Show Menu
トピック×

Adobeのリアルタイム顧客データプラットフォームでAPI呼び出しを使用して、ストリーミング送信先に接続し、データをアクティブにします。

AdobeReal-time CDP Amazon Kinesis の宛先と Azure Event Hubs 宛先は、現在ベータ版です。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。
このチュートリアルでは、API呼び出しを使用してAdobe Experience Platformデータに接続し、ストリーミングクラウドストレージ先( AmazonKinesis または Azureイベントハブ )に接続し、新しく作成した宛先にデータフローを作成し、新しく作成した宛先にデータをアクティブ化する方法を説明します。
このチュートリアルでは、すべての例で Amazon Kinesis 宛先を使用しますが、手順はで同じで Azure Event Hubsす。
If you prefer to use the user interface in Adobe's Real-time CDP to connect to a destination and activate data, see the Connect a destination and Activate profiles and segments to a destination tutorials.

はじめに

このガイドは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。
  • Experience Data Model (XDM) System :Experience Platformが顧客体験データを編成する際に使用する標準化されたフレームワーク。
  • カタログサービス : Catalog は、Experience Platform内のデータの場所と系列のレコードシステムです。
  • サンドボックス :Experience Platform は、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割して、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展を支援する仮想サンドボックスを提供します。
次のセクションでは、AdobeReal-time CDPでストリーミング宛先に対してデータをアクティブ化する際に知っておく必要がある追加情報について説明します。

必要な資格情報の収集

このチュートリアルの手順を完了するには、接続してセグメントをアクティブ化する宛先の種類に応じて、次の資格情報を準備しておく必要があります。
  • 接続 Amazon Kinesis の場合: accessKeyId secretKey region または connectionUrl
  • 接続 Azure Event Hubs の場合: sasKeyName , sasKey namespace

API 呼び出し例の読み取り

このチュートリアルでは、API 呼び出しの例を提供し、リクエストの形式を設定する方法を示します。この中には、パス、必須ヘッダー、適切な形式のリクエストペイロードが含まれます。また、API レスポンスで返されるサンプル JSON も示されています。ドキュメントで使用される API 呼び出し例の表記について詳しくは、Experience Platform トラブルシューテングガイドの API 呼び出し例の読み方 に関する節を参照してください。

必須ヘッダーおよびオプションヘッダーの値の収集

Platform API への呼び出しを実行する前に、 認証に関するチュートリアル を完了する必要があります。認証に関するチュートリアルを完了すると、すべての Experience Platform API 呼び出しで使用する、以下のような各必須ヘッダーの値が提供されます。
  • Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}
Experience Platform のリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離することができます。Platform API へのリクエストでは、操作を実行するサンドボックスの名前と ID を指定できます。次に、オプションのパラメーターを示します。
  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
Experience Platform のサンドボックスについて詳しくは、 サンドボックスの概要ドキュメ ント を参照してください。
ペイロード(POST、PUT、PATCH)を含むすべてのリクエストには、メディアのタイプを指定する以下のような追加ヘッダーが必要です。
  • Content-Type: application/json

Swagger のドキュメント

このチュートリアルに含まれるすべての API 呼び出しについての参照ドキュメンは、Swagger のホームページにあります。Adobe.ioの フローサービスAPIドキュメントを参照してください 。 このチュートリアルと Swagger のドキュメントページを並行して使用することをお勧めします。

Get the list of available streaming destinations

最初の手順として、データをアクティブにするストリーミング先を決定する必要があります。 最初に、接続してセグメントをアクティブ化できる、使用可能な宛先のリストを要求する呼び出しを実行します。 connectionSpecs エンドポイントに次の GET リクエストを実行すると、使用可能な宛先のリストが返されます。
API 形式
GET /connectionSpecs

リクエスト
curl --location --request GET 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connectionSpecs' \
--header 'accept: application/json' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}'

応答  
リクエストが成功した場合、使用可能な宛先のリストと、その一意の識別子( id )が返されます。使用する宛先の値を保存します。この値は、以降の手順で必要になります。For example, if you want to connect and deliver segments to Amazon Kinesis or Azure Event Hubs, look for the following snippet in the response:
{
    "id": "86043421-563b-46ec-8e6c-e23184711bf6",
  "name": "Amazon Kinesis",
  ...
  ...
}

{
    "id": "bf9f5905-92b7-48bf-bf20-455bc6b60a4e",
  "name": "Azure Event Hubs",
  ...
  ...
}

Experience Platform データへの接続

次に、Experience Platform データに接続し、目的の宛先にプロファイルデータを書き出してアクティブ化できるようにする必要があります。そのためには、以下に示す 2 つの手順を実行します。
  1. 最初に、Experience Platform のデータへのアクセスを認証する呼び出しを実行します。そのためには、ベース接続を設定します。
  2. 次に、ベース接続 ID を使用して、ソース接続を作成する別の呼び出しを実行します。これで、Experience Platform データへの接続が確立されます。

Experience Platform のデータへのアクセスを認証する

API 形式
POST /connections

リクエスト
curl --location --request POST 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connections' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME} \
--header 'Content-Type: application/json' \
--data-raw '{
            "name": "Base connection to Experience Platform",
            "description": "This call establishes the connection to Experience Platform data",
            "connectionSpec": {
                "id": "{CONNECTION_SPEC_ID}",
                "version": "1.0"
            }
}'

  • {CONNECTION_SPEC_ID} :統合プロファイルサービスの接続仕様 ID( 8a9c3494-9708-43d7-ae3f-cda01e5030e1 )を使用します。
応答  
リクエストが成功した場合、ベース接続の一意の識別子( id )が返されます。この値は、次の手順でソース接続を作成する際に必要になるため保存します。
{
    "id": "1ed86558-59b5-42f7-9865-5859b552f7f4"
}

Experience Platform データへの接続

API 形式
POST /sourceConnections

リクエスト
curl --location --request POST 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/sourceConnections' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--data-raw '{
            "name": "Connecting to Unified Profile Service",
            "description": "Optional",
            "connectionSpec": {
                "id": "{CONNECTION_SPEC_ID}",
                "version": "1.0"
            },
            "baseConnectionId": "{BASE_CONNECTION_ID}",
            "data": {
                "format": "json"
            },
            "params" : {}
}'

  • {BASE_CONNECTION_ID} :前述の手順で取得した ID を使用します。
  • {CONNECTION_SPEC_ID} :統合プロファイルサービスの接続仕様 ID( 8a9c3494-9708-43d7-ae3f-cda01e5030e1 )を使用します。
応答  
リクエストが成功した場合は、新しく作成した、統合プロファイルサービスへのソース接続を表す一意の識別子( id )が返されます。識別子が返された場合、Experience Platform データに正常に接続できています。この値は、後の手順で必要になるため保存します。
{
    "id": "ed48ae9b-c774-4b6e-88ae-9bc7748b6e97"
}

Connect to streaming destination

この手順では、目的のストリーミング宛先への接続を設定します。 そのためには、以下に示す 2 つの手順を実行します。
  1. まず、ベース接続を設定して、ストリーミング宛先へのアクセスを許可する呼び出しを実行する必要があります。
  2. 次に、ベース接続 ID を使用して、ターゲット接続を作成する別の呼び出しを実行します。これで、書き出されたデータが送信されるストレージアカウント内の場所と、書き出されるデータの形式が指定されます。

ストリーミング先へのアクセスを許可する

API 形式
POST /connections

リクエスト
curl --location --request POST 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/connections' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--data-raw '{
    "name": "Connection for Amazon Kinesis/ Azure Event Hubs",
    "description": "your company's holiday campaign",
    "connectionSpec": {
        "id": "{_CONNECTION_SPEC_ID}",
        "version": "1.0"
    },
    "auth": {
        "specName": "{AUTHENTICATION_CREDENTIALS}",
        "params": { // use these values for Amazon Kinesis connections
            "accessKeyId": "{ACCESS_ID}",
            "secretKey": "{SECRET_KEY}",
            "region": "{REGION}"
        },
        "params": { // use these values for Azure Event Hubs connections
            "sasKeyName": "{SAS_KEY_NAME}",
            "sasKey": "{SAS_KEY}",
            "namespace": "{EVENT_HUB_NAMESPACE}"
        }        
    }
}'

  • {CONNECTION_SPEC_ID} :手順「 使用可能な宛先のリストを取得する 」で取得した接続仕様 ID を使用します。
  • {AUTHENTICATION_CREDENTIALS} :ストリーミング先の名前を入力します。例: Amazon Kinesis authentication credentials または Azure Event Hubs authentication credentials
  • {ACCESS_ID} : 接続Amazon Kinesisの場合。 AmazonKinesisストレージの場所のアクセスID。
  • {SECRET_KEY} : 接続Amazon Kinesisの場合。 AmazonKinesisストレージの場所の秘密キー。
  • {REGION} : 接続Amazon Kinesisの場合。 AdobeReal-time CDPがデータをストリーミングする Amazon Kinesis アカウント内の領域。
  • {SAS_KEY_NAME} : 接続Azure Event Hubsの場合。 SASキー名を入力します。 SASキーを使用し Azure Event Hubs たときの認証については、 Microsoftのドキュメントを参照してください
  • {SAS_KEY} : 接続Azure Event Hubsの場合。 SASキーを入力します。 SASキーを使用し Azure Event Hubs たときの認証については、 Microsoftのドキュメントを参照してください
  • {EVENT_HUB_NAMESPACE} : 接続Azure Event Hubsの場合。 AdobeReal-time CDPがデータをストリーミングする Azure Event Hubs 名前空間を入力します。 詳しくは、ドキュメントの「イベントハブの 作成」名前空間 を参照して Microsoft ください。
応答  
リクエストが成功した場合、ベース接続の一意の識別子( id )が返されます。この値は、次の手順でターゲット接続を作成する際に必要になるため保存します。
{
    "id": "1ed86558-59b5-42f7-9865-5859b552f7f4"
}

ストレージの場所とデータ形式を指定する

API 形式
POST /targetConnections

リクエスト
curl --location --request POST 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/targetConnections' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--data-raw '{
    "name": "Amazon Kinesis/ Azure Event Hubs target connection",
    "description": "Connection to Amazon Kinesis/ Azure Event Hubs",
    "baseConnectionId": "{BASE_CONNECTION_ID}",
    "connectionSpec": {
        "id": "{CONNECTION_SPEC_ID}",
        "version": "1.0"
    },
    "data": {
        "format": "json",
    },
    "params": { // use these values for Amazon Kinesis connections
        "stream": "{NAME_OF_DATA_STREAM}", 
        "region": "{REGION}"
    },
    "params": { // use these values for Azure Event Hubs connections
        "eventHubName": "{EVENT_HUB_NAME}"
    }
}'

  • {BASE_CONNECTION_ID} :前述の手順で取得したベース接続 ID を使用します。
  • {CONNECTION_SPEC_ID} :手順「 使用可能な宛先のリストを取得する 」で取得した接続仕様 ID を使用します。
  • {NAME_OF_DATA_STREAM} : 接続Amazon Kinesisの場合。 アカウント内の既存のデータストリームの名前を指定し Amazon Kinesis ます。 AdobeReal-time CDPは、このストリームにデータをエクスポートします。
  • {REGION} : 接続Amazon Kinesisの場合。 AdobeReal-time CDPがをストリーミングする、AmazonKinesisアカウント内の領域。
  • {EVENT_HUB_NAME} : 接続Azure Event Hubsの場合。 AdobeReal-time CDPがデータをストリーミングする Azure Event Hub 名前を入力します。 詳しくは、ドキュメントの「イベントハブの 作成 」を参照して Microsoft ください。
応答  
A successful response returns the unique identifier ( id ) for the newly created target connection to your streaming destination. この値は、後の手順で必要になるため保存します。
{
    "id": "12ab90c7-519c-4291-bd20-d64186b62da8"
}

データフローの作成

前述の手順で取得した ID を使用して、Experience Platform データと、データをアクティブ化する宛先との間でデータフローを作成できます。これは、パイプラインを構築する手順と考えることができます。データは、このパイプラインを通って Experience Platform と目的の宛先の間を流れます。
データフローを作成するには、以下のような POST リクエストを実行します。このとき、ペイロード内で以下に示す値を指定します。
次の POST リクエストを実行して、データフローを作成します。
API 形式
POST /flows

リクエスト
curl -X POST \
'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows' \
-H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
-H 'x-api-key: {API_KEY}' \
-H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
-H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
-H 'Content-Type: application/json' \
-d  '{
   
        "name": "Create dataflow to Amazon Kinesis/ Azure Event Hubs",
        "description": "This operation creates a dataflow to Amazon Kinesis/ Azure Event Hubs",
        "flowSpec": {
            "id": "{FLOW_SPEC_ID}",
            "version": "1.0"
        },
        "sourceConnectionIds": [
            "{SOURCE_CONNECTION_ID}"
        ],
        "targetConnectionIds": [
            "{TARGET_CONNECTION_ID}"
        ]
    }

応答  
リクエストが成功した場合は、新しく作成したデータフローの ID( id )と etag が返されます。両方の値をメモしておきます。これらの値は、次の手順でセグメントをアクティブ化する際に使用します。
{
    "id": "8256cfb4-17e6-432c-a469-6aedafb16cd5",
    "etag": "8256cfb4-17e6-432c-a469-6aedafb16cd5"
}

新しい宛先に対してデータをアクティブ化にする

すべての接続とデータフローを作成したら、プロファイルデータをストリーミングプラットフォームに対してアクティブ化できます。 この手順では、宛先に送信するセグメントとプロファイル属性を選択し、スケジュールを設定して宛先にデータを送信します。
新しい宛先に対してセグメントをアクティブ化するには、次の例のような JSON パッチ操作を実行する必要があります。1 回の呼び出しで、複数のセグメントとプロファイル属性をアクティブ化できます。JSON パッチについて詳しくは、 RFC 仕様 を参照してください。
API 形式
PATCH /flows

リクエスト
curl --location --request PATCH 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/{DATAFLOW_ID}' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--header 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
--header 'If-Match: "{ETAG}"' \
--data-raw '[
    {
        "op": "add",
        "path": "/transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/-",
        "value": {
            "type": "PLATFORM_SEGMENT",
            "value": {
                "name": "Name of the segment that you are activating",
                "description": "Description of the segment that you are activating",
                "id": "{SEGMENT_ID}"
            }
        }
    },
        {
        "op": "add",
        "path": "/transformations/0/params/segmentSelectors/selectors/-",
        "value": {
            "type": "PLATFORM_SEGMENT",
            "value": {
                "name": "Name of the segment that you are activating",
                "description": "Description of the segment that you are activating",
                "id": "{SEGMENT_ID}"
            }
        }
    },
        {
        "op": "add",
        "path": "/transformations/0/params/profileSelectors/selectors/-",
        "value": {
            "type": "JSON_PATH",
            "value": {
                "operator": "EXISTS",
                "path": "{PROFILE_ATTRIBUTE}"
            }
        }
    },
        },
        {
        "op": "add",
        "path": "/transformations/0/params/profileSelectors/selectors/-",
        "value": {
            "type": "JSON_PATH",
            "value": {
                "operator": "EXISTS",
                "path": "{PROFILE_ATTRIBUTE}"
            }
        }
    }
]

  • {DATAFLOW_ID} :前述の手順で取得したデータフローを使用します。
  • {ETAG} :前述の手順で取得した ETag を使用します。
  • {SEGMENT_ID} :この宛先に書き出すセグメント ID を指定します。アクティブ化するセグメントのセグメントIDを取得するには、https://www.adobe.io/apis/experienceplatform/home/api-reference.html#/ に移動し 、左側のナビゲーションメニューで Segmentation Service API ( GET /segment/definitions Segment Definitions )を選択し、「 Segment Definitions」で操作を探します。
  • {PROFILE_ATTRIBUTE} :例えば、 personalEmail.address または person.lastName
応答  
202 OK レスポンスを探します。レスポンスの本文は返されません。リクエストが正しいことを検証する方法については、次の手順「データフローの検証」を参照してください。

データフローの検証

このチュートリアルの最後の手順では、セグメントとプロファイル属性が実際にデータフローに正しくマッピングされたことを検証する必要があります。
検証するには、次の GET リクエストを実行します。
API 形式
GET /flows

リクエスト
curl --location --request PATCH 'https://platform.adobe.io/data/foundation/flowservice/flows/{DATAFLOW_ID}' \
--header 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
--header 'x-api-key: {API_KEY}' \
--header 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
--header 'Content-Type: application/json' \
--header 'x-sandbox-name: prod' \
--header 'If-Match: "{ETAG}"' 

  • {DATAFLOW_ID} :前述の手順で作成したデータフローを使用します。
  • {ETAG} :前述の手順で取得した Etag を使用します。
応答  
返されたレスポンスの transformations パラメーターに、前述の手順で送信したセグメントとプロファイル属性が含まれています。レスポンス内のサンプル transformations パラメーターは次のようになります。
"transformations": [
    {
        "name": "GeneralTransform",
        "params": {
            "profileSelectors": {
                        "selectors": [
                            {
                                "type": "JSON_PATH",
                                "value": {
                                    "path": "personalEmail.address",
                                    "operator": "EXISTS"
                                }
                            },
                            {
                                "type": "JSON_PATH",
                                "value": {
                                    "path": "person.lastname",
                                    "operator": "EXISTS"
                                }
                            }
                        ]
                    },
            "segmentSelectors": {
                "selectors": [
                    {
                        "type": "PLATFORM_SEGMENT",
                        "value": {
                            "name": "Men over 50",
                            "description": "",
                            "id": "72ddd79b-6b0a-4e97-a8d2-112ccd81bd02"
                        }
                    }
                ]
            }
        }
    }
],

書き出されたデータ
手順「新しい宛先にデータを アクティブにする 」のプロファイル属性とセグメントに加えて、に書き出されたデータ AWS Kinesis が Azure Event Hubs 、IDマップに関する情報も含まれます。 これは、書き出されたプロファイルのID( ECID 、モバイルID、Google ID、電子メールアドレスなど)を表します。 以下の例を参照してください。
{
  "person": {
    "email": "yourstruly@adobe.con"
  },
  "segmentMembership": {
    "ups": {
      "72ddd79b-6b0a-4e97-a8d2-112ccd81bd02": {
        "lastQualificationTime": "2020-03-03T21:24:39Z",
        "status": "exited"
      },
      "7841ba61-23c1-4bb3-a495-00d695fe1e93": {
        "lastQualificationTime": "2020-03-04T23:37:33Z",
        "status": "existing"
      }
    }
  },
  "identityMap": {
    "ecid": [
      {
        "id": "14575006536349286404619648085736425115"
      },
      {
        "id": "66478888669296734530114754794777368480"
      }
    ],
    "email_lc_sha256": [
      {
        "id": "655332b5fa2aea4498bf7a290cff017cb4"
      },
      {
        "id": "66baf76ef9de8b42df8903f00e0e3dc0b7"
      }
    ]
  }
}

次の手順

このチュートリアルに従うと、Real-time CDPを優先ストリーミング先の1つに接続し、それぞれの宛先に対するデータ・フローを設定できます。 これで、送信データを、顧客分析や実行する他の任意のデータ操作の送信先で使用できるようになりました。 詳しくは、以下のページを参照してください。