Show Menu
トピック×

でのIAB TCF 2.0のサポート Real-time Customer Data Platform

(TCF) Transparency & Consent Framework は、(IAB)で概要を説明している Interactive Advertising Bureau 。TCFは、欧州和集合(GDPR)に準拠して、個人データの処理に関する消費者の同意を取得、記録、更新することを可能にする、オープン・スタンダードの技術枠組みである General Data Protection Regulation 。 フレームワークの2番目のイテレーションであるTCF 2.0では、ベンダーが正確な位置情報など、データ処理の特定の機能を使用するかどうか、使用方法など、消費者が同意を提供または保留する方法を柔軟に許可します。
TCF 2.0の詳細については、 IAB EuropeのWebサイト (サポート資料や技術仕様など)を参照してください。
Real-time Customer Data Platform (Real-time CDP) は、ID 565の下で、登録された IAB TCF 2.0ベンダーリスト の一部で 。 TCF 2.0の要件に準拠して、顧客の同意データを収集し Real-time CDP 、保存されている顧客プロファイルに統合できます。 その後、この同意データは、使用事例に応じて、プロファイルが書き出されたオーディエンスセグメントに含まれるかどうかに組み込まれます。
Real-time CDP は、TCFのバージョン2.0(またはそれ以降)にのみ準拠できます。 以前のバージョンのTCFはサポートされていません。
このドキュメントでは、データ操作とプロファイルスキーマがCMPで生成された顧客の同意データを受け入れるように設定する方法の概要、およびセグメントを書き出す際のユーザーの同意の選択肢を Real-time CDP 伝える方法について説明します。

前提条件

このガイドに従うには、IAB TCFと統合され、準拠している、商用または独自の同意管理プラットフォーム(CMP)を使用する必要があります。 詳しくは、準拠するCMPの リストを参照してください
CMPのIDが無効な場合、はデータをそのまま処理 Real-time CDP し続けます。 TCF 2.0を強制するには、データを送信する前に、CMPにIAB TCF 2.0に登録された有効なIDがあることを確認する必要があり Experience Platformます。
また、本ガイドでは、以下のAdobe Experience Platformサービスについて、実際に理解する必要があります。
上記の Platform サービスに加えて、 目的地 、およびその使用に関する知識も必要 Real-time CDPです。

顧客の同意フローの概要

次の節では、システムが正しく設定された後に同意データを収集および適用する方法について説明します。

同意データ収集

Real-time CDP 次のプロセスを通じて顧客の同意データを収集できます。
  1. 顧客は、Webサイト上のダイアログを通じて、データ収集に関する同意の環境設定を行います。
  2. CMPは同意の優先度の変更を検出し、それに応じてIAB同意データを生成します。
  3. を使用し Experience Platform Web SDKて、生成された同意データ(CMPが返す)がAdobe Experience Platformに送信されます。
  4. 収集された同意データは、スキーマにIAB同意フィールドが含まれる Profile有効なデータセットに取り込まれます。
CMPの同意変更フックによってトリガーされるSDKコマンドに加えて、同意データは、有効なデータセットに直接アップロードされる、お客様が生成したXDMデータ Experience Platform を通じてにも送信され Profileます。
( Platform ソースコネクタを介して)Adobe Audience Managerと共有さ Audience Manager れるセグメントには、それらのセグメントに適切なフィールドが適用されている場合、同意データが含まれる可能性もあり Experience Cloud Identity Serviceます。 での同意データの収集について詳し Audience Managerくは、IAB TCF用 Adobe Audience Managerプラグインのドキュメントを参照してください

下流の同意の実施

IABの同意データが正常に取り込まれると、ダウンストリーム Real-time CDP サービスでは次の処理が行われます。
  1. Real-time Customer Profile その顧客のプロファイルに対して保存されている同意データを更新します。
  2. Real-time CDP は、(565)のベンダー権限がクラスター内のすべてのIDに対して指定され Real-time CDP ている場合にのみ、顧客IDを処理します。
  3. TCF 2.0ベンダーリストのメンバーに属する宛先にセグメントをエクスポートする場合、 Real-time CDP プロファイルは、ベンダー権限が Real-time CDP (565)の両方に対して与えられ、宛先がクラスター内のIDごとに与えら ** れる場合にのみ含まれます。
このドキュメントの残りのセクションでは、上記の収集および実施要件を満たすためのデータ操作を構成 Real-time CDP および設定する方法に関するガイダンスを提供します。

IABの同意フィールドを使用してデータセットを作成する

スキーマにIAB同意フィールドが含まれるデータセットに、顧客の同意データを送信する必要があります。 このガイドを続ける前に、必要な2つのデータセットを作成する方法については、TCF 2.0の同意を得るためのデータセットの 作成に関するチュートリアルを参照してください

同意データを含めるための Profile 結合ポリシーの更新

同意データ収集用の Profile有効なデータセットを作成したら、マージポリシーが顧客プロファイルに常にIAB同意フィールドを含むように設定されていることを確認する必要があります。 これには、競合する可能性のある他のデータセットよりも同意データセットの優先順位を優先するように、データセットの優先順位を設定する必要があります。
マージポリシーの使用方法の詳細については、『 マージポリシーユーザーガイド 』を参照してください。 マージポリシーを設定する場合は、データセットの準備に関するガイドで概要を説明しているように、 同意ミックスインフィールド XDMプライバシーミックスインが提供する必要な同意属性がすべてセグメントに含まれていることを確認する必要があります。

Web SDKを統合して顧客の同意データを収集する Experience Platform

Adobe Experience Platformで同意データを直接処理するには、 Experience Platform Web SDKを使用する必要があります。 Experience Cloud Identity Service は現在サポートされていません。
Experience Cloud Identity Service は、Adobe Audience Managerでの同意処理に対して引き続きサポートされますが、TCF 2.0への準拠には、ライブラリを バージョン5.0に更新する必要があり ます。
同意文字列を生成するようにCMPを設定したら、 Experience Platform Web SDKを統合してこれらの文字列を収集し、に送信する必要があり Platformます。 SDKは、IABの同意データをプラットフォームに送信するために使用できる2つのコマンドを提供します(以下のサブセクションで説明)。顧客が初めて同意情報を提供した場合、その後同意が変更された場合に必ず使用します。 Platform
SDKは、CMPとのインターフェイスを初期状態で行いません 。 SDKをWebサイトに統合する方法を決定し、CMPでの同意の変更をリッスンして、適切なコマンドを呼び出す必要があります。

新しいエッジ設定を作成する

SDKがデータを送信する先として、 Experience Platform最初にでの新しいエッジ設定を作成する必要 Platform があり Adobe Experience Platform Launchます。 新しい設定を作成する方法に関する具体的な手順は、 SDKドキュメントで説明し ます。
設定に一意の名前を指定した後、 Adobe Experience Platformの横にある切り替えボタンを選択します 。 次に、次の値を使用してフォームの残りの部分を完成させます。
エッジ設定フィールド
サンドボックス
エッジ設定を設定するために必要なストリーミング接続とデータセットが含まれる Platform Sandboxの名前 サンドボックスの概要
ストリーミングインレット
の有効なストリーミング接続 Experience Platform。 既存のストリーミングインレットがない場合は、ストリーミング接続の 作成に関するチュートリアルを参照してください
イベントデータセット
XDM ExperienceEvent 前の手順で作成した データセットを選択します
プロファイルデータセット
XDM Individual Profile 前の手順で作成した データセットを選択します
完了したら、画面の下部にある「 保存 」をクリックし、追加のプロンプトに従って設定を完了します。

同意変更コマンドの作成

前の節で説明したエッジ設定を作成したら、SDKコマンドを使用して開始し、に同意データを送信でき Platformます。 以下の節では、各SDKコマンドが様々なシナリオでどのように使用できるかの例を示します。
すべての Platform SDKコマンドの共通の構文については、コマンドの 実行に関するドキュメントを参照してください

CMP同意変更フックの使用

多くのCMPは、同意変更イベントをリッスンする、すぐに使用できるフックを提供します。 これらのイベントが発生した場合は、 setConsent コマンドを使用して顧客の同意データを更新できます。
この setConsent コマンドには、次の2つの引数が必要です。(1)コマンドタイプ(この場合は「setConsent」)と、(2)配列を含むペイロードを示す文字列。このペイロードには、以下に示すように、必要な同意フィールドを提供する少なくとも1つのオブジェクトを含める必要があります。 consent
alloy("setConsent", {
  consent: [{
    standard: "IAB TCF",
    version: "2.0",
    value: "CLcVDxRMWfGmWAVAHCENAXCkAKDAADnAABRgA5mdfCKZuYJez-NQm0TBMYA4oCAAGQYIAAAAAAEAIAEgAA.argAC0gAAAAAAAAAAAA",
    gdprApplies: "true"
  }]
});

ペイロードプロパティ
説明
standard
使用される同意基準。 TCF 2.0の同意処理を行うには、この値を「IAB」に設定する必要があります。
version
に示す同意基準のバージョン番号 standard 。 TCF 2.0の同意処理を行う場合は、この値を「2.0」に設定する必要があります。
value
CMPによって生成された、Base-64エンコードされた同意文字列。
gdprApplies
GDPRが現在ログインしている顧客に適用されるかどうかを示すBoolean値。 TCF 2.0をこのお客様に適用するには、値を「true」に設定する必要があります。
この setConsent コマンドは、同意設定の変更を検出するCMPフックの一部として使用する必要があります。 次のJavaScriptは、OneTrustのフックに setConsent OnConsentChanged コマンドを使用する方法の例を示しています。
OneTrust.OnConsentChanged(function () {
  // Retrieve the TCF 2.0 consent data generated by the CMP, and pass it to Alloy. 
  __tcfapi("getTCData", 2, function (data, success) {
    if (success) {
      var tcString = data.tcString;
      var gdpr = data.gdprApplies;

      alloy("setConsent", {
        consent: [{
          standard: "IAB TCF",
          version: "2.0",
          value: tcString,
          gdprApplies: gdpr
        }]
      });
    }
  });
});

イベントの使用

また、コマンドを使用して、でトリガーされるすべてのイベントのTCF 2.0同意データ Platform を収集することもで sendEvent きます。
この方法を使用するには、を Experience Event Privacy mixin 有効にした Profile​XDM ExperienceEvent スキーマに追加しておく必要があります。 設定方法の手順については、『データセット準備ガイド 』のExperienceEventスキーマの 更新に関する節を参照してください。
この sendEvent コマンドは、Webサイトの適切なイベントリスナーのコールバックとして使用する必要があります。 コマンドには2つの引数が必要です。(1)コマンドタイプ(この場合は「sendEvent」)を示す文字列、および(2)必要な同意フィールドをJSONとして提供する xdm オブジェクトを含むペイロードを示します。
alloy("sendEvent", {
  xdm: {
    "consentStrings": [{
      "consentStandard": "IAB TCF",
      "consentStandardVersion": "2.0",
      "consentStringValue": "CLcVDxRMWfGmWAVAHCENAXCkAKDAADnAABRgA5mdfCKZuYJez-NQm0TBMYA4oCAAGQYIAAAAAAEAIAEgAA.argAC0gAAAAAAAAAAAA",
      "gdprApplies": true
    }]
  }
});

ペイロードプロパティ
説明
xdm.consentStrings
必須の同意フィールドを提供するオブジェクトを少なくとも1つ含む配列。
consentStandard
使用される同意基準。 TCF 2.0の同意処理を行うには、この値を「IAB」に設定する必要があります。
consentStandardVersion
に示す同意基準のバージョン番号 standard 。 TCF 2.0の同意処理を行う場合は、この値を「2.0」に設定する必要があります。
consentStringValue
CMPによって生成された、Base-64エンコードされた同意文字列。
gdprApplies
GDPRが現在ログインしている顧客に適用されるかどうかを示すBoolean値。 TCF 2.0をこのお客様に適用するには、値を「true」に設定する必要があります。

SDKレスポンスの処理

すべての Platform SDK コマンドは、呼び出しが成功したか失敗したかを示すプロミスを返します。 その後、これらの応答を、確認メッセージを顧客に表示するなどの追加のロジックに使用できます。 特定の例については、SDKコマンドの実行に関するガイドの成功または失敗の 処理に関する節を参照してください

セグメントの書き出し

セグメントの書き出しを開始する前に、セグメントにすべての必須の同意フィールドが含まれていることを確認する必要があります。 詳細は、結合ポリシーの 設定に関する節を参照してください
顧客の同意データを収集し、必要な同意属性を含むオーディエンスセグメントを作成したら、それらのセグメントをダウンストリームの宛先にエクスポートする際に、TCF 2.0準拠を強制できます。
同意設定が顧客プロファイルのセット gdprApplies true に対して設定されている場合、それらのプロファイルから下流の宛先にエクスポートされたデータは、各プロファイルの同意嗜好に基づいてフィルタリングされます。 必要な同意の環境設定を満たさないプロファイルは、エクスポート処理中にスキップされます。
プロファイルを宛先にエクスポートするセグメントに含めるには、 TCF 2.0ポリシーで説明されているように、お客様は次の目的(TCF 2.0ポリシー )に同意する必要があります。
  • 目的1 :デバイス上の情報の保存/アクセス
  • 目的10 :製品の開発と改善
TCF 2.0では、データの送信元は、送信先のベンダー権限を確認してから、送信先にデータを送信する必要もあります。 そのため、は、宛先にバインドされたデータを含める前に、宛先のベンダー権限がクラスター内のすべてのIDにオプトインされているかどうかを確認します。 Real-time CDP
Adobe Audience Managerと共有するセグメントには、そのセグメントと同じTCF 2.0同意値が含まれ Platform ます。 ベンダーID Audience Manager は Real-time CDP (565)と同じなので、同じ目的とベンダー権限が必要です。 詳しくは、 Adobe Audience Managerプラグイン(IAB TCF用)のドキュメントを参照してください

Test your implementation

TCF 2.0実装を設定し、セグメントを宛先にエクスポートした後は、同意の要件を満たさないデータはエクスポートされません。 ただし、適切な顧客プロファイルがエクスポート中にフィルターされたかどうかを確認するには、宛先のデータストアを手動で確認し、同意が適切に適用されたかどうかを確認する必要があります。
複数のIDがクラスターを構成し、TCF 2.0が適用される場合、1つのIDに正しい目的とベンダー権限が含まれていなくても、クラスター全体が除外されることに注意してください。

次の手順

このドキュメントでは、でのデータ操作をTCF 2.0に準拠するように設定するプロセス Real-time CDP について説明しました。で提供される他のプライバシー機能の詳細については、次のドキュメント Real-time CDPを参照してください。