Show Menu
トピック×

UIで顧客属性ソースコネクタを作成する

このチュートリアルでは、顧客属性プロファイルデータをAdobe Experience Platformに収集するためのソースコネクタをUIで作成する手順を説明します。 顧客属性について詳しくは、 概要ドキュメントを参照してください

ソース接続の作成

Adobe Experience Platformにログインし、左のナビゲーションバーで「 platform.adobe.com Sources 」を選択してソースワークスペースにアクセスします。 カ タログ 画面には、受信接続を作成するために使用できるソースが表示され、各ソースには、それらに関連付けられた既存の接続数が表示されます。 「 顧客属性 」のオプションを選択し、「ソースを 接続 」をクリックします。 接続が確立されるまでしばらく時間をおくと、接続が正常に確立された場合にリダイレクトされます。
顧客属性プロファイルデータのソースコネクタを既に確立している場合、ソースとの接続オプションは無効になります。
# 画面には、顧客属性プロファイルデータに対して以前に確立されたすべての接続がリストされます。 # をクリックして新しい接続を作成できます。
異なるデータを取り込むために、1つのソースに対して複数の受信接続を作成できます。
利用可能な顧客属性プロファイルデータセットのリストから、プラットフォームに取り込むデータセットを選択し、「 次へ 」をクリックします。
顧客属性ソース接続ごとに選択できるデータセットは1つだけです。
レビュー 」手順が表示され、作成前に新しい受信接続を確認できます。 接続の詳細は、次のようなカテゴリ別にグループ化されます。
  • ソースの詳細 : ソース接続の種類と選択したソースデータが表示されます。
  • ターゲットの詳細 : その他のソースコネクタを作成する場合、このコンテナには、データセットが適用するスキーマなど、ソースデータが取り込むデータセットが表示されます。 顧客属性プロファイルデータは自動的にマッピングされ、リアルタイム顧客プロファイルに取り込まれます。

次の手順

接続が作成されると、ターゲットスキーマとデータセットが自動的に作成され、受信データが格納されます。 初回取り込みが完了すると、顧客属性プロファイルデータは、リアルタイム顧客プロファイルやSegmentation Serviceなどのダウンストリームプラットフォームサービスで使用できます。 詳しくは、次のドキュメントを参照してください。