Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 12 月 8 日
Adobe Experience Platformの既存の機能の更新:

Data Science Workspace

Data Science Workspace 機械学習と人工知能を使用して、データから洞察を引き出します。 Integrated into Adobe Experience Platform, Data Science Workspace helps you make predictions using your content and data assets across Adobe solutions.
新機能
機能
説明
VMの強化 JupyterLab
長時間稼働する JupyterLab notebook 仮想マシンの安定性が向上しました。
詳細については、『 JupyterLabユーザガイド JupyterLab 』を参照してください。

宛先

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム において、宛先は宛先プラットフォームとの事前に構築された統合であり、これらのパートナーに対してシームレスにデータを活用します。
新しい宛先
新しい宛先は、Adobe Experience Platform データをアクティブ化する際に使用できます。詳しくは、以下を参照してください。
宛先
説明
Google Customer Match
Google Customer Matchでは、オンラインおよびオフラインのデータを使用して、Googleが所有し、運営する次のようなプロパティを通じて顧客に連絡し、顧客と再び関与させることができます。 Search、 Shopping、Gmail、YouTubeの3つを追加しました。
宛先カタログの Google Customer Match​ ページにアクセスし 、AdobeReal-time CDPでの宛先とその設定方法の詳細を確認します。
新機能
機能
説明
カスタムファイル名エディタ
電子メールマーケティングの宛先と、エクスポートされたファイルの名前を編集できるクラウドストレージの宛先に関するデータアクティベーションワークフローに更新します。 詳しくは、アクティベーションワークフローの 設定手順 を参照してください。
推奨属性
電子メールマーケティングの宛先および推奨属性を表示するクラウドのストレージ先のデータアクティベーションワークフローを更新し、書き出されたファイルに追加します。 詳しくは、アクティベーションワークフローの「属性を 選択 」の手順を参照してください。

Real-time Customer Data Platform

Built on Experience Platform, Adobe Real-time Customer Data Platform (Real-time CDP) helps companies bring together known and unknown data to activate customer profiles with intelligent decisioning throughout the customer journey. Real-time CDP 複数のエンタープライズデータソースを組み合わせて、顧客プロファイルをリアルタイムで作成します。 これらのプロファイルから作成されたセグメントは、その後、すべてのチャネルとデバイスで1対1のパーソナライズ顧客エクスペリエンスを提供するために、ダウンストリームの宛先に送信できます。
新機能
機能
説明
(IAB TCF 2.0のサポート)
Real-time CDP は、 Transparency & Consent Framework (IAB)で概要を説明しているように、2.0バージョンの Interactive Advertising Bureau (TCF)に登録されたベンダーになりました。 CMPによって生成された顧客の同意データを受け入れるようにデータ操作やプロファイルスキーマを設定し、下流の宛先に対するセグメントをアクティブ化する際に、顧客の同意を得るための好みを強制できます。 詳細は、Real-time CDPの IAB TCF 2.0サポートの概要を参照してください
For more information on Real-time CDP, see the Real-time CDP overview .

ソース

Adobe Experience Platform can ingest data from external sources while allowing you to structure, label, and enhance that data using Platform services. アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。
Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できるようにする RESTful API とインタラクティブな UI を提供します。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。
新機能
機能
説明
フロー実行の監視
すべてのフローの実行を監視し、完了ステータス、実行期間、処理されたファイルのリスト、エラー、指標など、各実行の詳細表示を確認できます。 詳細は、 監視データフロー ドキュメントを参照してください。
フロー実行通知
イベントを登録し、Webフックを登録して、フローの実行に関するステータス、指標、エラーに関するリアルタイム通知を受信できます。
UIカタログの改善
ソースカタログ画面が更新され、選択したオブジェクトの主なアクションに簡単にアクセスできるようになりました。
ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。