Show Menu
トピック×

オーディエンスマネージャコネクタ

Adobeオーディエンスマネージャーのdata connectorsは、Adobeオーディエンスマネージャーで収集されたファーストパーティデータをAdobe Experience Platformにストリーミングします。 オーディエンスマネージャーコネクタは、3つのカテゴリのデータをプラットフォームに取り込みます。
  • リアルタイムデータ: オーディエンスマネージャーのデータ収集サーバーでリアルタイムに取り込まれるデータ。 このデータは、オーディエンスマネージャーでルールに基づく特性の入力に使用され、最も短い待ち時間でプラットフォームに表示されます。
  • 受信(受信)データ: これらは、オーディエンスがAmazon S3の場所にアップロードしたファイルで、ユーザーがAmazon Managerがホストします。 オーディエンスマネージャーは、このデータを使用して、受信ファイルメソッドを使用して受信した特性を入力します。このデータには、若干の遅延があります。
  • プロファイルデータ: オーディエンス・マネージャは、リアルタイムでオンボードされたデータを使用して、お客様のプロファイルを引き出します。 これらのプロファイルは、セグメントの実現にIDグラフと特性を設定するために使用されます。
オーディエンスマネージャーコネクターは、これらのデータカテゴリーをExperience Data Model(XDM)スキーマにマッピングし、Platformに送信します。 リアルタイムデータとオンボードデータはXDM ExperienceEventデータとして送信され、プロファイルデータはXDM Individualプロファイルとして送信されます。
Platform UIを使用してAdobe Platform Managerとの接続を作成する手順については、 オーディエンスManager Connectorのチュートリアルを参照してください

Experience Data Model(XDM)とは何ですか。

XDMは、プラットフォームが顧客体験データを体系化する標準化されたフレームワークを提供する、ドキュメント化された仕様です。
XDM標準に準拠することで、顧客体験データを均一に組み込むことができ、データの配信や情報の収集が容易になります。
Experience PlatformでのXDMの使用方法について詳しくは、「 XDM System Overview 」を参照してください。 プロファイルやExperienceEventなどのXDMスキーマの構造について詳しくは、スキーマ構成の 基本を参照してください

XDMスキーマの例

PlatformのXDM ExperienceEventおよびXDM Individualプロファイルにマッピングされるオーディエンスマネージャーの構造の例を以下に示します。

ExperienceEvent — リアルタイムデータおよびオンボードデータ用

XDM個別プロファイル-プロファイルデータ用

AdobeオーディエンスマネージャーからXDMへのフィールドのマッピング方法

プラットフォームでのデータ管理

データセット

データセットは、スキーマ(列)とフィールド(行)を含み、データ接続で使用できるデータのコレクション(テーブル)のストレージと管理の構成体です。通常、データセットはデータ接続で使用できます。 オーディエンスマネージャのデータは、リアルタイムデータ、受信データ、およびプロファイルデータで構成されます。 オーディエンスマネージャーのデータセットを検索するには、UIの検索機能を使用し、各データタイプに付属する命名規則を指定します。
オーディエンスマネージャのデータセットはデフォルトでプロファイルに対して無効になっており、ユーザーは使用事例に基づいてデータセットを有効または無効にすることができます。 プロファイルのセグメントメンバーシップに使用するデータセットを無効にすることはお勧めしません。
データセット名
説明
オーディエンス・マネージャ・リアルタイム
このデータセットには、オーディエンスマネージャーDCSエンドポイントおよびオーディエンスマネージャープロファイルのIDマップに対する直接ヒットによって収集されたデータが含まれます。 プロファイルの取り込みに対して、このデータセットを有効にしておく。
オーディエンスマネージャのリアルタイムプロファイル更新
このデータセットを使用すると、オーディエンスマネージャの特性とセグメントをリアルタイムでターゲティングできます。 これには、Edge地域のルーティング、特性およびセグメントのメンバーシップに関する情報が含まれます。 プロファイルの取り込みに対して、このデータセットを有効にしておく。
オーディエンスマネージャーのデバイスデータ
オーディエンスマネージャで集計された、ECIDと対応するセグメントの実現を持つデバイスデータ。
オーディエンスマネージャデバイスプロファイルデータ
オーディエンスマネージャーコネクタの診断に使用されます。
オーディエンスマネージャー認証済みプロファイル
このデータセットには、オーディエンスマネージャーで認証されたプロファイルが含まれます。
オーディエンスマネージャー認証済みプロファイルメタデータ
オーディエンスマネージャーコネクタの診断に使用されます。
オーディエンスマネージャー受信 (非推奨)
このデータセットは、受信ファイルメソッドを介して、オーディエンスマネージャー内の受信レコードを表します。 このデータフローは非推奨となり、今後のリリースで削除されます。
オーディエンスマネージャーの受信メタデータ (廃止)
オーディエンスマネージャーコネクタの診断に使用されます。 このデータフローは非推奨となり、今後のリリースで削除されます。

接続

Adobeオーディエンスマネージャーは、カタログに1つの接続を作成します。 オーディエンスマネージャーの接続 。 カタログは、Adobe Experience Platform内のデータの場所と系列のレコードのシステムです。 接続とは、コネクタの顧客固有のインスタンスであるカタログオブジェクトです。 カタログ、接続、コネクタの詳細については、 Catalog Serviceの概要 (英語のみ)を参照してください。

プラットフォーム上のオーディエンスマネージャーデータに予想される遅延は何ですか。

オーディエンスマネージャのデータ
遅延
メモ
リアルタイムデータ
< 35 分.
リアルタイムノードでキャプチャされてから、プラットフォームデータレイクに表示されるまでの時間。
インバウンドデータ
< 13時間
S3バケットでキャプチャされてから、プラットフォームデータレイクに表示されるまでの時間。
プロファイルデータ
< 2 日
リアルタイム/受信データから取り込まれて、ユーザープロファイルに追加され、最後にプラットフォームデータレイクに表示されるまでの時間。