Show Menu
トピック×

リアルタ追加イム顧客プロファイルに対するデータ

このチュートリアルでは、リアルタイム顧客プロファイルにデータを追加するために必要な手順について説明します。

リアルタイム顧客プロファイルのスキーマの有効化

リアルタイム顧客プロファイルが使用するためにエクスペリエンスプラットフォームに取り込まれるデータは、プロファイルが有効なエクスペリエンスデータモデル(XDM)スキーマに準拠している必要があります。 スキーマがプロファイルを有効にするには、XDM IndividualプロファイルまたはXDM ExperienceEventクラスのいずれかを実装する必要があります。
スキーマレジストリAPIまたはスキーマエディターのユーザーインターフェイスを使用して、リアルタイムスキーマプロファイルでのの使用を有効にできます。 作業を開始するには、APIを使用したスキーマの 作成 、またはスキーマエディターUIを使用したスキーマの 作成に関するチュートリアルに従います

バッチ追加インジェストを使用したデータ

バッチインジェストを使用してプラットフォームにアップロードされたすべてのデータは、個々のデータセットにアップロードされます。 このデータをリアルタイム顧客プロファイルが使用する前に、対象のデータセットを具体的に設定する必要があります。 詳しい手順については、プロファイルおよびIDサービス用のデータセットの 設定に関するチュートリアルを参照してください
データセットの設定が完了すると、データをデータセットに取り込む開始を設定できます。 様々な形式でファイルをアップロードする方法について詳しくは、 バッチインジェスト開発者ガイド を参照してください。

ストリーミング取り込みを追加使用したデータ

プロファイル対応のXDMスキーマに準拠しているストリームで取り込まれたデータは、自動的にリアルタイムカスタマープロファイルの適切なレコードを追加または上書きします。 レコードに複数のIDが指定されている場合、または時系列データが使用されている場合、追加の設定なしで、それらのIDがIDグラフにマッピングされます。 詳しくは、『 ストリーミング取り込み開発者ガイド 』を参照してください。

アップロードが成功したことの確認

初めて新しいデータセットにデータをアップロードする場合、または新しいETLやデータソースに関連するプロセスの一部として、データが正しくアップロードされているかどうかを注意深く確認することをお勧めします。
リアルタイム顧客プロファイルアクセスAPIを使用すると、バッチデータがデータセットに読み込まれるのと同時に取得できます。 期待するエンティティをいずれも取得できない場合は、データセットのプロファイルが有効になっていない可能性があります。 データセットが有効になっていることを確認したら、ソースデータの形式と識別子が期待どおりに動作することを確認します。
Real-time Customer Customer APIを使用してエンティティにアクセスする方法について詳しくは、「プロファイルアクセスAPI」とも呼ばれるEntitiesの サブガイドを参照してください