Show Menu
トピック×

Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 5 月 13 日
Adobe Experience Platform の既存の機能のアップデート:

ユーザーインターフェイスの更新

Adobe Experience Platform is releasing updates to the domain and header bar to improve your experience and unify with other Experience Cloud applications.
  • 組織間または別のアプリケーション間の切り替えが容易
  • ヘルプメニューの特集記事やコンテキストに関するドキュメントなど、ユーザーヘルプが改善されました。
  • Ability to give feedback about the Experience Platform and file support tickets
新しいエクスペリエンスの展開は段階的です。 エクスペリエンスは、https://experience.adobe.com/platformで表示でき ます

Data Science Workspace

Data Science Workspace 機械学習と人工知能を使用して、データから洞察を引き出します。 Integrated into Adobe Experience Platform, Data Science Workspace helps you make predictions using your content and data assets across Adobe solutions. これを実現する方法の1つ Data Science Workspace は、を使用すること JupyterLabです。 JupyterLab は、 Project Jupyter用のWebベースのユーザーインターフェイスで 、Adobe Experience Platformに緊密に統合されています。 It provides an interactive development environment for data scientists to work with Jupyter notebooks, code, and data.
新機能
機能
説明
JupyterLab Launcher
2.4ノートブック JupyterLab Launcher のスターターが追加され Spark ました。 Spark 2.3ノートブックのスタートは非推奨としてマークされ、以降のリリースで削除されるように設定されました。
Spark 2.4
新しいScala (Spark)とPySparkのレシピでは、 Spark 2.4が使用されるようになりました。
カーネル
Scala (Spark)ノートブックは、Scalaカーネルを使って作成されるようになりました。 PySparkノートブックは、 Python Kernelを使って作成されます。 PySparkカーネル Spark とPySparkカーネルは廃止され、以降のリリースで削除されるように設定されています。
レシピ
新しいPySparkと Spark レシピは、とRのレシピと同じような Docker ワークフローに従うようにな Python りました。
2.4を使用するノートブックとレシピの移行の詳細については、『ノート Spark ブックデータアクセスガイド ノートブックのデータアクセス Jupyterlab 』を参照してください。 Data Science Workspaceの一般情報について詳しくは、 概要ドキュメントを参照してください

Destinations

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム において、宛先は宛先プラットフォームとの事前に構築された統合であり、これらのパートナーに対してシームレスにデータを活用します。
Facebook
AdobeReal-time CDPは、に対するデータアクティベーションをサポートし Facebook、ハッシュされた電子メールに基づくオーディエンスのターゲット設定、パーソナライゼーション、および抑制のために、 Facebook キャンペーンのプロファイルをアクティブ化できます。
新しい機能について詳しくは、 Facebookの表示先 ページを参照してください。
 
Amazon KinesisおよびAzure Event Hubsストリーミングクラウドストレージ先
AdobeReal-time CDPは、クラウドストレージ宛先のストリーミングへのデータアクティベーションをサポートするようになり、オーディエンスデータとイベントをJSON形式でこれらの宛先にエクスポートできます。 その後、目的のイベントの上にビジネスロジックを記述できます。 詳しくは、以下を参照してください。
AdobeReal-time CDP Amazon Kinesis の宛先と Azure Event Hubs 宛先は、現在ベータ版です。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。
ドキュメント
説明
この記事では、Adobe Experience Platformからのデータをストリーミングするために、 Amazon Kinesis ストレージへのリアルタイムの送信接続を作成する方法を説明します。
この記事では、Adobe Experience Platformからのデータをストリーミングするために、 Azure Event Hubs ストレージへのリアルタイムの送信接続を作成する方法を説明します。
This tutorial demonstrates how to use API calls to connect to your Adobe Experience Platform data, create a connection to a streaming cloud storage destination (Amazon Kinesis or Azure Event Hubs), create a dataflow to your new created destination, and activate data to your new created destination.
詳しくは、『 宛先の概要 』を参照してください。

Experience Platform Web SDK および Experience Platform Edge Network

お Experience Platform Web SDK​Experience Platform Edge Network よびを使用すると、エンドユーザーは、デバイスやブラウザーに関して、リアルタイムでAdobe Experience Platformおよび他のAdobeソリューションにデータを送信できます。 最新の使用例のリストは、 公開ロードマップ (頻繁に更新される)で確認できます。
新機能
機能
説明
ECIDのサポート
SDKは、追加のライブラリやインストールする情報なしで、ECIDをサポートしていて、すぐに使用できます。
設定UI
の新しいエッジ設定UIを使用して設定ID設定を管理し Launchます。にアクセスするには、許可リスト上にいる必要があります。
Adobe Experience PlatformWeb SDKミックスイン
サポートされるすべてのフィールドを含む、と共 Experience Platform web SDK に使用するミックスインです。
コースの同意管理
会社に、オプトインとオプトアウトを制御させ Experience Platform Web SDKます。
新しい Experience Cloud Debugger Extension
データがシステム内でどのように流れるかを確認するに Experience Platform web SDK は、エッジトレースと共に、からのリクエストも参照してください。
Adobe Analytics
エッジ設定を介して Analytics レポートスイートにデータを送信します。 XDMはコンテキストデータにフラット化され、マルチスイートタギングをサポートします。
Adobe Target
Adobe Targetのサポート。 VEC、フォームベースのコンポーザー、A/B、XT、Automated Personalization、MVTを含みます。
Adobe Audience Managerサポート
ID同期、URLの宛先およびCookieの宛先のサポートを追加しました。 Audience Manager
IDの同期
より明確 setCustomersIds にす syncIdentity るために、に名前を変更しました。
XDM Object Builder
Launch拡張で、XDMオブジェクトをデータ要素として構築できるようになりました。
For more information on Platform Web SDK and Edge Network, refer to the documentation .

Real-time Customer Profile

Adobe Experience Platform を使用すると、いつでもどこでもブランドとのやり取りが顧客に対して調整され、一貫性と関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。With Real-time Customer Profile, you can see a holistic view of each individual customer that combines data from multiple channels, including online, offline, CRM, and third party data. Profile 個別の顧客データを統合表示に統合し、各顧客の操作に関する実用的でタイムスタンプのあるアカウントを提供できます。
新機能
機能
説明
新しいプロファイルエクスポート指標
プロファイルのエクスポートジョブに指標を追加し、エクスポートしたプロファイルの合計数および各名前空間のプロファイル数を示す。
新しい観察性インサイト指標
観察性インサイトAPIに、次の指標が追加され、 Profile受信要求率、取り込み成功率、取り込まれたレコードサイズ。
一括GETエンドポイント
1回のAPI呼び出しで複数の結果を取得できるように、 Real-time Customer Profile APIに一括GETエンドポイントを追加しました。 セグメント定義、セグメントジョブ、および結合ポリシーに関して、最大100個のIDまでのGETを一括できるようになりました。
ID別のプロファイルの参照
UIで、プロファイルを参照するためにID名前空間を選択し、ID値を指定できるようになりました。 Platform
バグの修正
  • なし。
既知の問題
  • なし。
For more information on Real-time Customer Profile, including tutorials and best practices for working with Profile data, please read the Real-time Customer Profile overview .

ソース

Adobe Experience Platform can ingest data from external sources while allowing you to structure, label, and enhance that data using Platform services. アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。
Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できるようにする RESTful API とインタラクティブな UI を提供します。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。
新機能
機能
説明
クラウドストレージシステム向けの追加のAPIとUIのサポート
New source connectors for Azure File Storage.
データベース用の追加のAPIとUIのサポート
新しいsource connectors for Azure Data Explorer、IBM DB2および Oracle DB。
Adobe Audience Managerと Experience Platform データ共有
コネクタのプロビジョニング処理が更新され Audience Manager ました。 Audience Manager のデータセット Real-time Customer Profile は、デフォルトで無効になっています。 プロモート先のデータセットは手動で選択でき Profileます。 新しいデフォルト設定は遡及されず、新しい Audience Manager コネクタのプロビジョニングにのみ影響します。 詳細については、『 Datasets user guide 』を参照してください。
既知の問題
  • なし。
ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。