Show Menu
トピック×

ターゲットマッピングフィールド

Adobe Experience Platform を使用すると、Adobe Target のデータを Target ソースコネクタを介して取り込めます。コネクタを使用する場合、Target フィールドのすべてのデータを、XDM ExperienceEvent クラスに関連付けられた「 エクスペリエンスデータモデル(XDM) 」フィールドにマッピングする必要があります。
次の表に、エクスペリエンスイベントスキーマのフィールド( XDM ExperienceEvent フィールド )と、マッピング先の対応する Target フィールド( Target Request フィールド )の概要を示します。一部のマッピングに関する追加のメモも示します。
テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。
XDM ExperienceEvent フィールド
Target Request フィールド
メモ
id
一意のリクエスト識別子
dataSource
すべてのクライアントに対して「1」に設定されます。
dataSource._id
リクエストで渡すことができないシステム生成値。
このデータソースの一意の ID。この ID は、データソースを作成した個人またはシステムによって提供されます。
dataSource.code
リクエストで渡すことができないシステム生成値。
完全な @id へのショートカット。少なくとも 1 つのコードまたは @id を使用できます。このコードは、データソース統合コードと呼ばれる場合があります。
dataSource.tags
リクエストで渡すことができないシステム生成値。
タグを使用して、特定のデータソースで表されるエイリアスが、それらのエイリアスを使用するアプリケーションでどのように解釈されるかを示します。
例:
  • isAVID :Analytics の訪問者 ID を表すデータソース。
  • isCRSKey :CRS でキーとして使用する必要があるエイリアスを表すデータソース。
タグはデータソースの作成時に設定されますが、特定のデータソースを参照する際に、パイプラインメッセージにも含まれます。
timestamp
イベントタイムスタンプ
channel
context.channel
表示配信のみで機能します。オプションは「web」と「mobile」で、「web」がデフォルトです。
endUserIds
endUserIds.experience.tntId
tntId/mboxPC
endUserIds.experience.mcId
marketingCloudVisitorId
environment
environment.browserDetails.userAgent
mboxRequest.userAgent
environment.browserDetails.viewPortHeight
mboxRequest.browserHeight
environment.browserDetails.viewPortWidth
mboxRequest.browserWidth
environment.operatingSystem
deviceAtlas.osName
environment.operatingSystemVersion
deviceAtlas.osVersion
environment.viewportHeight
mboxRequest.screenHeight
environment.viewportWidth
mboxRequest.screenWidth
environment.colorDepth
mboxRequest.colorDepth
environment.carrier
リクエストの IP アドレスに基づいて解決された携帯電話会社の名前。
environment.ipV4
mboxRequest.ipAddress (V4 形式の場合)
environment.ipV6
mboxRequest.ipAddress (V6 形式の場合)
experience
experience.target.clientCode
mboxRequest.client
experience.target.mboxName
mboxRequest.mboxName
experience.target.mboxVersion
mboxRequest.mboxVersion
experience.target.sessionId
mboxRequest.sessionId
experience.target.environmentID
Target の顧客定義環境(開発、QA、製品など)の内部マッピング。
experience.target.supplementalDataID
Analytics イベントで Target イベントをステッチするために使用される識別子。
experience.target.pageDetails.pageId
mboxRequest.pageId
experience.target.pageDetails.pageScore
mboxRequest.mboxPageValue
experience.target.activities
訪問者が利用できるアクティビティのリスト(配列)。
experience.target.activities[i].activityID
訪問者が利用できる任意のアクティビティの ID。
experience.target.activities[i].version
訪問者が利用できる任意のアクティビティのバージョン。
experience.target.activities[i].activityEvents
このイベントでユーザーがヒットしたアクティビティイベントの詳細が含まれます。
device
device.typeIDService
XDMDevice.Device.TypeIDService.typeIDService_deviceatlas
device.type
deviceAtlas の次のいずれかのプロパティ(または NULL)。
  • type_mobile
  • type_tablet
  • type_desktop
  • type_ereader
  • type_television
  • type_settop
  • type_mediaplayer
device.typeID
(空の文字列)
device.manufacturer
deviceAtlas.manufacturer
device.model
deviceAtlas.model
device.modelNumber
(空の文字列)
device.screenHeight
deviceAtlas.displayHeight
device.screenWidth
deviceAtlas.displayWidth
device.colorDepth
deviceAtlas.displayColorDepth
placeContext
placeContext.geo.id
ランダム UUID(必須)
placeContext.geo.city
リクエストの IP アドレスに基づいて解決された市区町村の名前。
placeContext.geo.countryCode
リクエストの IP アドレスに基づいて解決された国コード。
placeContext.geo.dmaId
リクエストの IP アドレスに基づいて解決された指定販売地域コード。
placeContext.geo.postalCode
リクエストの IP アドレスに基づいて解決された郵便番号。
placeContext.geo.stateProvince
リクエストの IP アドレスに基づいて解決された州または地域。
placeContext.localTime
mboxRequest.offsetTime + mboxRequest.currentServerTime
commerce
リクエストに注文の詳細が存在する場合にのみ設定します。
commerce.order.priceTotal
mboxRequest.orderTotal
commerce.order.purchaseOrderNumber
mboxRequest.orderId
commerce.order.purchaseID
mboxRequest.orderId
web
web.withWebPageDetails.url
mboxURL.context.address.url
web.webReferrer.url
mboxReferrer.context.address.url
identityMap
identityMap.TNTID
tntId.mboxPC
identityMap.ECID
marketingCloudVisitorId