Show Menu
トピック×

Query Editor ユーザーガイド

Query Editor はAdobe Experience Platformが提供するインタラクティブなツール Query Service​Experience Platform です。ユーザーインターフェイス内で顧客体験データのクエリを作成、検証および実行できます。 Query Editor は、分析およびデータ探索用の開発クエリをサポートし、開発目的でインタラクティブクエリを実行できるほか、でデータセットを設定する非インタラクティブクエリも実行でき Experience Platformます。
For more information about the concepts and features of Query Service, see the Query Service overview . To learn more about how to navigate the Query Service user interface on Platform, see the Query Service UI overview .

はじめに

Query Editor に接続することでクエリを柔軟に実行でき Query Serviceます。クエリはこの接続がアクティブな間にのみ実行されます。

Connecting to Query Service

Query Editor が初期化され、開かれたときに接続され Query Service るまでに数秒かかります。 クエリサービスに接続されると、コンソールに示されます(以下を参照)。エディターがクエリサービスに接続される前にクエリを実行しようとすると、接続が完了するまで実行が待機されます。

クエリの実行元 Query Editor

対話的に Query Editor 実行されたクエリ。 つまり、ブラウザーを閉じたり、別の場所に移動したりすると、クエリはキャンセルされます。また、クエリ出力からデータセットを生成するために実行するクエリも同様です。

クエリオーサリング Query Editor

Using Query Editor, you can write, execute, and save queries for customer experience data. All queries executed in Query Editor, or saved, are available to all users in your organization with access to Query Service.

Query Editor へのアクセス

In the Experience Platform UI, click Queries in the left navigation menu to open the Query Service workspace. 次に、画面の右上にある「 クエリを作成 」をクリックして、クエリの記述を開始します。This link is available from any of the pages in the Query Service workspace.

クエリの記述

クエリエディターは、クエリをできるだけ簡単に記述できるように構成されています。次のスクリーンショットは、UI でエディターがどのように表示されるかを示しています。ここでは、 プレイする ​ボタンと SQL 入力フィールドがハイライトされています。
開発時間を最小限に抑えるために、返される行を制限してクエリを開発することをお勧めします。たとえば、 SELECT fields FROM table WHERE conditions LIMIT number_of_rows のように設定します。クエリが目的どおりの出力を生成することを確認したら、制限を解除して、 CREATE TABLE tablename AS SELECT と設定してクエリを実行し、データセットを生成します。

ツールの作成 Query Editor

  • 構文の自動ハイライト: SQL の読み取りと構成が容易になります。
  • SQL キーワードのオートコンプリート: ​クエリの入力を開始し、矢印キーを使用して目的の用語に移動して、 Enter キーを押します。
  • テーブルとフィールドのオートコンプリート SELECT 元のテーブル名の入力を開始し、矢印キーを使用して目的の表に移動して、 Enter キーを押します。テーブルを選択すると、オートコンプリートによってそのテーブルのフィールドが認識されます。

エラーの検出

Query Editor クエリの書き込み時に自動的に検証され、汎用のSQL検証と特定の実行検証が提供されます。 以下の画像のように、クエリの下に赤い下線が表示される場合は、クエリ内にエラーがあります。
エラーが検出された場合、SQL コードの上にカーソルを置くと、特定のエラーメッセージが表示されます。

クエリの詳細

While you are viewing a query in Query Editor, the Query Details panel provides tools to manage the selected query.
このパネルでは、UI から出力データセットを直接生成したり、表示されたクエリを削除したり、クエリに名前を付けたりすることができます。また、「 SQL クエリ 」タブには、SQL コードが簡単にコピーできる形式で表示されます。このパネルには、クエリの最終変更日時や最終変更者(該当する場合)などの有効なメタデータも表示されます。データセットを生成するには、「 データセットを出力 」をクリックします。 データセットを出力 ​ダイアログが表示されます。名前と説明を入力し、「 クエリを実行 」をクリックします。The new dataset is displayed in the Datasets tab on the Query Service user interface on Platform.

クエリの保存

Query Editor には、クエリを保存して後で操作できる保存関数があります。 To save a query, click Save in the top right corner of Query Editor. クエリを保存する前に、 クエリの詳細 ​パネルを使用してクエリに名前を付ける必要があります。

以前のクエリを検索する方法

All queries executed from Query Editor are captured in the Log table. 「 ログ 」タブの検索機能を使用して、クエリの実行を検索できます。保存したクエリは「 参照 」タブに表 示されます。
詳しくは、 クエリサービス UI の概要 を参照してください。
実行されなかったクエリは「ログ」に保存されません。In order for the query to be available in Query Service, it must be run or saved in Query Editor.

クエリエディターを使用してクエリを実行する

To run a query in Query Editor, you can enter SQL in the editor or load a previous query from the Log or Browse tab, and click Play . クエリ実行のステータスは下の「 コンソール 」タブに表示され、出力データは「 結果 」タブに表示されます。

コンソール

The console provides information on the status and operation of Query Service. The console displays the connection status to Query Service, query operations being executed, and any error messages that result from those queries.
コンソールには、クエリの実行時に発生したエラーのみが表示されます。クエリを実行する前に、クエリ検証エラーは表示されません。

クエリの結果

クエリが完了すると、結果が「 コンソール 」タブの横の「 結果 」タブに表示されます。このビューには、クエリの出力が表形式で出力され、最大 100 行まで表示されます。このビューを使用すると、クエリが目的どおりの出力を生成することを確認できます。クエリでデータセットを生成するには、返される行の制限を解除し、 CREATE TABLE tablename AS SELECT と設定してクエリを実行します。See the generating datasets tutorial for instructions on how to generate a dataset from query results in Query Editor.

チュートリアルビデオでクエリを実行 Query Service する

次のビデオでは、Adobe Experience PlatformインターフェイスとPSQLクライアントでクエリを実行する方法を示します。 また、XDMオブジェクトで個々のプロパティを使用し、Adobe定義関数を使用し、CREATE TABLE AS SELECT (CTAS)を使用する方法も示します。

次の手順

Now that you know what features are available in Query Editor and how to navigate the application, you can start authoring your own queries directly in Platform. For more information about running SQL queries against datasets in Data Lake, see the guide on running queries . Adobe Analytics および Adobe Target データで使用する SQL クエリのサンプルについては、 サンプルクエリのリファレンス を参照してください。