Show Menu
トピック×

ソースコネクタの概要

Adobe Experience Platformを使用すると、データを外部ソースから取り込むと同時に、Platform Servicesを使用して、入力データの構造、ラベル付け、拡張を行うことができます。 アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
エクスペリエンスプラットフォームは、RESTful APIとインタラクティブUIを備えており、様々なデータプロバイダーへのソース接続を簡単に設定できます。 これらのソース接続を使用すると、サードパーティ製システムの認証、インジェストの実行時間の設定、データインジェストのスループットの管理を行うことができます。
エクスペリエンスプラットフォームを使用すると、異なるソースから収集したデータを一元管理し、得られた洞察を利用してより多くの作業を行うことができます。

ソースのタイプ

Experience Platformのソースは、次のカテゴリにグループ化されています。

アドビアプリケーション

Experience Platformを使用すると、Adobe Analytics、Adobe Platform Manager、Experience Platform Launchなどの他のアドビアプリケーションからデータを取り込むことができます。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

広告

エクスペリエンスプラットフォームは、サードパーティの広告システムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

クラウドストレージ

クラウドストレージソースは、ダウンロード、形式設定、アップロードを行うことなく、独自のデータをプラットフォームに取り込むことができます。 取り込んだデータは、XDM JSON、XDMパーケー、または区切り文字として形式設定できます。 プロセスの各手順は、ユーザーインターフェイスを使用してSourcesワークフローに統合されます。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

顧客関係管理(CRM)

CRMシステムは、顧客との関係の構築に役立つデータを提供し、顧客の忠誠度を高め、顧客の定着を促進します。 エクスペリエンスプラットフォームは、Microsoft Dynamics 365およびSalesforceからCRMデータを取り込むためのサポートを提供します。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

顧客の成功

エクスペリエンスプラットフォームは、サードパーティの顧客成功アプリケーションからデータを取り込むためのサポートを提供します。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

マーケティングの自動化

エクスペリエンスプラットフォームは、サードパーティのマーケティング自動化システムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

支払い

エクスペリエンスプラットフォームは、サードパーティの支払いシステムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

プロトコル

エクスペリエンスプラットフォームは、サードパーティのプロトコルシステムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

データ取り込み時のソースのアクセス制御

データ取り込みのソースに対する権限は、Adobe Admin Consoleで管理できます。 権限には、特定の製品プロファイルの「 権限 」タブからアクセスできます。 権限を 編集パネルから データ取り込み メニューのエントリを使用して、ソースに関する権限にアクセスできます。 「 表示ソース *」権限は「* カタログ 」タブの使用可能なソースおよび「認証されたソース」タブの読み取り専用アクセス権を付与し、「ソースの​ 管理」権限は「ソースの作成」、「編集」、「無効化」の各ソースに対する完全なアクセス権を付与します。
次の表に、権限の様々な組み合わせに基づくUIの動作を示します。
権限レベル
説明
表示ソース :オン
カタログ 」タブの各ソースタイプのソースに対して、「 参照 」、「 ​アカウント」、「DataFlowAccounts」の各タブと共に読み取り専用アクセス権を付与します。
ソースの管理 :
表示ソースに含まれる機能に加えて、 ​ソースに含まれる機能に加えて、Connect Source option Catalog内の Connect Source option Catalogへのアクセス権を付与し、Select Data Option Browse Not Browse​ ** Notにアクセス権を付与します。 ​また、「ソースの管理​ 」では、DataFlowsを有効または無効にしたり** 、スケジュールを編集したりできます。
表示ソース :オフおよび 管理ソース :オフ
ソースへのアクセスをすべて取り消します。
管理コンソールから付与される使用可能な権限(これら4つのソースを含む)について詳しくは、 アクセス制御の概要を参照してください