Show Menu
トピック×

オーディエンスセグメントをエクスポートするためのデータセットの作成

Adobe Experience Platform では、特定の属性に基づいて顧客プロファイルをオーディエンスに簡単にセグメント化できます。セグメントを作成したら、そのオーディエンスをデータセットにエクスポートし、そこでオーディエンスにアクセスしたりて操作したりできます。エクスポートを正常におこなうには、データセットを正しく設定する必要があります。
This tutorial walks through the steps required to create a dataset that can be used for exporting an audience segment using the Experience Platform UI.
このチュートリアルは、 セグメント結果の評価とアクセス に関するチュートリアルで説明している手順に直接関連しています。The evaluating a segment tutorial provides steps for creating a dataset using the Catalog Service API, whereas this tutorial outlines steps to create a dataset using the Experience Platform UI.

はじめに

セグメントをエクスポートするには、データセットがに基づいている必要があり XDM Individual Profile Union Schemaます。 A union schema is a system-generated, read-only schema that aggregates the fields of all schemas that share the same class, in this case that is the XDM Individual Profile class. 和集合表示スキーマについて詳しくは、 スキーマレジストリ開発者ガイドのリアルタイム顧客プロファイルの節 を参照してください。
UI で和集合スキーマを表示するには、左側のナビゲーションで「 Profiles 」をクリックし、「 Union schema 」タブをクリックします(下図を参照)。

データセットワークスペース

The datasets workspace within the Experience Platform UI allows you to view and manage all of the datasets that your IMS organization has made, as well as create new ones.
データセットワークスペースを表示するには、左側のナビゲーションで「 Datasets 」をクリックし、「 Browse 」タブをクリックします。データセットワークスペースには、 名前 作成日時 (日付と時刻)、 ソース スキーマ 最終バッチステータス ​を示す列、および​ 最終更新日時 ​を含むデータセットのリストが含まれています。各列の幅によっては、すべての列を表示するには、左または右にスクロールする必要があります。
Click on the filter icon next to the search bar to use filtering capabilities to view only those datasets enabled for Real-time Customer Profile.

データセットの作成

データセットを作成するには、「データセット」ワークスペースの右上隅にある「 データセットを作成 」をクリックします。
Create Dataset 画面で、「 Create Dataset from Schema 」をクリックして続行します。

XDM 個別プロファイル和集合スキーマの選択

To select the XDM Individual Profile Union Schema for use in your dataset, find the "XDM Individual Profile" schema with a type of "Union" on the Select Schema screen.
XDM Individual Profile 」の横のラジオボタンを選択し、右上隅の「 Next 」をクリックします。

データセットの設定

データセットの設定 ​画面で、データセットの​ 名前 ​を指定し、データセットの​ 説明 ​も入力できます。
データセット名に関する注意事項:
  • 後でライブラリ内で簡単に見つけられるように、データセット名は短く、わかりやすい名前にする必要があります。
  • データセット名は一意である必要があります。つまり、今後再利用されないように十分な固有の名前を付ける必要があります。
  • ベストプラクティスは、説明フィールドを使用して、データセットに関する追加情報を提供することです。これは、今後、他のユーザーがデータセットを区別する際に役立つ可能性があるためです。
データセットに名前と説明が付いたら、「 完了 」をクリックします。

データセットアクティビティ

空のデータセットが作成され、データセットワークスペースの「 データセットアクティビティ 」タブに戻りました。ワークスペースの左上隅にデータセットの名前と、「バッチが追加されていません」という通知が表示されます。このデータセットにバッチをまだ追加していないので、これは期待通りです。
「データセット」ワークスペースの右側に「 情報 」タブがあり、新しいデータセットに関した「 データセット ID 」、「 名前 」、「 説明 」、「 テーブル名 」、「 スキーマ 」、「 ストリーミング 」「 ソース 」などの情報が含まれます。The Info tab also includes information about when the dataset was Created and its Last Modified date.
データセット ID は、オーディエンスセグメントのエクスポートワークフローを完了するために必要になるので、メモしておいてください。

次の手順

Now that you have created a dataset based on the XDM Individual Profile Union Schema, you can use the Dataset ID to continue the evaluating and accessing segment results tutorial.
At this time, please return to the evaluating segment results tutorial and pick up from the generating profiles for audience members step of the exporting a segment workflow.