Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 7 月 15 日
Adobe Experience Platformの既存の機能の更新:

Data Governance

Adobe Experience Platform データガバナンスは、顧客データを管理し、データの使用に適用される規制、制限、ポリシーへの準拠を確保するために使用される一連の戦略とテクノロジーです。It plays a key role within Experience Platform at various levels, including cataloging, data lineage, data usage labeling, data access policies, and access control on data for marketing actions.
新機能
機能
説明
ポリシーの自動適用 Real-time Customer Data Platform
データ使用ポリシーは、違反アクションが発生した場合に、宛先へのセグメントのアクティブ化など、自動的に適用されるようになりました。 Real-time CDP ポリシー違反がトリガーされると、アクティベーションワークフロー内の使用制限をリアルタイムで表示し、使用できないデータとその理由を示すことができます。
詳細については、の概要で、「データの使用 に関するコンプライアンスの 適用 Data Governance 」 Real-time CDP の節を参照してください。
Adobe Audience Manager積分
共有されるセグメントは、適用され Audience Manager たデータ使用ラベルを Platform 継承します。また、適用されたデータ使用ラベルも継承 Data Export Controlsします。 使用ラベルとデータエクスポートコントロールの間の特定の Audience Manager マッピングについては、ドキュメントを参照してください aam-aep-audience-sharing.html#aam-data-export-control-in-aep
カスタムデータ使用ラベル
Policy Service APIまたはUIを使用して、カスタムデータ使用ラベルを作成できるようになりました。 See the labels overview for more information.
このサービスについて詳しくは、「 データガバナンスの概要 」を参照してください。

Real-time Customer Profile

Adobe Experience Platform を使用すると、いつでもどこでもブランドとのやり取りが顧客に対して調整され、一貫性と関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。With Real-time Customer Profile, you can see a holistic view of each individual customer that combines data from multiple channels, including online, offline, CRM, and third party data. Profile 個別の顧客データを統合表示に統合し、各顧客の操作に関する実用的でタイムスタンプのあるアカウントを提供できます。
新機能
機能
説明
データ使用ポリシーの適用
で Real-time Customer Data Platformは、 プロファイルワークスペース内の違反操作が試行されると、データ使用ポリシー違反が自動的に表示されます。 自動ポリシー適用の詳細については、「Data Governance のリリースノート 」を参照してください。

Segmentation Service

Adobe Experience Platform Segmentation Service provides a user interface and RESTful API that allows you to build segments and generate audiences from your Real-time Customer Profile data. These segments are centrally configured and maintained on Platform, making them readily accessible by any Adobe application.
Segmentation Service 顧客ベース内のマーケティング可能な人々のグループを区別する基準を説明することで、特定のプロファイルのサブセットを定義します。 セグメントは、レコードデータ(人口統計情報など)や、顧客によるブランドとのやり取りを表す時系列イベントに基づいて作成できます。
新機能
機能
説明
ストリーミングセグメント化
ストリーミングセグメントは、ユーザーをデータの到着地としてセグメントに分類できるようになり、セグメントの認定時間を大幅に短縮で Platformきます。 また、セグメントのストリーミングは、セグメント化ジョブを手動で実行する必要がなくなります。
データ使用ポリシーの適用
で Real-time Customer Data Platformは、 Segments Workspaceで違反操作が実行されると、データ使用ポリシー違反が自動的に表示されます。 自動ポリシー適用の詳細については、「Data Governance のリリースノート 」を参照してください。
For more information on Segmentation Service, please see the Segmentation overview

ソース

Adobe Experience Platform can ingest data from external sources while allowing you to structure, label, and enhance that data using Platform services. アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。
Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できるようにする RESTful API とインタラクティブな UI を提供します。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。
新機能
機能
説明
データフローの削除に対するUIのサポート
エラーが発生した、または不要になったデータフローは、UIを使用して削除できるようになりました。
1回の取り込みでのAPIとUIのサポート
開始日のみが提供され、将来のインジェストがスケジュールされないデータフローの1回限りのインジェストは、APIまたはUIを使用して実行できるようになりました。
ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。