Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 2 月 12 日
Adobe Experience Platformの既存の機能の更新:

ソース

Adobe Experience Platformでは、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform Servicesを使用してデータの構造、ラベル付け、拡張を行うことができます。 アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRMシステムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
エクスペリエンスプラットフォームは、RESTful APIとインタラクティブUIを備えており、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できます。 これらのソース接続を使用すると、外部のストレージシステムやCRMサービスの認証と接続、取り込みの実行時間の設定、データ取り込みスループットの管理を行うことができます。
新機能
機能
説明
SaaS用APIのサポート — サービスシステム
Salesforce Service Cloud APIとServiceNow API用の新しいソースコネクタ。
SaaS用APIのサポート — マーケティングシステム
HubSpot API用の新しいソースコネクタ。
NoSQLデータベースシステムのAPIサポート
AWS Redshift、Google BigQuery、MariaDB、MySQL、PostgreSQL、およびSQL Server API用の新しいソースコネクタ。
クラウドストレージシステムのAPIのサポート
Azure Data Lake Service Gen 2 APIおよびGoogle CloudストレージAPI用の新しいソースコネクタ。
クラウドストレージシステムのUIのサポート
UIの新しいGoogle Cloudストレージ用ソースコネクタ。
既知の問題
  • None
For more information about sources, see the sources overview .