Show Menu
トピック×

論理量指定子関数

Logical quantifiers can be used to assert conditions with arrays in Profile Query Language (PQL). More information about other PQL functions can be found in the Profile Query Language overview .

exists

exists 関数は、指定された条件が満たされれば、配列内に項目が存在していると判定します。
形式
exists {VARIABLE} from {EXPRESSION} where {CONDITION}
exists {VARIABLE} from {EXPRESSION} : {CONDITION}

引数
説明
{VARIABLE}
変数の名前です。
{EXPRESSION}
チェック対象となる配列です。
{CONDITION}
返される配列の値をフィルタリングする式(省略可能)です。
次の PQL クエリでは、価格が 50 ドルを超える、または SKU が「PS」であるすべてのイベントを取得します。
exists E from xEvent where (E.commerce.item.price > 50), I from E.productListItems where I.SKU = "PS"

forall

forall 関数は、指定されたすべての条件を満たす配列内の項目をすべて判定します。
形式
forall {VARIABLE} from {EXPRESSION} where {CONDITION}
forall {VARIABLE} from {EXPRESSION} : {CONDITION}

引数
説明
{VARIABLE}
変数の名前です。
{EXPRESSION}
チェック対象となる配列です。
{CONDITION}
返される配列の値をフィルタリングする式(省略可能)です。
次の PQL クエリでは、価格が 50 ドルを超え、かつ SKU が「PS」であるすべてのイベントを取得します。
forall E from xEvent where (E.commerce.item.price > 50), I from E.productListItems where I.SKU = "PS"

次の手順

ここで学習した論理量指定子は、PQL クエリ内で使用できます。その他の PQL 関数について詳しくは、 プロファイルクエリ言語の概要 を参照してください。