Show Menu
トピック×

比較関数

比較関数は、異なる式と値を比較し、戻り値 true または false それに応じて返します。 その他のPQL機能の詳細については、「 プロファイルクエリ言語の概要 」を参照してください。

次と等しい

( = 等しい)関数は、ある値または式が別の値または式と等しいかどうかを確認します。
形式
{EXPRESSION} = {VALUE}

次のPQLクエリは、自宅住所の国がカナダにあるかどうかを確認します。
homeAddress.countryISO = "CA"

等しくない

( != 等しくない)関数は、ある値または式が別の値または式と等し ​くないかどうかをチェックします。
形式
{EXPRESSION} != {VALUE}

次のPQLクエリは、自宅住所の国がカナダにないかどうかを確認します。
homeAddress.countryISO != "CA"

より大きい

1つ目の値 > が2つ目の値より大きいかどうかを確認するには、(より大きい)関数を使用します。
形式
{EXPRESSION} > {EXPRESSION} 

次のPQLクエリは、誕生日が1月または2月に該当しない人を定義します。
person.birthMonth > 2

次よりも大きいか等しい

1つ目の値 >= が2つ目の値以上かどうかを確認するには、(より大きいか等しい)関数を使用します。
形式
{EXPRESSION} >= {EXPRESSION} 

次のPQLクエリは、誕生日が1月または2月に該当しない人を定義します。
person.birthMonth >= 3

より小さい

比較関数 < (より小さい)を使用して、1つ目の値が2つ目の値より小さいかどうかを確認します。
形式
{EXPRESSION} < {EXPRESSION} 

次のPQLクエリは、1月の誕生日を持つユーザーを定義します。
person.birthMonth < 2

次よりも小さいか等しい

比較関数 <= (より小さいか等しい)を使用して、1つ目の値が2つ目の値以下かどうかを確認します。
形式
{EXPRESSION} <= {EXPRESSION} 

次のPQLクエリは、1月または2月の誕生日を持つユーザーを定義します。
person.birthMonth <= 2

次の手順

比較機能について学んだので、PQLクエリ内で使用できます。 その他のPQL関数の詳細については、 プロファイルクエリ言語の概要を参照してください