Show Menu
トピック×

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォームの概要

Adobe Experience Platform をベースに構築されたアドビのリアルタイム顧客データプラットフォーム(Real-time CDP)は、企業が既知の未知のデータを統合し、顧客の遍歴を通じてインテリジェントな判定を行って顧客プロファイルをアクティブ化するのに役立ちます。Real-time CDP は、複数の大規模法人データソースを組み合わせて、1 対 1 のパーソナライズされた顧客体験をすべてのチャネルとデバイスにわたって提供するために使用できる、統合されたプロファイルを作成します。
リアルタイムの顧客データプラットフォームには、データガバナンス、ID 管理、高度なセグメント化、データサイエンスのツールが含まれており、プロファイルを作成してオーディエンスを定義し、高度な洞察を得ながら、厳密なデータ管理ポリシーを実施できます。
Adobe Experience Cloud とのネイティブな統合に加え、アドビはパートナーの大規模なエコシステムにリンクし、オンサイトやアプリケーション内のパーソナライズ機能から電子メール、有料メディア、コールセンター、接続されたデバイスなど、あらゆるチャネルにわたって、優れた顧客体験を提供できます。
Real-time CDP を使用すると、次のことが可能になります。
  • 大規模法人の全体から顧客データをストリーミング収集して、顧客を一目で把握する。
  • 既知の識別子と不明な識別子に対して、信頼されたガバナンスとプライバシーコントロールを使用して、プロファイルを責任を持って管理する。
  • Adobe Sensei による AI や機械学習を活用して、マーケティング担当者向けに構築された実用的なインサイトを生み出し、オーディエンスを拡大縮小する。
  • すべてのチャネルと宛先にわたって、パーソナライズされたエクスペリエンスをリアルタイムで提供する。

追加情報

アドビのリアルタイム顧客データプラットフォームを使用し始める際は、次のドキュメントトピックを参照することをお勧めします。