Show Menu
トピック×

リアルタイム顧客プロファイルの概要

Adobe Experience Platformを使用すると、顧客がブランドとどこで、いつやり取りしても、顧客に対して、調整され、一貫性のある、関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。 リアルタイム顧客プロファイルを使用すると、オンライン、オフライン、CRM、サードパーティデータなど、複数のチャネルからのデータを組み合わせた各顧客の全体的な表示を確認できます。 プロファイルを使用すると、個別の顧客データを統合ビューに統合し、顧客のやり取りごとに実用的なタイムスタンプ付きの説明を提供できます。この概要は、エクスペリエンスプラットフォームでのリアルタイム顧客プロファイルの役割と使用を理解するのに役立ちます。

リアルタイム顧客プロファイルについて

リアルタイム顧客プロファイルは、様々な企業データアセットからのデータを結合し、個々の顧客プロファイルおよび関連する時系列イベントの形式でそのデータへのアクセスを提供する、汎用の参照エンティティストアです。 この機能により、マーケターは、複数のチャネルにわたるオーディエンスに対して、調整され、一貫性のある、関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。

プロファイルデータストア

リアルタイム顧客プロファイルは、取り込んだデータを処理し、Adobe Experience Platform Identity Serviceを使用してIDマッピングを通じて関連データを結合しますが、独自のデータをプロファイルストアに保持します。 つまり、プロファイルストアは、カタログデータ(Data Lake)およびアイデンティティサービスデータ(IDグラフ)とは別のものです。

プロファイルおよびプラットフォームサービス

次の図に、リアルタイム顧客プロファイルとExperience Platform内の他のサービスとの関係を示します。

プロファイルと記録データ

プロファイルとは、対象、組織、または個人を表したもので、レコードデータとも呼ばれます。 例えば、製品のプロファイルにはSKUと説明が含まれ、個人のプロファイルには名、姓、電子メールアドレスなどの情報が含まれます。 Experience Platformを使用すると、ビジネスに関連するデータのタイプを使用するようにプロファイルをカスタマイズできます。 標準のExperience Data Model(XDM)Individualプロファイルクラスは、顧客レコードデータを記述する際にスキーマを構築し、データの統合をPlatformサービス間の多くのやり取りに提供するのに適したクラスです。 Experience Platformでのスキーマの操作について詳しくは、 XDMシステムの概要を読んでください

時系列イベント

時系列データは、対象者が直接または間接的にアクションを実行した時点のシステムのスナップショットと、イベント自体を詳細に示すデータを提供します。 標準のスキーマクラスXDM ExperienceEventによって表される時間系列データは、買い物かごに追加されるイベント、クリックされるリンク、ビデオ閲覧などのアイテムを表します。 時系列データは、セグメントルールの基にするために使用でき、プロファイルのコンテキストでイベントに個別にアクセスできます。

ID

どの企業も、個人的な感じ方で顧客とコミュニケーションを取りたいと思っています。 ただし、関連するデジタルエクスペリエンスを顧客に提供する際の課題の1つは、切断されたデータを結び付ける方法を理解することです。この方法は、タブレット、携帯電話、ラップトップなどの様々なデジタルチャネルに多く見られます。 IDサービスを使用すると、複数の顧客のIDをリンクし、各チャネルのIDグラフを作成することで、顧客の全体像をまとめて把握できます。 詳しくは、「 IDサービスの概要 」を参照してください。

セグメント化

Adobe Experience Platform Segmentation Serviceは、個々の顧客に対してエクスペリエンスを強化するために必要なオーディエンスを生成します。 オーディエンスセグメントを作成すると、そのセグメントのIDが、すべての資格を持つプロファイルのセグメントメンバーシップのリストに追加されます。 セグメントルールは、RESTful APIとセグメントビルダーユーザーインターフェイスを使用して、リアルタイム顧客プロファイルデータに作成および適用されます。 セグメント化の詳細については、 Segmentation Serviceの概要を参照してください

プロファイルフラグメントと和集合スキーマ

リアルタイム顧客プロファイルの主な機能の1つは、複数チャネルのデータを統合できることです。 リアルタイム顧客プロファイルを使用してエンティティにアクセスする場合は、そのエンティティのすべてのプロファイルフラグメントの結合表示を和集合表示と呼ばれ、和集合スキーマと呼ばれる要素を介して提供できます。 リアルタイム顧客プロファイルデータは、エンティティやプロファイルがIDでアクセスされたり、セグメントとしてエクスポートされたりすると、ソース間でマージされます。 プロファイルおよび和集合表示へのアクセスについて詳しくは、EntitiesのリアルタイムプロファイルAPI開発者サブガイド(「プロファイルアクセス」 とも呼ばれ ます)を参照してください。

結合ポリシー

複数のソースからデータを統合し、それを組み合わせて各顧客の完全な表示を確認する場合、統合ポリシーは、Platformがデータの優先順位付け方法とどのデータを組み合わせて統合表示を作成するかを決定する際に使用するルールです。 RESTful APIまたはユーザーインターフェイスを使用して、新しい結合ポリシーを作成し、既存のポリシーを管理し、組織のデフォルトの結合ポリシーを設定できます。 APIを使用した結合ポリシーの操作について詳しくは、Real-time Customer API merge policiesサブガイド または merge policiesユーザーガイドを参照して、Platform UIを使用した結合ポリシーの操作方法を確認してください。

(Alpha)計算済み属性の設定

このドキュメントで概要を説明する計算済みの属性機能は、alphaです。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。
計算済み属性を使用すると、他の値、計算、式に基づいてフィールドの値を自動的に計算できます。 計算済み属性は、プロファイルレベルで機能します。つまり、すべてのレコードとイベントに対して集計値を実行できます。 計算済みの各属性には、受信データを評価し、結果の値をプロファイル属性またはイベントに格納する式(「rule」)が含まれます。 これらの計算により、ライフタイム購入値、購入間隔、アプリケーション開封回数などに関する質問に簡単に回答できます。情報が必要になるたびに複雑な計算を手動で実行する必要はありません。 計算済み属性の詳細と、計算済み属性を使用する手順については、計算済み属性のリアルタイム顧客プロファイルAPI サブガイドを参照してください 。 このガイドは、計算された属性がAdobe Experience Platform内で果たす役割をより深く理解するのに役立ちます。また、リアルタイム顧客プロファイルAPIを使用して基本的なCRUD操作を実行するためのサンプルAPI呼び出しが含まれています。

リアルタイムコンポーネント

この節では、リアルタイム顧客プロファイルがレコードと時系列データをリアルタイムで更新および監視できるコンポーネントについて説明します。

ストリーミング取り込みとストリーミングセグメント化

リアルタイム入力は、ストリーミング取り込みと呼ばれるプロセスによって可能になります。 プロファイルと時系列データを取り込むと、リアルタイム顧客プロファイルは、既存のデータと結合して和集合表示を更新する前に、ストリーミングセグメント化と呼ばれる継続的なプロセスを通じて、そのデータをセグメントに含めるか除外するかを自動的に決定します。 その結果、ブランドとのやり取りを通じて顧客に対して、計算を瞬時に実行し、強化された個別のエクスペリエンスを提供する意思決定を行うことができます。 データは取り込まれる間、適切に取り込まれ、データセットの基盤となるスキーマに従うかどうかの検証も行われます。 取り込み中に行われる検証の詳細については、まず データ取り込みの質の概要を読んでください

エッジ投影法

複数のチャネルにわたって顧客に対して、調整、一貫性、パーソナライズされたエクスペリエンスをリアルタイムで提供するためには、変更が発生した場合に適切なデータを容易に利用でき、継続的に更新する必要があります。 Adobe Experience Platformを使用すると、エッジと呼ばれるものを使用して、データにリアルタイムでアクセスできます。 エッジは、データを格納し、アプリケーションから容易にアクセスできるようにする、地理的に配置されたサーバです。 例えば、アドビのターゲットやAdobe Campaignなどのアプリケーションは、パーソナライズされた顧客体験をリアルタイムで提供するためにエッジを使用します。 データは投影によってエッジにルーティングされ、投影先はデータの送信先となるエッジを定義し、投影設定はエッジで利用可能にする特定の情報を定義します。 エッジと投影法の詳細および使用方法については、『リアルタイム顧客プロファイルAPI エッジ投影法』サブガイドを参照してください

リアルタ追加イム顧客プロファイルに対するデータ

プラットフォームは、レコードおよび時系列のデータをプロファイルに送信するように設定でき、リアルタイムストリーミングの取り込みとバッチ取り込みをサポートします。 詳細については、チュートリアルの概要に記載されているチュートリアルの「リアルタイム顧客プロファイルにデータを 追加する方法 」を参照してください。

プロファイルストリーミング取り込み指標

観察性インサイトを使用すると、主要指標をAdobe Experience Platformに公開できます。 各種プラットフォーム機能に関するプラットフォーム使用状況統計とパフォーマンスインジケーターに加え、プロファイルに関する特定の指標があり、受信要求率、取り込まれた取り込み成功率、取り込まれた記録サイズなどを把握できます。 詳細については、「 観察性インサイトの概要 」を読み、プロファイル指標の完全なリストについては、 利用可能な指標に関するドキュメントを参照してください

データ・ガバナンスとプライバシー

データ・ガバナンスは、顧客データを管理し、データの使用に適用される規制、制限、ポリシーに対するコンプライアンスを確保するために使用される一連の戦略とテクノロジーです。
データへのアクセスに関しては、データガバナンスが様々なレベルのエクスペリエンスプラットフォーム内で重要な役割を果たします。
  • データ使用のラベル付け
  • データアクセスポリシー
  • マーケティングアクションのデータに関するアクセス制御
データ・ガバナンスはいくつかのポイントで管理されます。 例えば、プラットフォームに取り込むデータや、特定のマーケティングアクションで取り込んだ後にアクセスできるデータを決定できます。 詳細については、 データ管理の概要を読んでください

オプトアウトおよびデータのプライバシー要求の処理

エクスペリエンスプラットフォームを使用すると、顧客は、データの使用状況やストレージに関するオプトアウトリクエストをリアルタイムの顧客プロファイル内で送信できます。 オプトアウト要求の処理方法について詳しくは、オプトアウト要求の 実行に関するドキュメントを参照してください

プロファイルガイドライン

Experience Platformは、プロファイルを効果的に使用するために従うべき一連のガイドラインを備えています。
セクション
境界
プロファイル和集合スキーマ
最大20個の ​データセットがプロファイル和集合のスキーマに貢献できます。
複数エンティティの関係
最大 5 個のマルチエンティティ関係を作成できます。
複数エンティティの関連付けのJSONの深さ
JSONの最大の深さは 4です
時系列データ
非人口エンティティのプロファイルでは、時系列データは 使用できません
非人口スキーマの関係
非人物スキーマの関係は 許可されません
プロファイル断片
プロファイルフラグメントの推奨最大サイズは10kB です
プロファイルフラグメントの絶対最大サイズは 1MB ​です。
非個人エンティティ
1人の非個人エンティティの最大合計サイズは200MB です
非人間エンティティごとのデータセット
個人以外のエンティティに関連付けることができる データセットは、最大 1つです。
! 非個人エンティティは、プロファイルの一部で はないXDMクラスを参照します

次の手順とその他のリソース

リアルタイム顧客プロファイルの詳細については、このガイドに記載されているドキュメントを読み続けて、以下のビデオを見るか、他の エクスペリエンスプラットフォームのビデオチュートリアルを見て学習を補ってください