Show Menu
トピック×

論理的な数量化関数

論理量指定子は、プロファイルクエリ言語(PQL)の配列と条件をアサートするために使用できます。 その他のPQL機能の詳細については、「 プロファイルクエリ言語の概要 」を参照してください。

存在する

この exists 関数は、指定された条件を満たす配列内の項目の存在を判断します。
形式
exists {VARIABLE} from {EXPRESSION} where {CONDITION}
exists {VARIABLE} from {EXPRESSION} : {CONDITION}

引数
説明
{VARIABLE}
変数の名前。
{EXPRESSION}
チェック対象のアレイ。
{CONDITION}
返される配列の値をフィルターするオプションの式。
次のPQLクエリでは、価格が$50を超えるイベント、またはSKUが「PS」であるすべての製品を取得します。
exists E from xEvent where (E.commerce.item.price > 50), I from E.productListItems where I.SKU = "PS"

すべて

この forall 関数は、配列内のすべての項目を特定の条件を満たすものから判断します。
形式
forall {VARIABLE} from {EXPRESSION} where {CONDITION}
forall {VARIABLE} from {EXPRESSION} : {CONDITION}

引数
説明
{VARIABLE}
変数の名前。
{EXPRESSION}
チェック対象のアレイ。
{CONDITION}
返される配列の値をフィルターするオプションの式。
次のPQLクエリでは、価格が$50を超え、SKUが「PS」のイベントをすべて取得します。
forall E from xEvent where (E.commerce.item.price > 50), I from E.productListItems where I.SKU = "PS"

次の手順

論理量指定子について学んだので、PQLクエリ内で使用できます。 その他のPQL関数の詳細については、 プロファイルクエリ言語の概要を参照してください