Show Menu
トピック×

ブール関数

ブール関数は、プロファイルクエリ言語(PQL)の異なる要素にブール論理を実行するために使用されます。その他の PQL 関数について詳しくは、 プロファイルクエリ言語の概要 を参照してください。

And

and 関数は、論理積を作成するために使用されます。
書式
{QUERY} and {QUERY}

次の PQL クエリは、住んでいる国がカナダで、生まれた年が 1985 年のすべての人を返します。
homeAddress.countryISO = "CA" and person.birthYear = 1985

Or

or 関数は、論理和を作成するために使用されます。
書式
{QUERY} or {QUERY}

次の PQL クエリは、住んでいる国がカナダか、生まれた年が 1985 年のすべての人を返します。
homeAddress.countryISO = "CA" or person.birthYear = 1985

Not

not (または ! )関数は、論理否定を作成するために使用されます。
書式
not ({QUERY})
!({QUERY})

次の PQL クエリは、住んでいる国がカナダでないすべての人を返します。
not (homeAddress.countryISO = "CA")

If

if 関数は、指定した条件が true かどうかに応じて式を解決するために使用されます。
書式
if ({TEST_EXPRESSION}, {TRUE_EXPRESSION}, {FALSE_EXPRESSION})

引数
説明
{TEST_EXPRESSION}
テストされているブール式。
{TRUE_EXPRESSION}
{TEST_EXPRESSION} が true の場合に値が使用される式。
{FALSE_EXPRESSION}
{TEST_EXPRESSION} が false の場合に値が使用される式。
次の PQL クエリは、住んでいる国がカナダの場合は値を 1 に設定し、住んでいる国がカナダでない場合は 2 に設定します。
if (homeAddress.countryISO = "CA", 1, 2)

次の手順

ここで学習したブール関数は、PQL クエリ内で使用できます。その他の PQL 関数について詳しくは、 プロファイルクエリ言語の概要 を参照してください。