Show Menu
トピック×

Adobe Campaign

概要

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのすべてのチャネルにまたがるキャンペーンをカスタマイズし、実施するのに役立つソリューションセットです。詳しくは、「 Adobe Campaign Classic について 」を参照してください。
セグメントデータを Adobe Campaign に送信するには、まずアドビのリアルタイム顧客データプラットフォームで 宛先に接続 して、ストレージの場所から Adobe Campaign に データインポートを設定 する必要があります。

宛先の接続

  1. In Connections > Destinations , select Adobe Campaign, then select Connect destination .
  2. 「宛先の接続」ワークフローで、ストレージの場所の​ 接続タイプ ​を選択します。Adobe Campaign の場合は、 Amazon S3 SFTP(パスワード) SFTP(SSH キー) ​のいずれかを選択できます。接続タイプに応じて以下の情報を入力し、「 接続 」を選択します。
    AmazonS3 接続 ​の場合、アクセスキー ID とシークレットアクセスキーを指定する必要があります。 SFTP(パスワード)  で接続する場合は、ドメイン、ポート、ユーザー名、パスワードを指定する必要があります。 SFTP(SSH キー)  で接続する場合は、ドメイン、ポート、ユーザー名、SSH キーを指定する必要があります。
  3. 基本情報 」で、目的の宛先に関する情報を次のように入力します。
    • 名前 :宛先の名前を選択します。
    • 説明 :宛先の説明を入力します。
    • バケット名 S3 接続用 。リアルタイム CDP が書き出しデータを CSV またはタブ区切りファイルとして収納する S3 バケットの場所を入力します。
    • フォルダーパス :リアルタイム CDP が書き出しデータを CSV またはタブ区切りファイルとして格納するストレージの場所へのパスを指定します。
    • ファイル形式 CSV または TAB_DELIMITED 。ストレージの場所に書き出すファイル形式を選択します。
  4. 上記のフィールドに入力した後、「 作成 」をクリックします。これで宛先が接続され、宛先への セグメントをアクティブ化 できます。

セグメントのアクティブ化

セグメントのアクティベーションワークフローについて詳しくは、「 宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化 」を参照してください。

宛先属性

Adobe Campaign の宛先に対して セグメントをアクティブ化する 場合は、 ユニオンスキーマー から一意の識別子を選択することをお勧めします。宛先に書き出す一意の識別子およびその他の XDM フィールドを選択します。For more information, see Select which schema fields to use as destination attributes in your exported files in email marketing destinations documentation.

書き出されたデータ

For Adobe Campaign destinations, Adobe Real-time CDP creates a tab-delimited .txt or .csv file in the storage location that you provided. これらのファイルについて詳しくは、セグメントアクティベーションチュートリアルの 電子メールマーケティングの宛先とクラウドストレージの宛先 (英語)を参照してください。

Adobe Campaign へのデータインポートの設定

  • この統合を実行する際は、Adobe Campaign契約に従って、SFTPストレージの制限、データベースストレージの制限およびアクティブなプロファイルの制限に注意してください。
  • ワークフローを使用して、Adobe Campaignでエクスポートしたセグメントのスケジュール、インポート、およびマッピングを行う必要があり Campaign ます。 Adobe Campaignドキュメントの 定期インポートの 設定を参照してください。
After connecting Real-time CDP to your Amazon S3 or SFTP storage, you must set up the data import from your storage location into Adobe Campaign. To learn how to accomplish this, refer to Importing data in the Adobe Campaign documentation.