Show Menu
トピック×

(ベータ版)汎用ODataコネクタ

Adobe Experience Platformを使用すると、データを外部ソースから取り込むと同時に、Platform Servicesを使用して、入力データの構造、ラベル付け、拡張を行うことができます。 アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
エクスペリエンスプラットフォームは、サードパーティのプロトコルアプリケーションからデータを取り込むためのサポートを提供します。 プロトコルプロバイダーのサポートには、汎用ODataが含まれます。
以下のドキュメントは、APIまたはユーザーインターフェイスを使用して汎用ODataをプラットフォームに接続する方法に関する情報を提供しています。