Show Menu
トピック×

宛先ワークスペース

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォームで、左側のナビゲーションバーから「 宛先 」を選択して、宛先ワークスペースにアクセスします。
The Destinations workspace consists of four sections, Catalog , Browse , Accounts , and System View , which are described in the sections below.

カタログ

カタログ 」タブには、アドビが提供するすべての宛先のリストが表示されます。このリストには、データを送信できます。
ページの検索機能を使用して、 カテゴリ ・コントロールを使用して特定の宛先を見つけたり、宛先をフィルターしたりします。
カタログ内の宛先を選択して、右側のレールを開きます。Here, you can set up a connection to the destination ( Connect destination ), view existing destination connections ( Browse destinations ) or learn more detailed information about each destination by viewing the documentation ( View documentation ).
宛先カテゴリと各宛先の情報について詳しくは、 宛先カタログ を参照してください。

参照

参照 」タブには、接続を確立した宛先が表示されます。Destinations with the enabled toggle turned on set the destination to active and vice-versa. また、 セグメント/参照 ​を選択し、検査するセグメントを選択すると、データのフロー先を表示することもできます。「参照」タブで各宛先に対して提供されるすべての情報については、次の表を参照してください。
要素
説明
名前
この宛先へのアクティベーションフローに指定した名前。
宛先
アクティベーションフローに対して選択した宛先プラットフォームです。
接続タイプ
ストレージグループまたは宛先への接続タイプを表します。
  • 電子メールマーケティングの宛先の場合: S3またはFTPを使用できます。
  • リアルタイム広告の送信先の場合: サーバー間
ユーザー名
宛先フローに対して選択したアカウント資格情報。
セグメント
この宛先に対してアクティブ化されているセグメントの数。
作成
宛先へのアクティベーションフローが作成された日時(UTC 時間)です。
Status
Active または Inactive .データが現在この宛先に対してアクティブ化されているかどうかを示します。ステータスを編集するには、「 アクティベーションの無効化 」を参照してください。
目的の行をクリックすると、目的の行に関する詳細情報が右側のレールに表示されます。
宛先名を選択して、この宛先に対してアクティブ化されたセグメントに関する情報を表示します。「 アクティベーションの編集 」をクリックして、この宛先に送信されるセグメントを変更または追加します。

アカウント

アカウント 」タブでは、様々な宛先との接続を確立した場合の詳細を確認できます。各宛先について取得できるすべての情報については、次の表を参照してください。
要素
説明
プラットフォーム
接続を設定した宛先。
接続タイプ
ストレージグループまたは宛先への接続タイプを表します。
  • 電子メールマーケティングの宛先の場合: S3またはFTPを使用できます。
  • リアルタイム広告の送信先の場合: サーバー間
  • Amazon S3クラウドストレージの宛先の場合: アクセスキー
  • SFTPクラウドストレージの宛先の場合: SFTPの基本認証
ユーザー名
「宛先の接続」ウィザード で選択したユーザー名。
データフロー
宛先に対して作成された基本情報に接続された、一意に成功した宛先フローの数を表します。
認証済み
この宛先への接続が承認された日付。
Status
Active または Inactive .データが現在この宛先に対してアクティブ化されているかどうかを示します。ステータスを編集するには、「 アクティベーションの無効化 」を参照してください。

システム表示

The System View tab displays a graphic representation of the activation flows that you have set up in the Real-time Customer Data Platform.
Select any of the destinations displayed on the page and press View flows to see information on all the connections you have set up for each destination.