Show Menu
トピック×

データフローの削除

Adobe Experience Platformのソースコネクタは、外部ソースのデータをスケジュールに基づいて取り込む機能を提供します。 このチュートリアルでは、 Sources Workspaceからデータフローを削除する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

UIを使用したデータフローの削除

Adobe Experience Platform にログインし、左のナビゲーションバーで 「ソース 」を選択して「 ソース 」ワークスペースにアクセスします。 「 カタログ 」画面には、アカウントおよびデータフローを作成できる様々なソースが表示されます。 各ソースには、関連付けられた既存のアカウントおよびデータフローの数が表示されます。
Dataflows 」を選択して、 Dataflows ページにアクセスします。
既存のデータフローのリストが表示されます。 このページには、ソース、ユーザー名、実行ステータス、最終実行日など、既存のデータフローの並べ替え可能なリストが表示されます。 左上の ファネルアイコン を選択して並べ替えます。
並べ替えパネルは、画面の左側に表示され、使用可能なソースのリストが含まれます。 並べ替え機能を使用して、複数のソースを選択できます。
アクセスするソースを選択し、メイン・インタフェースのデータ・フローのリストから削除するデータ・フローを見つけます。 この例では、「source」が選択され、「dataflow name」が「 Azure Blob Storage Customerプロファイルdataflow 」になっています。 並べ替えパネルから複数のソースを選択する場合、リストは作成日順に並べ替えられるので、最も新しく作成されたデータフローが最初に表示されます。
削除するデータフローを選択します。
# パネルが画面の右側に表示され、選択したデータフローに関する情報と、 # **。
データ・フローを削除するには、「 削除 」を選択します。
最後の確認ダイアログボックスが表示されます。「 削除 」を選択してプロセスを完了します。
しばらくすると、削除が成功したことを確認する緑の確認ボックスが画面の下部に表示されます。

次の手順

このチュートリアルに従うと、 Sources ワークスペースから既存のアカウントおよびデータフローに正常にアクセスできます。 受信データは、やなどのダウンストリーム Platform サービスで使用でき Real-time Customer Profile るようになり Data Science Workspaceました。 詳しくは、次のドキュメントを参照してください。