Show Menu
トピック×

Nielsen BSDK 拡張子

概要

Nielsen Digital SDK 以下のデジタル測定製品を使用して、拡張機能オファーのオーディエンス測定を開始します。
DCR:広告を含む非線形デジタルコンテンツの日々の測定を提供する測定ソリューションは、デスクトップ、モバイル、タブレット、および接続されたデバイスにわたるデジタルコンテンツオーディエンスの消費を包括的に表示します。
DTVR:これは、参加しているプログラミングソースのデスクトップおよびモバイルデバイスで発生する線形 TV 視聴を考慮したものです。これは、MRC から認定を受けた最初のソリューションで、コンピューターや携帯端末での視聴プログラミングに対する TV オーディエンス測定への貢献度を示します。
Nielsen BSDK は、アドビのリアルタイム顧客データプラットフォームの分析拡張機能です。拡張機能について詳しくは、 Adobe Exchange の拡張機能のページを参照してください。
この宛先は、Experience Platform Launch 拡張機能です。アドビのリアルタイム CDP の Launch の拡張機能について詳しくは、 Experience Platform Launch 拡張機能の概要 を参照してください。

前提条件

This extension is available in the Destinations catalog for all customers who have purchased Adobe Real-time CDP.
この拡張機能を使用するには、Experience Platform Launch にアクセスする必要があります。Experience Platform Launch は、Adobe Experience Cloud に付属の付加価値機能として提供されています。組織の管理者に問い合わせて Launch へのアクセス権を取得し、拡張機能のインストールに必要な manage_properties 権限を付与するよう管理者に依頼します。

拡張機能のインストール

拡張機能をインストールするに Nielsen BSDK は:
  1. AdobeReal-time CDPインターフェイスで Destinations / Catalog ​に移動します。
  2. カタログから拡張機能を選択するか、検索バーを使用します。
  3. Click on the destination to highlight it, then select Configure in the right rail. Configure コントロールが灰色表示になっている場合は、 manage_properties 権限がありません。 前提条件 を確認してください。
  4. 使用可能な Launch プロパティを選択 ​ウィンドウで、拡張機能をインストールする Launch プロパティを選択します。また、Launch で新しいプロパティを作成することもできます。プロパティは、ルール、データ要素、設定された拡張機能、環境およびライブラリの集まりです。プロパティについては、Launch ドキュメントの 「プロパティ」ページに関する節 を参照してください。
  5. ワークフローに従って、Launch でインストールを完了します。
拡張機能の設定オプションとインストールのサポートについて詳しくは、 Adobe Exchange の Nielsen BSDK のページ を参照してください。
拡張機能は、 Experience Platform Launch インターフェイス に直接インストールすることもできます。Launch ドキュメントの 新しい拡張機能の追加 に関するページを参照してください。

拡張機能の使用方法

拡張機能をインストールしたら、その拡張機能のルールを Launch で直接設定できます。
Launch では、特定の状況でのみ拡張機能の宛先にイベントデータを送信するように、インストール済みの拡張機能のルールを設定できます。拡張機能のルールの設定について詳しくは、 ルールに関するドキュメント を参照してください。

拡張機能の設定、アップグレード、削除

Launch インターフェイスで、拡張機能の設定、アップグレードおよび削除をおこなうことができます。
拡張機能が既にいずれかのプロパティにインストールされている場合、アドビのリアルタイム CDP UI には、拡張機能に対して「 インストール 」が表示されます。「 拡張機能のインストール 」の説明にしたがってインストールワークフローを開始し、Launch に移動して拡張機能を設定または削除します。
拡張機能をアップグレードするには、Launch ドキュメントの「 拡張機能のアップグレード 」を参照してください。