Show Menu
トピック×

Real-time CDP のプライバシー

リアルタイム顧客データプラットフォーム(Real-time CDP)は、マーケティング担当者が複数の大規模法人システムからデータを統合し、顧客の特定、理解、関与を促進するのに役立ちます。アドビでは、基本的なデザイン原則として消費者データのプライバシーを保持し、マーケティング担当者が顧客のデータのプライバシーを管理するのに役立つ様々なコントロールを提供しています。
ほとんどの Real-time CDP 機能は、Adobe Experience Platform によって動作します。このドキュメントでは、Real-time CDP がサポートする各種プライバシー強化テクノロジーに関する情報と、詳細を含む Experience Platform のドキュメントへのリンクを提供します。

プライバシーサービス

Adobe Experience Platform プライバシーサービスを使用すると、GDPR(EU 一般データ保護規則)やカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などのプライバシー規制に準拠したデータ操作を維持するプロセスを合理化できます。Real-time CDP は、データ収集とストレージに Experience Platform の機能を活用するので、GDPR と CCPA に対するアクセス要求と削除要求は、プラットフォーム内で管理する必要があります。このサービスの概要について詳しくは、『 プライバシーサービスの概要 』ドキュメントを参照してください。
個々の GDPR および CCPA データ主体アクセス要求を送信して顧客データにアクセスし、削除する方法は 2 つあります。

次の手順

このドキュメントでは、Real-time CDP のプライバシー機能について簡単に説明します。アクセス要求や削除要求を送信する際のベストプラクティスと手順について詳しくは、 プライバシーサービスのドキュメント を参照してください。