Show Menu
トピック×

Power BI (PC)との接続

PCユーザーは、https://powerbi.microsoft.com/en-us/desktop/からPower BIをインストールでき ます

Power Biの設定

Power BIをインストールした後、PostgreSQLコネクタをサポートするために必要なコンポーネントを設定する必要があります。 次の手順に従います。
  • PowerBIが接続する正式な方法 npgsql である、PostgreSQL用の.NETドライバパッケージを探し出してインストールします。
  • v4.0.10を選択します(現在、新しいバージョンではエラーが発生します)。
  • カスタム設定画面の「Npgsql GAC Installation」で、「 Will be installed on local hard drive 」を選択します。 GACをインストールしないと、Power BIが後で失敗します。
  • Windowsを再起動します。
  • PowerBI Desktop評価版を見つけます。

Power BIをクエリサービスに接続

次の準備手順を実行した後、Power BIをクエリサービスに接続できます。
  • Power BIを開きます。
  • 上部のメニューリボンで 「データの取得 」をクリックします。
  • PostgreSQLデータベース 」を選択し、「 接続 」をクリックします。
  • サーバーとデータベースの値を入力します。 サーバ :接続の詳細で見つかったホストです。 実稼動環境の場合、ホスト文字列 :80 の末尾にポートを追加します。 Database には、「all」またはデータセットテーブル名を指定できます。 (CTASから派生したデータセットの1つを試してみてください)。
  • # をクリックし、 # のチェックを外します。 完全な階層を使用した ナビゲーションをチェックしない
  • (オプションですが、データベースに対して「all」が宣言されている場合に推奨されます) SQL文を入力します。
SQL文を指定しない場合、Power BIはデータベース内のすべてのテーブルをプレビューします。 階層データの場合は、カスタムSQLステートメントを使用する必要があります。 テーブルスキーマがフラットな場合は、カスタムSQLステートメントを使用するか、使用しないかを指定します。 複合型はPower BIではまだサポートされていません。複合型からプリミティブ型を取得するには、SQL文を記述して派生させる必要があります。
SELECT web.webPageDetails.name AS Page_Name, 
SUM(web.webPageDetails.pageviews.value) AS Page_Views 
FROM _TABLE_ 
WHERE _ACP_YEAR=2018 AND _ACP_MONTH=11 AND _ACP_DAY=20 
GROUP BY web.webPageDetails.name 
ORDER BY SUM(web.webPageDetails.pageviews.value) DESC 
LIMIT 10

  • 「DirectQuery 」または「 インポート ​」モードを選択します。 イン ポート ・モードでは、データはPower BIでインポートされます。 DirectQuery モードでは 、すべてのクエリがクエリサービスに送信され、実行されます。
  • OK をクリックします。これで、Power BIはクエリサービスに接続し、エラーがない場合にプレビューを生成します。 プレビューレンダリングの数値列に関する既知の問題があります。 次の手順に進みます。
  • 読み込み 」をクリックして、データセットをPower BIに取り込みます。