Show Menu
トピック×

Analytics コネクタ

Adobe Experience Platform を使用すると、Analytics コネクタ(ADC)を介して Adobe Analytics データを取得することができます。ADCは、によって収集されたデータ Analytics をリアルタイム Platform でストリーミングし、SCDS形式の Analytics データを Experience Data Model (XDM)フィールドに変換して、別々に消費し Platformます。
This document provides an overview of Analytics and describes the use-cases for Analytics data.

Adobe Analytics と Analytics データ

Analytics は、顧客に関する詳細情報と顧客が Web プロパティとどのようにやり取りするかを学び、デジタルマーケティングの支出が効果的である場所を確認し、改善点を特定する強力なエンジンです。Analytics は1年に数兆件ものwebトランザクションを処理します。ADCを使用すると、この豊富な行動データを簡単にタップして数分でデータ Real-time Customer Profile を豊富にすることができます。
At a high level, Analytics collects data from various digital channels and multiple data centers around the world. データが収集されると、訪問者 ID、セグメント化および変換アーキテクチャ(VISTA)のルールと処理ルールが適用され、受信データが形成されます。After raw data has gone through this lightweight processing, it is then considered ready for consumption by Real-time Customer Profile. In a process parallel to the aforementioned, the same processed data is micro-batched and ingested into Platform datasets for consumption by Data Science Workspace, Query Service, and other data-discovery applications.
処理ルールについて詳しくは、 処理ルールの概要 を参照してください。

エクスペリエンスデータモデル(XDM)

XDM is a publicly documented specification that provides common structures and definitions for an application to use to communicate with services on Experience Platform.
XDM 標準規格に準拠することで、データを統一的に取り込むことができ、データの配信と情報の収集が容易になります。
XDM について詳しくは、「 XDM システムの概要 」を参照してください。

Adobe Analytics から XDM へのフィールドのマッピング方法

When a source connection is established for bringing Analytics data into Experience Platform using the Platform user interface, data fields are automatically mapped and ingested into Real-time Customer Profile within minutes. For instructions on creating a source connection with Analytics using the Platform UI, see the Analytics data connector tutorial .
For detailed information on the field mapping that occurs between Analytics and Experience Platform, please visit the Adobe Analytics field mapping guide.

Platform の Analytics データで予想される遅延はどのくらいですか。

Analytics データ
予想される遅延
New data to Real-time Customer Profile (A4T not enabled)
< 2 分
新しいデータ Real-time Customer Profile の送信先(A4T が有効 )
< 15 分
データレイクの新しいデータ
< 45 分
データのバックフィル(13 か月分のデータまたは 100 億イベントのデータのいずれか低い方)
< 4 週間
遅延は、顧客の構成、データ量、消費者のアプリケーションによって異なります。例えば、Analytics の実装が A4T で設定されている場合、パイプラインの遅延が 5 ~ 10 分に増えます。

Analyticsデータのプライマリ識別子

Analyticsデータコネクターのすべてのヒットには、ECIDとAIDのどちらが存在するかに応じたプライマリ識別子が含まれます。 ECIDがある場合、そのECIDを主識別子として指定します。 AIDがある場合、AIDはプライマリとして指定されます。