Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2019 年 7 月 25 日
Adobe Experience Platformの新機能:
既存の機能の更新:

プライバシーサービス

Adobe Experience Platform Privacy Serviceは、RESTful APIとユーザーインターフェイスを備えており、会社は顧客データのリクエストを管理できます。 プライバシー・サービスを使用すると、個人または個人の顧客データに対するアクセスと削除の要求を送信でき、欧州和集合で導入された一般的なデータ保護規則(GDPR)などの組織および法的なプライバシー規制への自動コンプライアンスを容易にできます。
プライバシーサービスは、顧客の個人データを管理するためにビジネスに必要な方法が根本的に変化したことに対応して開発されました。 プライバシーサービスの主な目的は、データのプライバシーに関する規制への準拠を自動化することです。プライバシーに違反した場合、大きな罰金が課され、ビジネスに関するデータ操作が妨げられる可能性があります。
主な特長
機能
説明
プライバシーサービスユーザーインターフェイス(UI)
新しいGDPRリクエスト・メトリック・ダッシュボードは、GDPRリクエストが完了したか、エラーが返されたかなど、送信済みのGDPRリクエストを表示します。
リクエストビルダーの作成
GDPR要求を提出する技術的なユーザーと技術的なユーザーの両方を持つ組織に対して、UIに「要求を作成」機能が追加されました。 JSONファイル送信機能は、引き続き使用したい組織のプライバシーサービスUIで引き続き使用できます。
GDPRジョブイベント通知
GDPRジョブのステータスに関するイベント通知は、多くのワークフローにとって重要な要素です。 以前は、個々の電子メール通知を使用して通知が提供されていました。 Eメールから離れた場合、GDPRイベント通知はAdobe I/Oイベントを利用するメッセージです。Adobe I/Oメッセージは、設定されたWebフックに送信され、ジョブリクエストの自動化が容易になります。 プライバシーサービスUIのユーザーは、製品またはGDPRジョブが完了した場合に更新を受け取るAdobe I/O GDPRイベントに登録できます。
バグの修正
  • None.

エクスペリエンスデータモデル(XDM)

標準化と相互運用性は、エクスペリエンスプラットフォームの背後にある重要な概念です。 アドビが推進するExperience Data Model(XDM)は、カスタマーエクスペリエンスデータを標準化し、カスタマーエクスペリエンス管理のスキーマを定義する取り組みです。
XDMは、デジタルエクスペリエンスのパワーを向上させるために設計された、公開された仕様です。 Adobe Experience Platformのサービスと通信するためのアプリケーションの共通の構造と定義を提供します。 XDM標準を守ることで、すべての顧客体験データを共通の表現に組み込むことができ、より迅速で統合的な方法でインサイトを提供できます。 顧客のアクションから貴重なインサイトを得たり、セグメントを通して顧客オーディエンスを定義したり、顧客属性を使用してパーソナライズを図ることができます。
XDMは、Adobe Experience Platformが提供するExperience Cloudが、適切なチャネルを適切な人に、ちょうど適切なタイミングで配信できるメカニズムです。
Experience Platformが構築される方法論であるXDM Systemは、Experience Platformコンポーネントで使用するExperience Data Modelスキーマを運用します。
新機能
機能
説明
アイコンシステムの改善
スキーマエディターのUIが更新され、プラットフォームデザイン全体に合わせてアイコンが調整されました。
JSONスキーマのプロパティとスカラーの制約のサポート
スキーマエディターのUIに、となどのスカラーフィールドに JSONスキーマdraft-6 制約を定義するためのオプションのフィールドが用意され default るようになり required ました。
配列に対するJSONスキーマのプロパティと制約のサポート
スキーマエディターのUIに、 、などの配列フィールドに minItems JSONスキーマdraft-6 maxItems 制約を定義するオプションのフィールドが用意されました uniqueItems
バグの修正
  • フィールドを追加してAdobe Mixinを拡張する場合、UIでMixinが暗黙的に拡張されるようになりました。
  • スキーマの組み合わせからミックスインが削除されたときに、記述子が削除されるようになりました。
  • UIで保存する際に、ミックスインでオーバーロードされた meta:intendedToExtend 値が考慮されるようになりました。
  • APIがプラス( + )エンコードされたスペースを含むURLを適切に処理できないバグを修正しました。
  • API呼び出しにバージョンが指定されていない場合のエラーメッセージを改善しました。
既知の問題
  • ラベルのない列挙フィールドを作成できません。
  • UIの「JSONをコピー」ボタンで取り込まれたJSONには、無関係なメタプロパティが含まれています。
スキーマレジストリAPIとスキーマエディタを使用したXDMの操作について詳しくは、 XDMシステムのドキュメントを読んでください

Segmentation Service

Adobe Experience Platform Segmentation Serviceを使用すると、マーケティング可能なユーザーグループの属性と行動を記述するルールを作成し、プロファイルストアのプロファイルを使用して、これらのルールに基づいて実行可能なオーディエンスを作成できます。
新機能
機能
説明
構築ブロックとしてのオーディエンス
他のプラットフォームセグメントからロジックをコピーするだけでなく、追加のセグメントを作成する際に、セグメントのメンバーシップ(オーディエンス)を参照できるようになりました。
動的変数へのコンテキストアクセス
左側のナビゲーションパネルからでなく、ルールビルダーキャンバスのコンテキスト内で動的変数にアクセスできるようになりました。
文字列の複数値の演算値
1つの文字列ルールに複数の潜在的な値を追加できるようになりました(例: SKUには「ABC」、「DEF」、「GHI」が含まれます)。
バグの修正
  • 「入力されたフィールドのみを表示」の選択を解除するとエラーが発生する、断続的な問題を修正しました。
  • ホバー時に属性の概要が表示され、クリック時に表示されるエラーを修正。
  • セグメント検索でのページネーションエラーを修正しました。
  • わずかな操作性の強化。