Show Menu
トピック×

クラウドストレージの宛先を作成するためのワークフロー

概要

このページでは、Adobe Real-time Customer Data Platform でクラウドストレージの場所に接続する方法について説明します。
  1. 接続/宛先 ​で、目的のクラウドストレージの宛先を選択してから、「 宛先に接続 」を選択します。
  2. クラウドストレージの宛先への接続を既に設定している場合は、 認証 ​手順で「 既存のアカウント 」を選択し、既存の接続を選択します。または、「 新しいアカウント 」を選択して、クラウドストレージの宛先への新しい接続を設定できます。アカウント認証資格情報を入力し、「 宛先に接続 」を選択します。
    Amazon S3 Amazon S3 の宛先 , Amazon S , Azureイベントハブ , SFTP宛先詳細は、Amazon S3 , Amazon S3 , Azure Authentication Hubs , and SSFTP宛先を参照してください。
    Adobe Real-time CDP は、認証プロセスでの資格情報の検証をサポートし、クラウドのストレージの場所に誤った資格情報が入力されるとエラーメッセージを表示します。これにより、間違った資格情報を使用してワークフローを完了できなくします。
  3. 設定 」( Setup )手順で、アクティベーションフローの 名前 (Name)と説明(Description)を入力します。
    Amazon S3の宛先の場合は、ファイルが配信されるクラウドストレージーの宛先に バケット名 フォルダーパス を挿入します。 上記のフィールドに入力した後、「 宛先を作成 」を選択します。
    SFTPの送信先の場合は、ファイルが配信される フォルダーパス を挿入します。
  4. これで宛先が作成されました。後でセグメントをアクティブにする場合は、「 保存して終了 」を選択できます。または、「 次へ 」を選択してワークフローを続行し、アクティブ化するセグメントを選択することもできます。In either case, see the next section, Activate segments , for the rest of the workflow to export data.

セグメントのアクティブ化

セグメントのアクティベーションワークフローについて詳しくは、「 宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化 」を参照してください。