Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020年3月11日
Adobe Experience Platformの既存の機能の更新:

Data Governance

Experience Platform を使用すると、会社は複数のエンタープライズシステムからデータを統合し、マーケティング担当者が顧客をより良く識別、理解し、惹きつけることができるようになります。Experience Platform には、システム間でデータを適切に使用し、共有する場合に、データを適切に使用するためのエンドツーエンドのデータ管理インフラストラクチャ Platform が含まれます。
Adobe Experience Platform Data Governance is a series of strategies and technologies used to manage customer data and ensure compliance with regulations, restrictions, and policies applicable to data usage. It plays a key role within Experience Platform at various levels, including cataloging, data lineage, data usage labeling, data access policies, and access control on data for marketing actions.
新機能
現在、次の新機能の一部はベータ版です。このため、一部のユーザーにはご利用いただけません。ベータ版の機能は変更されることがあります。
機能
説明
データ使用ポリシーの自動適用 Real-time Customer Data Platform
宛先に対してデータをアクティブ化するワークフローにデータ使用ポリシーが適用されるようになりました。Data Governance は、既存のアクティベーションに影響を与える変更(データセットのラベル、結合ポリシー、セグメント定義などの変更)を行う場合にも埋め込まれ、適用されます。
データリネージの適用
リアルタイム CDP でデータ使用ポリシーが侵された場合、UI にはデータリネージ情報を含む通知が表示されます。このため、ユーザーは、ポリシー違反の理由と、違反を解決するために必要な操作を理解できます。
既知の問題
  • なし
For more information about Data Governance, see the Data Governance overview .

データ取得

Adobe Experience Platform には、あらゆる種類のデータやデータのレイテンシを取り込むための豊富な機能が用意されています。Adobe Experience Platform Data Ingestion provides multiple alternatives for ingesting data including Batch APIs, Streaming APIs, native Adobe connectors, data integration partners, or the Adobe Experience Platform UI.
新機能
機能
説明
バッチの部分取り込み
バッチの部分取り込みは、エラーを含むデータを特定のしきい値まで取り込む機能です。この機能を使用すると、ユーザーは正しいデータをすべて Adobe Experience Platform に取り込める一方で、不正なデータはすべて別々にバッチ処理できます。失敗したバッチには、検証に合格しなかった理由を示す詳細が追加されます。バッチの部分取り込みについて詳しくは、 バッチの部分取り込みに関するドキュメント を参照してください。
既知の問題
  • なし
データを Platform に取り込む方法については、 データ取得に関するドキュメント を参照してください。

宛先

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム において、宛先は宛先プラットフォームとの事前に構築された統合であり、これらのパートナーに対してシームレスにデータを活用します。
新しい宛先
新しい宛先は、Adobe Experience Platform データをアクティブ化する際に使用できます。詳しくは、以下を参照してください。
宛先
説明
クラウドストレージの宛先
Adobe Real-time CDP can now deliver your segments as data files to your Amazon S3 or SFTP cloud storage locations. これにより、オーディエンスとそのプロファイル属性を CSV またはタブ区切りファイル経由で内部システムに送信できます。
広告の宛先
The Google destination card is now split into three destination cards, for the three different Google platforms currently supported in Adobe Real-time CDP: Google Ads, Google Ad Manager, Google Display & Video 360.
詳しくは、 宛先の概要 を参照してください。

Identity Service

関連するデジタルエクスペリエンスを提供するには、顧客を完全に理解する必要があります。顧客データが異なる複数のシステムに断片化されており、そのため各顧客が複数の「ID」を持つと考えられる場合、顧客を理解するのはさらに困難になります。
Adobe Experience Platform Identity Service helps you to gain a better view of your customer and their behavior by bridging identities across devices and systems, allowing you to deliver impactful, personal digital experiences in real-time.
新機能
機能
説明
強化されたプライベートグラフ
Private Graph functionality has been enhanced to reduce graph generation latency from a weekly batch process to a daily refreshed graph, allowing Identity Service customers to access more up-to-date identity graphs and linkages.
既知の問題
  • なし
For more information about Identity Service, see the Identity Service overview .

ソース

Adobe Experience Platform can ingest data from external sources while allowing you to structure, label, and enhance that data using Platform services. アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM システムなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できるようにする RESTful API とインタラクティブな UI を提供します。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。
新機能
機能
説明
Adobe Audience Manager コネクタの廃止された信号
Audience Manager から信号レベルのデータは送信されなくなります。特性とセグメントのセグメントメンバーシップは、引き続き送信されることに注意してください。この変更の結果、受信データセットは生成されなくなります。
データセット名の変更
Audience Manager コネクタで生成されたデータセットの名前と説明が更新されます。
Enable Profile toggle in Audience Manger
Profile の切り替えを有効または無効にして、データセットをにプロモートすることができ Real-time Customer Profileます。 デフォルトでは、切り替えが有効になっています。
クラウドストレージシステムの UI のサポート
New source connector for Azure Data Lake Storage Gen2 in the UI.
CRM システムの UI のサポート
New source connector for HubSpot, Salesforce Service Cloud, and ServiceNow in the UI.
データベースシステムの UI のサポート
New source connector for AWS Redshift, Google BigQuery, MariaDB, Microsoft SQL Server, and MySQL in the UI.
既知の問題
  • なし
ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。