Show Menu
トピック×

リアルタイム CDP 管理の概要

This document provides an overview of the administration capabilities of Real-time Customer Data Platform, powered by Adobe Experience Platform.
Experience Platform管理者は、 を使用して、ユーザーのロールベースのアクセス制御を管理したり、アプリケーション開発用の仮想サンドボックスを管理したりできます。
The following sections provide introductions to the central components of Experience Platform administration capabilities, and includes links to Experience Platform documentation where more detailed information is provided.

アクセス制御

アクセス制御は、 Adobe Admin Console でおこないます。This functionality leverages product profiles in Admin Console, allowing you to link users with permissions and sandboxes. この機能を使用すると、管理者は、定義されたユーザーのセットに対して、特定のリアルタイム CDP 機能に対するアクセスを許可または制限できます。
アクセス制御について詳しくは、 ドキュメントの「 アクセス制御の概要 」を参照してください。Experience Platform
UI での表示を可能にするなど、リアルタイム CDP 機能へのアクセス権付与の詳細なガイドについては、 アクセス制御ユーザガイド (特に製品プロファイルの詳細と追加サービスを管理する手順)に従ってください。

サンドボックス

Adobe Experience Platform(および拡張機能によるリアルタイム CDP)は、デジタルエクスペリエンスアプリケーションをグローバルに拡張するために構築されています。企業ではしばしば複数のデジタルエクスペリエンスアプリケーションを並行して運用し、運用コンプライアンスを確保しながら、アプリケーションの開発、テスト、導入に注力する必要があります。
To address this need, Adobe Experience Platform provides "sandboxes", enabling you to partition a single Platform instance into separate virtual environments that can be used to develop and evolve digital experience applications.
サンドボックスについて詳しくは、 ドキュメントの サンドボックスの概要 を参照してください。Experience Platform