Show Menu
トピック×

ソースコネクタの概要

Adobe Experience Platformを使用すると、Platformサービスを使用して、外部ソースからデータを取り込み、データの構造化、ラベル付け、および入力データの拡張を行うことができます。 アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。
Experience PlatformにはRESTful APIとインタラクティブUIが用意されており、これにより様々なデータプロバイダーへのソース接続を簡単に設定できます。 これらのソース接続を使用すると、サードパーティ製システムの認証、インジェストの実行時間の設定、データインジェストのスループットの管理を行うことができます。
Experience Platformにより、異なるソースから収集したデータを一元管理し、得られた洞察を利用してより多くの作業を行うことができます。

ソースのタイプ

Experience Platform内のソースは、次のカテゴリにグループ化されます。

アドビアプリケーション

Experience Platformを使用すると、アドビのAnalytics、Adobe Audience Manager、Experience Platform Launchなど、他のアドビアプリケーションからデータを取り込むことができます。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

広告

Experience Platformは、サードパーティの広告システムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

クラウドストレージ

Cloudストレージソースを使用すると、ダウンロード、フォーマット、アップロードを必要とせずに、独自のデータをPlatformに取り込むことができます。 取り込んだデータは、XDM JSON、XDMパーケー、または区切り文字として形式設定できます。 プロセスの各手順は、ユーザーインターフェイスを使用してSourcesワークフローに統合されます。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

顧客関係管理(CRM)

CRMシステムは、顧客との関係の構築に役立つデータを提供し、顧客の忠誠度を高め、顧客の定着を促進します。 Experience Platformは、Microsoft Dynamics 365およびSalesforceからCRMデータを取り込むためのサポートを提供します。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

顧客の成功

Experience Platformは、サードパーティの顧客サクセスアプリケーションからデータを取り込むためのサポートを提供します。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

マーケティングの自動化

Experience Platformは、サードパーティのマーケティング自動化システムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

支払い

Experience Platformは、サードパーティの支払いシステムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

プロトコル

Experience Platformは、サードパーティのプロトコルシステムからデータを取り込むためのサポートを提供します。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

データ取り込み時のソースのアクセス制御

データ取り込みのソースに対する権限は、アドビのAdmin Console内で管理できます。 権限には、特定の製品プロファイルの「 権限 」タブからアクセスできます。 権限を 編集パネルから データ取り込み メニューのエントリを使用して、ソースに関する権限にアクセスできます。 「 表示ソース *」権限は「* カタログ 」タブの使用可能なソースおよび「認証されたソース」タブの読み取り専用アクセス権を付与し、「ソースの​ 管理」権限は「ソースの作成」、「編集」、「無効化」の各ソースに対する完全なアクセス権を付与します。
次の表に、権限の様々な組み合わせに基づくUIの動作を示します。
権限レベル
説明
表示ソース :オン
カタログ 」タブの各ソースタイプのソースに対して、「 参照 」、「 ​アカウント」、「DataFlow」の各タブと共に読み取り専用アクセス権を付与します。
ソースの管理 :
表示ソースに含まれる機能に加えて、 ​ソースに含まれる機能に加えて、Connect Source option Catalog内の Connect Source option Catalogへのアクセス権を付与し、Select Data Option Browse Not Browse​ ** Notにアクセス権を付与します。 ​また、「ソースの管理​ 」では、DataFlowsを有効または無効にしたり** 、スケジュールを編集したりできます。
表示ソース :オフおよび 管理ソース :オフ
ソースへのアクセスをすべて取り消します。
Admin Consoleを通じて付与される権限(これら4つのソースを含む)の詳細については、 アクセス制御の概要を参照してください

Terms and conditions

ベータ版(「ベータ版」)と表示されたソースのいずれかを使用することにより、お客様は、いかなる種類の保証もなく、ベータ版が「現状のまま」提供され ることを本書で認めます
アドビは、ベータ版を保守、修正、更新、変更、変更、またはその他のサポートする義務はありません。 ベータ版および/または付属のマテリアルの正しい機能やパフォーマンスに一切依存しないように注意し、注意が必要です。 ベータ版はアドビの機密情報と見なされます。
お客様からアドビに提供される「フィードバック」(ベータ版の使用中に発生した問題や欠陥、提案、改善点、推奨事項を含む、ただしこれに限定しない、ベータ版に関する情報)は、すべての権利、役職、およびそのフィードバックに対する関心を含むアドビに割り当てられます。
Open Feedbackを送信するか、サポートチケットを作成して、ご提案を共有したり、バグを報告したり、機能強化を求めたりします。