Show Menu
トピック×

Real-time Customer Profile API開発者ガイド

Real-time Customer Profile adobe experience platform内の個々の顧客の全体的な表示を確認できます。 Profile オンライン、オフライン、CRM、サードパーティデータなど、複数のチャネルから個別の顧客データを統合表示に統合し、各顧客インタラクションに関する実用的なタイムスタンプのあるアカウントを提供できます。
この Real-time Customer Profile APIには複数のエンドポイントが含まれ、以下に概要を示します。 詳しくは、個々のエンドポイントのガイドを参照してください。必要なヘッダーに関する重要な情報、サンプルAPI呼び出しの読み方などについては、 はじめに 「はじめに」のガイドを参照してください。
使用可能なすべてのエンドポイントとCRUD操作を表示するには、 リアルタイムプロファイルAPIリファレンススウォッチガーを参照してください
Real-time Customer Profile UIで Experience Platform データを操作する手引きについては、 プロファイルユーザーガイドを参照してください

(アルファ)計算済み属性

計算済み属性機能はアルファ版であり、一部のユーザーが使用できます。ドキュメントと機能は変更される場合があります。
計算済み属性を使用すると、他の値、計算、式に基づいてフィールドの値を自動的に計算できます。計算済み属性は、プロファイルレベルで機能します。つまり、すべてのレコードとイベントの値を集計できます。各計算済み属性には、受信データを評価し、結果の値をプロファイル属性またはイベントに格納する式(「ルール」)が含まれます。これらの計算により、ライフタイム購入値、購入間隔、アプリケーションを開いた数などに関する質問に簡単に答えることができます。情報が必要になるたびに複雑な計算を手動で実行する必要はありません。You can create, view, edit, and delete computed attributes using the config/computedAttributes endpoint. このエンドポイントの使用方法については、『 計算済み属性エンドポイントガイド 』を参照してください。

エッジ投影

Adobe Experience Platform を使用すると、「エッジ」と呼ばれる戦略的に配置されたサーバー上のデータに容易にアクセスして、顧客体験をリアルタイムでパーソナライズできます。The Real-time Customer Profile API provides endpoints for working with edges through components called "projections." これには、各エッジに投影するデータを決定する投影設定や、投影のルーティング先を定義する投影先が含まれます。エッジ投影法の操作について詳しくは、『 投影の設定と宛先のエンドポイント』ガイドを参照してください

エンティティ(Profile アクセス)

Through Adobe Experience Platform you can access Real-time Customer Profile data using RESTful APIs or the user interface. To learn how to access entities, more commonly known as "profiles", using the API, follow the steps outlined in the entities endpoint guide . UIを使用してプロファイルにアクセスするには、『 Platform プロファイルユーザガイド Real-time Customer Profile ユーザーガイド 』を参照してください。

書き出しジョブ(Profile 書き出し)

Real-time Customer Profile アクティベーション用のオーディエンスセグメントのエクスポートや、レポート用のプロファイル属性のエクスポートなど、データをデータセットにエクスポートして追加の処理を行うことができます。 オーディエンスセグメント用の書き出しジョブは Adobe Experience Platform Segmentation Service APIの一部です。詳しくは、 セグメント書き出しジョブエンドポイントガイド を参照してください。 プロファイル属性の書き出しジョブを作成および管理する手順については、『 書き出しジョブエンドポイントガイド 』を参照してください。

結合ポリシー

When bringing data from multiple sources together in Experience Platform, merge policies are the rules that Platform uses to determine how data will be prioritized and what data will be combined to create individual customer profiles. Using the Real-time Customer Profile API, you can create new merge policies, manage existing policies, and set a default merge policy for your organization. To learn more about working with merge policies using the API, please visit the merge policies endpoint guide .
For a guide to working with merge policies using the Platform UI, please see the merge policies user guide .

プレビューサンプルの状態(Profile プレビュー)

プロファイルが可能なデータがExperience Platformに取り込まれると、プロファイルデータストア内に格納される。 プロファイルストアのレコード数が増減すると、データストア内のプロファイルフラグメントと結合プロファイルの数に関する情報を含むサンプルジョブが実行されます。 プロファイルAPIを使用して、最新の成功したサンプルや、データセット別、ID名前空間別にリストプロファイルの配布をプレビューできます。 エンドポイントの使用を開始するには、『 /profilepreviewstatus プレビューサンプルステータスエンドポイントガイド プレビューサンプルステータスエンドポイント(プロファイルプレビュー) 』を参照してください。

プロファイルシステムジョブ

に取り込ま Platform れたデータは、データストアと共 Data Lake に Real-time Customer Profile データストアに保存されます。 Occasionally it may be necessary to delete a dataset or batch from the Profile store in order to remove data that you no longer require or that was added in error. This requires using the API to create a Profile System Job, known as a "delete request", that can also be, modified, monitored, or deleted if required. To learn how to work with delete requests using the /system/jobs endpoint in the Real-time Customer Profile API, follow the steps outlined in the profile system jobs endpoint guide .

次の手順

APIを使用した呼び出しを開始するには、「はじめに Real-time Customer Profile 」ガイドを読み 、特定の Profile関連エンドポイントの使い方を学ぶためのエンドポイントガイドの1つを選択します。 UIを使用して Profile データを操作するには、リアルタイムのお客様向けプロファイルユーザガイドを参照してください Experience Platform​ Real-time Customer Profile ユーザーガイド