Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2019 年 9 月 10 日
Adobe Experience Platformの既存の機能の更新:

Data Ingestion

Adobe Experience Platform には、あらゆる種類のデータやデータのレイテンシを取り込むための豊富な機能が用意されています。Adobe Experience Platform Data Ingestion provides multiple alternatives for ingesting data including Batch APIs, Streaming APIs, native Adobe connectors, data integration partners, or the Adobe Experience Platform UI.
新機能
機能
説明
ストリーミング取得用の新しいドメイン
dcs.data.adobe.net ドメインは、新しい共通データ収集ドメイン dcs.adobedc.net に移動しました。ユーザーは、Adobe Experience Platform の改訂されたストリーミング取得ドキュメントに従って、実装を更新する必要があります。Adobe Experience Platform のストリーミング取得に関連するすべてのドキュメントは、新しいドメインを使用するように更新されています。
詳しくは、 データ取得ドキュメント を参照してください。

Data Science Workspace

Adobe Experience Platform Data Science Workspace is a fully managed service within Experience Platform that enables data scientists to seamlessly generate insights from data and content across Adobe solutions and third-party systems by building and operationalizing Machine Learning Models. Data Science Workspace は、XDMデータの調査と準備を含む、エンドツーエンドのデータ科学ライフサイクルと緊密に統合され、さらにモデルの開発と運用を強化して、機械学習インサイトを自動的に強化 Platform​Real-time Customer Profile します。
新機能
機能
説明
UI を介したサービスのスケジュール
Integrated with Platform Orchestration Service to automate Model training and scoring with user-defined schedules using the UI.
Service Gallery
Browse, monitor, and access machine learning Services with the ability to schedule automated training and scoring jobs, all within the redesigned Service Gallery.
JupyterLab 5.0.0
JupyterLab UIの改善。
既知の問題
  • There is currently no accessible way in the Service Gallery to delete an existing Service. 当面は、 Senesi の機械学習 API リファレンスを 参照して、API 呼び出しを通じて既存のサービスを削除してください。
  • The Service Gallery does not have pagination support to filter a Service's training and scoring runs.
  • When configuring scheduled training or scoring runs through the Service Gallery, setting the frequency to hourly prevents the schedule from being applied.
詳しくは、「 Data Science Workspace の概要 」を参照してください。

Query Service

Query Service は、Adobe Experience Platformの標準的なSQLからクエリデータへの使用を可能にし、様々な分析およびデータ管理の使用例をサポートします。 It is a serverless tool that allows you to join datasets from the Data Lake and capture the query results as a new dataset for use in reporting, Data Science Workspace, or for ingestion into Real-time Customer Profile.
You can use Query Service to build data analysis ecosystems, creating a picture of customers across their various interaction channels. これらのチャネルには、POS(販売時点管理システム)、web、モバイル、CRM システムなどが含まれます。
新機能
機能
説明
改善点 Query Editor
保存関数が追加され、クエリを保存して後で使用できるようになりました。Added a "Browse" tab to the Query Service user interface on Adobe Experience Platform that shows queries saved by users in your organization. 表示中のクエリに関する有用なメタデータを表示する「クエリの詳細」パネルが実装されました。
新しい属性関数
Adobe-defined functions in Query Service to query for channel attribution with expiration parameters.
SQL 構文の強化
iLike 構文のサポート。
定義済みの XDM スキーマを使用してデータセットを生成
Create Table as Select(CTAS)クエリの新しい句が追加され、ターゲットスキーマを指定できるようになりました。
詳しくは、 クエリサービスのドキュメント を参照してください。