Show Menu
トピック×

Segmentation Service開発ガイド

セグメント化を使用すると、セグメントを作成し、リアルタイムの顧客プロファイルデータからAdobe Experience Platformでオーディエンスを生成できます。

はじめに

このガイドでは、セグメント化の使用に関連する様々なAdobe Experience Platformサービスについて、十分に理解している必要があります。
  • セグメント : リアルタイム顧客プロファイルデータからオーディエンスセグメントを作成できます。
  • Experience Data Model(XDM)System : エクスペリエンスプラットフォームが顧客エクスペリエンスデータを編成する際に使用する標準化されたフレームワークです。
  • リアルタイム顧客プロファイル : 複数のソースからの集計データに基づいて、統合されたリアルタイムの消費者プロファイルを提供します。
  • サンドボックス : Experience Platformは、1つのプラットフォームインスタンスを別々の仮想環境に分割し、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスを提供します。
APIを使用してセグメントを正しく使用するために知っておく必要がある追加情報について、以下の節で説明します。

サンプルAPI呼び出しの読み取り

Segmentation Service APIドキュメントには、リクエストをフォーマットする方法を示すAPI呼び出しの例が記載されています。 例えば、パス、必須のヘッダー、適切にフォーマットされた要求ペイロードなどです。 API応答で返されるサンプルJSONも提供されます。 サンプルAPI呼び出しのドキュメントで使用される表記について詳しくは、Experience PlatformトラブルシューティングガイドのAPI呼び出し例の読み 方に関する節を参照してください

必須ヘッダー

また、APIドキュメントでは、プラットフォームエンドポイントの呼び出しを正常に行うために、 認証のチュートリアル を完了している必要があります。 次に示すように、認証チュートリアルで、Experience Platform API呼び出しに必要な各ヘッダーの値を指定する。
  • 認証: Bearer {ACCESS_TOKEN}
  • x-api-key: {API_KEY}
  • x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}
エクスペリエンスプラットフォームのすべてのリソースは、特定の仮想サンドボックスに分離されています。 プラットフォームAPIへのすべてのリクエストには、操作が実行されるサンドボックスの名前を指定するヘッダーが必要です。
  • x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}
エクスペリエンスプラットフォームでのサンドボックスの操作について詳しくは、サンドボックスの概要ドキュメントを参照して ください

セグメントジョブ

セグメントジョブは、以前に確立されたセグメント定義を処理して、オーディエンスセグメントを生成します。 エンドポイントを使用して、セグメントジョブのリストの取得、新しいセグメントジョブの作成、特定のセグメントジョブの詳細の取得または特定のセグメントジョブの削除を行うことができます。 /segment/jobs
このエンドポイントの使用方法の詳細については、『 セグメントジョブ開発者ガイド 』を参照してください。

次の手順

セグメントAPIを使用して呼び出しを開始するには、サブガイドの1つを選択して、特定のセグメント関連エンドポイントの使用方法を学習します。 プラットフォームUIを使用したセグメントの操作について詳しくは、 セグメント化ユーザーガイドを参照してください