Show Menu
トピック×

クエリ結果からデータセットを生成する

Data Science Workspace、Real-time Customer Commenter Workspace、分析Workspaceなどの他のサービスへの入力として使用するデータレーク内のデータセットをクエリを使用して生成する場合に、クエリサービスの真の利点が明らかになります。
クエリサービスを使用すると、UIからデータセットを作成できます。 次の手順に従います。
  1. 接続されたクライアントを使用してクエリを書き込み、出力を検証します。
  2. プラットフォームUIにログインし、クエリに移動します。
  3. リスト内のクエリを見つけ、行の上にカーソルを置きます。
  4. 「データセット を作成 」をクリックします。
  5. LDAP IDの前に付けたデータセット名を入力します(一意である必要もSQLセーフでない場合もあります)。 システムは、ここで与えられた名前に基づいて「テーブル名」を生成します)。
  6. データセットの説明を入力し、「 クエリを実行 」をクリックします。
  7. クエリの完了を確認し、データセットリストページに移動して、先ほど作成したデータセットを確認します。
作成したデータセットは、データレーク内の他のデータセットと同様にアクセスでき、様々な使用例に使用できます。
実稼働中の実装では、データセットの作成後にData Governanceラベルを適用する必要があります。

定義済みのExperience Data Modelスキーマを使用したデータセットの生成

事前定義されたExperience Data Model(XDM)スキーマを使用してデータセットを生成するには、SQL構文を使用する必要があります。 使用する構文の詳細については、『 SQL構文』ガイドを参照してください

出力データセット

この機能を使用して作成されたデータセットは、SQLステートメントで定義された出力データの構造と一致するアドホックスキーマで生成されます。 一部のダウンストリームサービスでは、特定のExperience Data Model(XDM)スキーマを持つデータセットが必要です。 クエリを書き込む前に、ダウンストリームサービスのデータフォーマット要件を確認します。