Show Menu
トピック×

チュートリアル:Adobe Launch を使用した Web サイトタグの実装

このチュートリアルでは、Adobe Launch を使用して Adobe Experience Platform にデータを送信する Web サイトタグを実装する方法について説明します。

前提条件

  • 必要なスキーマとデータセットが Platform で作成されている。
  • 必要な設定が Experience Edge にデプロイされ、一致する設定 ID と Edge ドメインを持っている。
  • 会社の CMS は、各ページに JavaScript オブジェクトを配信し、Platform 送信する必要のあるデータを提供するように設定されている。。

手順

このチュートリアルでは、次の手順を実行します。
  1. Adobe Experience Platform Web SDK 拡張機能をインストールします。
  2. Launch に送信するデータを指定するルールを作成します。
  3. 拡張機能とルールをライブラリにバンドルします。

Adobe Experience Platform Web SDK 拡張機能のインストール

まず、Adobe Experience Platform Web SDK 拡張機能をインストールします。
  1. Launch で、「 拡張機能 」タブを開きます。
  2. 「Launch 拡張機能カタログ」から「Adobe Experience Platform Web SDK 拡張機能」を選択します。 設定画面が開きます。
    詳しくは、Launch ドキュメントの「 拡張機能 」を参照してください。
  3. 拡張機能を設定します。
    現在必要な設定は以下のみです。
    • 設定 ID :Adobe 担当者から取得した設定 ID を指定します。
    • Edge ドメイン :Adobe 担当者から取得した Edge ドメインを指定します。
  4. 保存 」をクリックし、次の手順に進みます。

Launch に送信するデータを指定するルールの作成

次に、Adobe Experience Platform に送信するデータといつ送信するかを Launch に知らせるルールを作成します。
  1. ルール 」タブで、Launch ライブラリが読み込まれたときに Web サイトの新しい各ページでトリガーされるイベントを設定します。
  2. アクションを追加します。
    アクションを設定するには、Launch にデータレイヤーの場所を指定します。データレイヤーは、ページ上に存在する JavaScript オブジェクトで、Web ページをレンダリングするのと同じ CMS から配信されます。データオブジェクトへの JavaScript パスを指定します。
    送信するデータオブジェクトは、設定 ID に接続されたデータセットが使用するスキーマに対して検証された有効な XDM である必要があります。
  3. 変更を保存 」をクリックします。
詳しくは、Launch ドキュメントの「 ルール 」を参照してください。

ライブラリでの拡張機能とルールのバンドル

次に、ライブラリで新しいルールを 拡張機能とバンドル し、それらの変更を開発環境でテストします。
テストが完了したら、ワークフローを通じてライブラリをプロモーションし、実稼働サイトにデプロイできるようにします。これで、個々のユーザーから Adobe Experience Platform にデータが流れるようになりました。
詳しくは、Launch ドキュメントの「 ライブラリ 」を参照してください。