Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 5 月 13 日
Adobe Experience Platformの既存の機能の更新:

ユーザーインターフェイスの更新

Adobe Experience Platformは、エクスペリエンスを向上させ、他のExperience Cloudアプリケーションと統合するために、ドメインとヘッダーバーのアップデートをリリースします。
  • 組織間または別のアプリケーション間の切り替えが容易
  • ヘルプメニューの特集記事やコンテキストに関するドキュメントなど、ユーザーヘルプが改善されました。
  • エクスペリエンスプラットフォームとファイルサポートチケットに関するフィードバックを提供する機能
新しいエクスペリエンスの展開は段階的です。 エクスペリエンスは、https://experience.adobe.com/platformで表示でき ます

Data Science Workspace

Data Science Workspaceは、機械学習と人工知能を使用して、データから洞察を引き出します。 Data Science WorkspaceはAdobe Experience Platformに統合されており、アドビのソリューション全体でコンテンツやデータアセットを使用して予測を行うのに役立ちます。 Data Science Workspaceがこれを実現する方法の1つは、JupyterLabを使用することです。 JupyterLabは、 Project JupyterのWebベースのユーザーインターフェイスで 、Adobe Experience Platformと緊密に統合されています。 これは、データ科学者がJupterのノート、コード、データを扱うための対話型の開発環境を提供します。
新機能
機能
説明
JupterLabランチャー
JupyterLabランチャーに、Spark 2.4ノートブック用のスターターが含まれるようになりました。 Spark 2.3ノートブックスターが非推奨としてマークされ、以降のリリースで削除されるように設定されました。
Spark 2.4
新しいScala (Spark)とPySparkレシピでSpark 2.4が使用されるようになりました。
カーネル
Scala (Spark)ノートブックは、Scalaカーネルを使用して作成されるようになりました。 PySparkノートブックは、Pythonカーネルを使って作成されるようになりました。 SparkとPySparkのカーネルは非推奨となり、以降のリリースで削除されるように設定されます。
レシピ
新しいPySparkとSparkレシピは、PythonやRレシピと同じようなDockerワークフローに従うようになりました。
Spark 2.4を使用するためのノートブックおよびレシピの移行の詳細については、『 ノートブック移行ガイド 』を参照してください。 Data Science Workspaceの一般情報について詳しくは、 概要ドキュメントを参照してください

宛先

ドビのリアルタイム顧客データプラットフォームでは 、宛先は、目的のプラットフォームとの統合が事前に構築されており、これらのパートナーに対してシームレスにデータをアクティブ化します。
Facebook
Adobe Real-time CDPは、Facebookへのデータアクティベーションをサポートするようになり、ハッシュされた電子メールに基づくオーディエンスのターゲット設定、パーソナライゼーション、および抑制のために、Facebookキャンペーンのプロファイルをアクティブ化できます。
新しい機能について詳しくは、 Facebookの表示先 ページを参照してください。
 
Amazon KinesisとAzureイベントハブのストリーミングクラウドストレージ先
Adobe Real-time CDPは、クラウドストレージのストリーミング先へのデータアクティベーションをサポートするようになり、オーディエンスのデータとイベントをJSON形式でこれらの宛先にエクスポートできます。 その後、目的のイベントの上にビジネスロジックを記述できます。 詳しくは、以下を参照してください。
Adobe Real-time CDP Azure Event Hubs の宛先と宛先は、現在ベータ版です。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。
ドキュメント
説明
この記事では、Adobe Experience Platformからデータをストリーミングするために、 Amazon Kinesis ストレージへのリアルタイムのアウトバウンド接続を作成する方法を説明します。
この記事では、Adobe Experience Platformからデータをストリーミングするために、 Azure Event Hubs ストレージへのリアルタイムのアウトバウンド接続を作成する方法を説明します。
このチュートリアルでは、API呼び出しを使用してAdobe Experience Platformデータに接続し、ストリーミングクラウドストレージ先(Amazon KinesisまたはAzureイベントハブ)への接続を作成し、新しく作成した宛先にデータフローを作成し、データをアクティブ化する方法を説明します。

エクスペリエンスプラットフォームWeb SDKおよびエクスペリエンスプラットフォームエッジネットワーク

Experience Platform Web SDKおよびExperience Platform Edge Networkを使用すると、エンドユーザーはAdobe Experience Platformおよびその他のアドビソリューションにリアルタイムでデータを送信でき、エンドユーザーのデバイスやブラウザーに対応できます。 最新の使用例のリストは、 公開ロードマップ (頻繁に更新される)で確認できます。
新機能
機能
説明
ECIDのサポート
SDKは、追加のライブラリやインストールする情報なしで、ECIDをサポートしていて、すぐに使用できます
設定UI
起動の新しいエッジ設定UIを使用して設定ID設定を管理します。にアクセスするには、ホワイトリストに登録する必要があります
Adobe Experience Platform Web SDK Mixin
サポートされるすべてのフィールドを含む、エクスペリエンスプラットフォームWeb SDKで使用するミックスインです。
コースの同意管理
エクスペリエンスプラットフォームWeb SDKのオプトインとオプトアウトを会社が制御できる
新しいExperience Cloud Debugger Extensionでのクライアント側のデバッグのサポート
Experience Platform Web SDKからのリクエストと、システム内でのデータの流れを確認するエッジトレースを確認します。
Adobe Analytics
エッジ設定を介してAnalyticsレポートスイートにデータを送信します。 XDMはコンテキストデータにフラット化され、マルチスイートタギングをサポート
Adobe Target
アドビターゲットのサポート。 VEC、フォームベースのコンポーザー、A/B、XT、自動パーソナライゼーション、MVTを含む
Adobeオーディエンスマネージャーのサポート
オーディエンスマネージャーIDの同期、URLの宛先およびCookieの宛先のサポート
IDの同期
より明確 setCustomersIds にす syncIdentity るために、に名前を変更
XDM Object Builder
Launch拡張では、XDMオブジェクトをデータ要素として構築できるようになりました。
プラットフォームWeb SDKおよびエッジネットワークについて詳しくは、ドキュメントを参照して ください

リアルタイム顧客プロファイル

Adobe Experience Platformを使用すると、顧客がブランドとどこで、いつやり取りしても、顧客に対して、調整され、一貫性のある、関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。 リアルタイム顧客プロファイルを使用すると、オンライン、オフライン、CRM、サードパーティデータなど、複数のチャネルからのデータを組み合わせた各顧客の全体的な表示を確認できます。 プロファイルを使用すると、個別の顧客データを統合ビューに統合し、顧客のやり取りごとに実用的なタイムスタンプ付きの説明を提供できます。
新機能
機能
説明
新しいプロファイルエクスポート指標
プロファイルのエクスポートジョブに指標を追加し、エクスポートしたプロファイルの合計数および各名前空間のプロファイル数を示す。
新しい観察性インサイト指標
観察性インサイトAPIに、プロファイルへのストリーミング取り込みに関する次の指標が追加されました。 受信要求率、取り込み成功率、取り込まれたレコードサイズ。
一括GETエンドポイント
1回のAPI呼び出しで複数の結果を取得できるように、リアルタイム顧客プロファイルAPIに一括GETエンドポイントを追加しました。 セグメント定義、セグメントジョブ、および結合ポリシーに対して、最大100個のIDをGETで一括処理できるようになりました。
ID別のプロファイルの参照
プラットフォームUIで、プロファイルを参照するためにID名前空間を選択し、ID値を指定できるようになりました。
バグの修正
  • None.
既知の問題
  • None.
リアルタイム顧客プロファイルの詳細については、チュートリアル、プロファイルデータを操作するためのベストプラクティスなど、 リアルタイム顧客プロファイルの概要を参照してください

ソース

Adobe Experience Platformでは、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform Servicesを使用してデータの構造、ラベル付け、拡張を行うことができます。 アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRMシステムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
エクスペリエンスプラットフォームは、RESTful APIとインタラクティブUIを備えており、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できます。 これらのソース接続を使用すると、外部のストレージシステムやCRMサービスの認証と接続、取り込みの実行時間の設定、データ取り込みスループットの管理を行うことができます。
新機能
機能
説明
クラウドストレージシステム向けの追加のAPIとUIのサポート
Azure Fileストレージ用の新しいソースコネクタ。
データベース用の追加のAPIとUIのサポート
Azure Data Explorer、IBM DB2、およびOracle DB用の新しいソースコネクタ。
Adobe PlatformとExperience Platformのデータ共有
オーディエンスマネージャーコネクタのプロビジョニングプロセスが更新されました。 リアルタイム顧客プロファイルのオーディエンスマネージャデータセットが、デフォルトで無効になりました。 プロファイルにプロモートするデータセットは、手動で選択できます。 新しいデフォルト設定は遡及されず、新しいオーディエンスマネージャーコネクタのプロビジョニングにのみ影響します。 詳細については、『 Datasets user guide 』を参照してください。
既知の問題
  • None.
ソースについて詳しくは、 ソースの概要を参照してください