Show Menu
トピック×

Facebook 宛先

概要

Activate profiles for your Facebook campaigns for audience targeting, personalization and suppression based on hashed emails.

使用例

To help you better understand how and when you should use the Facebook destination, here are two sample use cases that Adobe Real-time Customer Data Platform customers can solve by using this feature.

ユースケース 1

オンライン小売業者は、ソーシャルプラットフォームを通じて既存の顧客にリーチし、以前の注文に基づいてパーソナライズされたオファーを表示したいと願っています。オンライン小売業者は、自社のCRMからAdobeのリアルタイムCDPにEメールアドレスを取り込み、自社のオフラインデータからセグメントを構築し、これらのセグメントを Facebook ソーシャルプラットフォームに送信して、広告費用を最適化できます。

ユースケース 2

航空会社には異なる顧客階層(ブロンズ、シルバー、ゴールド)があり、ソーシャルプラットフォームを通じてパーソナライズされたオファーを各層に提供したいと考えています。ただし、航空会社のモバイルアプリを使用していない顧客や、会社のWebサイトにログオンしていない顧客もいます。 会社がこれらの顧客に関して持っている識別子は、メンバーシップ ID と電子メールアドレスのみです。
ソーシャルメディアを介してターゲットするために、CRMの顧客データをAdobeリアルタイムCDPにオンボードし、電子メールアドレスを識別子として使用できます。
次に、関連するメンバーシップIDや顧客層を含むオフラインデータを使用して、新しいオーディエンスセグメントを作成し、 Facebook 宛先を通じてターゲットできるようにします。

宛先の詳細

宛先のデータ・ガバナンス Facebook

宛先に送信されるデータには、ステッチIDが含ま Facebook れてはなりません。 お客様は、この義務を守る責任があります。アクティベーション用に選択したセグメントが、マージポリシーでステッチオプションを使用しないようにすることで、義務を守ることができます。 マー ジポリシーの詳細

アクティベーションタイプ

セグメントエクスポート — セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを、識別子(名前、電話番号など)と共にエクスポートします。 Facebookのリンク先で使用されます。

Facebookアカウントの前提条件

オーディエンスセグメントを Facebook に送信する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。
  1. Your Facebook user account must have the Manage campaigns permission enabled for the Ad account that you plan to use.
  2. Adobe Experience Cloud ビジネスアカウントを Facebook Ad Account の広告パートナーとして追加します。 business ID=206617933627973 .を使用します。詳しくは、Facebookのドキュメントの「 Partners to Your Business Manager 」を参照してください。
    Adobe Experience Cloud の権限を設定する場合は、 キャンペーンの管理 ​権限を有効にする必要があります。これは、Adobe Real-time CDP 統合に必要です。
  3. Facebook Custom Audiences 利用規約を読み、署名します。これをおこなうには、 https://business.facebook.com/ads/manage/customaudiences/tos/?act=[accountID] に進みます( accountID は Facebook Ad Account ID です)。

電子メールハッシュ要件

Facebook 個人識別情報(PII)を明確に送信しないようにする必要があります。 したがって、にアクティブ化するオーディエンスは、ハッシュ化された Facebook 電子メールアドレスからキーオフにする ** 必要があります。 電子メールアドレスをAdobe Experience Platformに取り込む前にハッシュするか、Experience Platform内で電子メールアドレスを明確に扱ってアクティベーション上でアルゴリズムハッシュするかを選択できます。
電子メールアドレスのExperience Platformでの取り込みについては、 バッチインジェストの概要 、ストリーミングインジェストの概要を参照してください ストリーミングインジェストの概要
電子メールアドレスを自分でハッシュする場合は、次の要件を満たしていることを確認してください。
  • 電子メール文字列から先頭および末尾の空白文字をすべてトリミングします。例: johndoe@example.com <space> johndoe@example.com <space> ではない)
  • 電子メール文字列をハッシュする場合は、必ず小文字の文字列をハッシュ化するようにしてください。
  • ハッシュ化された文字列がすべて小文字であることを確認します。
    • 例: 55e79200c1635b37ad31a378c39feb12f120f116625093a19bc32fff15041149 55E79200C1635B37AD31A378C39FEB12F120F116625093A19bC32FFF15041149 ではない)
  • 文字列にソルトを使用しないでください。
Eメールアドレスをハッシュしない場合は、にセグメントをアクティブ化する際に、AdobeReal-time CDPがその処理を行い Facebookます。 アクティベーションワークフロー (手順5を参照)で、 Email 生の電子メールアドレスの場合は次に示す オプションを選択し、ハッシュされた電子メールアドレスの場合は次 Email_LC_SHA256 **​オプションを選択します。

宛先に接続

To connect to the Facebook destination, see Social network destinations authentication workflow .

Activate segments to Facebook

For instructions on how to activate segments to Facebook, see Activate Data to Destinations .

書き出されたデータ

For Facebook, a successful activation means that a Facebook custom audience would be created programmatically in Facebook Ads Manager . ユーザーがアクティブ化されたセグメントに対してオーディエンスが資格を持つかどうかによって、ユーザーのセグメントメンバーシップが追加および削除されます。
AdobeのリアルタイムCDPとの統合により、履歴オーディエンスのバックフィルが Facebook サポートされます。 宛先に対してセグメントをアクティブ化する Facebook と、すべての過去のセグメント資格情報がに送信されます。