Show Menu
トピック×

プライバシーサービスのUIの概要

Adobe Experience Platform Privacy Serviceは、RESTful APIとユーザーインターフェイスを備えており、これにより、様々なソリューション間でプライバシーとコンプライアンスの要求を調整できます。 このドキュメントでは、プライバシーサービスのUIについて説明します。 APIの使用について詳しくは、 プライバシーサービス開発者ガイドを参照してください

プライバシーサービスのUIにログインします。

プライバシーサービスのUIを認証するには、Adobe IDが必要です。 さらに、Adobe IDが関連付けられている組織内のシステム管理者権限が必要です。
Adobe Experience Cloudのサインインページ(https://experience.adobe.com)に移動します。 「 Adobe IDでサインイン」をクリックし 、プロンプトが表示されたらAdobe IDの資格情報を入力します。
サインインしたら、「 プライバシーUI 」をクリックします。

Experience Platformからのログイン

Adobe Experience Platform UIにアクセスできる場合は、左のナビゲーションにある「 リクエスト 」タブからプライバシーサービスUIにアクセスすることもできます。

次の手順

これで正常にログインできたので、プライバシーサービスのUIを使用した様々な操作の実行方法に関する手順については、 ユーザーガイド を参照してください。