が含まれます。
retrieveThenRemoveIdentities
一致する ID の配列( validIds )を取得し、ブラウザーからそれらの ID を削除します。この関数は removeIdentities に似ていますが、削除の前に、使用中の Adobe ソリューションでアクセス要求を実行する必要がある場合(削除リクエストに指定する固有の ID を取得する必要がある場合など)に最も適しています。
removeIdentities retrieveThenRemoveIdentities では、これらをサポートする特定のアドビソリューションのブラウザーから ID が削除されるだけです。例えば、Adobe Audience Manager では、サードパーティの Cookie に保存されている demdex ID は削除されませんが、Adobe Target では ID を保存しているすべての cookie が削除されます。
これら 3 つの関数はすべて非同期プロセスを表すので、取得した ID はコールバックまたは promise を使用して処理する必要があります。

インストール

To start using the Privacy JS Library, you must install it onto your machine using one of the following methods:

をインスタンス化する Privacy JS Library

All apps that utilize the Privacy JS Library must instantiate a new AdobePrivacy object, which must be configured to a specific Adobe solution. 例えば、Adobe Analytics でインスタンス化する場合は、次のようになります。
var adobePrivacy = new AdobePrivacy({
    imsOrgID: "{IMS_ORG}",
    key: "{DATA_SUBJECT_ID}",
    reportSuite: "{REPORT_SUITE_ID}",
    trackingServer: "{SERVER_URL}",
    clientCode: "{TARGET_CLIENT_CODE}"
});

様々なアドビソリューションのためにサポートされている全パラメーターのリストについては、付録の、サポートされている アドビソリューションの設定パラメーター に関する節を参照してください。

コードサンプル

The following code samples demonstrate how to use the Privacy JS Library for several common scenarios, provided that you are not using Launch or DTM.

ID の取得

This example demonstrates how to retrieve a list of identities from Experience Cloud.

JavaScript

次のコードは、関数 handleRetrievedIDs を定義します。これは、 retrieveIdentities で取得された ID を処理するコールバックまたは promise として使用されます。
function handleRetrievedIDs(ids) {
    const validIDs = ids.validIDs;
    const failedIDs = ids.failedIDs;
}

// If using callbacks:
adobePrivacy.retrieveIdentities(handleRetrievedIDs);

// If using promises:
adobePrivacy.retrieveIdentities().then(handleRetrievedIDs);

変数
説明
validIds
正常に取得されたすべての ID を含む JSON オブジェクト。
failedIDs
A JSON object containing all the IDs that were not retrieved from Privacy Service, or otherwise could not be found.

結果

コードが正常に実行された場合は、取得された ID のリストが validIDs に表示されます。
{
    "company": "adobe",
    "namespace": "ECID",
    "namespaceId": 4,
    "type": "standard",
    "name": "Experience Cloud ID",
    "description": "This is the ID generated by the ID Service.",
    "value": "79352169365966186342525781172209986543"
},
{
    "company": "adobe",
    "namespace": "gsurfer_id",
    "namespaceId": 411,
    "type": "standard",
    "value": "WqmIJQAAB669Ciao"
}

ID の削除

この例では、ブラウザーから ID のリストを削除する方法を示しています。

JavaScript

次のコードは、関数 handleRemovedIDs を定義します。これは、ブラウザーから削除された後に、 removeIdentities で取得された ID を処理するコールバックまたは promise として使用されます。
function handleRemovedIDs(ids) {
    const validIDs = ids.validIDs;
    const failedIDs = ids.failedIDs;
}

// If using callbacks:
adobePrivacy.removeIdentities(handleRemovedIDs);

// If using promises:
adobePrivacy.removeIdentities().then(handleRemovedIDs)…

変数
説明
validIds
正常に取得されたすべての ID を含む JSON オブジェクト。
failedIDs
A JSON object containing all the IDs that were not retrieved from Privacy Service, or otherwise could not be found.

結果

コードが正常に実行された場合は、取得された ID のリストが validIDs に表示されます。
{
    "company": "adobe",
    "namespace": "ECID",
    "namespaceId": 4,
    "type": "standard",
    "name": "Experience Cloud ID",
    "description": "This is the ID generated by the ID Service.",
    "value": "79352169365966186342525781172209986543",
    "isDeletedClientSide": false
},
{
    "company": "adobe",
    "namespace": "AMO",
    "namespaceId": 411,
    "type": "standard",
    "value": "WqmIJQAAB669Ciao",
    "isDeletedClientSide": true
}

次の手順

By reading this document, you have been introduced to the core functionalities of the Privacy JS Library. After using the library to retrieve a list of identities, you can use those identities to create data access and delete requests to the Privacy Service API. 詳しくは、「 Privacy Service developer guide 」を参照してください。

付録

This section contains supplemental information for using the Privacy JS Library.

アドビソリューションの設定パラメーター

次のリストは、サポートされているアドビソリューションで受け入れ可能な、 AdobePrivacy オブジェクトのインスタンス化 に使用される設定パラメーターを示しています。
Adobe Analytics
パラメーター
説明
cookieDomainPeriods
cookie 追跡用のドメイン内のピリオド数(デフォルトは 2)。
dataCenter
アドビのデータ収集データセンター。これは、JavaScript Web ビーコンで指定されている場合にのみ、含める必要があります。設定可能な値は次のとおりです。
  • d1:サンノゼデータセンター
  • d2:ダラスデータセンター
reportSuite
JavaScript Web ビーコンで指定されたレポートスイート ID(「s_code.js」や「dtm」など)。
trackingServer
データ収集ドメイン(非 SSL)。これは、JavaScript Web ビーコンで指定されている場合にのみ、含める必要があります。
trackingServerSecure
データ収集ドメイン(SSL)。これは、JavaScript Web ビーコンで指定されている場合にのみ、含める必要があります。
visitorNamespace
訪問者のグループ化に使用される名前空間。これは、JavaScript Web ビーコンで指定されている場合にのみ、含める必要があります。
Adobe Target
パラメーター
説明
clientCode
Adobe Target システムでクライアントを識別するクライアントコード。
Adobe Audience Manager
パラメーター
説明
aamUUIDCookieName
Adobe Audience Manager から返された一意のユーザー ID を含むファーストパーティ Cookie の名前。
Adobe ID サービス(ECID)
パラメーター
説明
imsOrgID
IMS 組織 ID。