Show Menu
トピック×

設定 Real-time Customer Profile および Identity Service

In order to configure Real-time Customer Profile for your organization, you are required to complete multiple separate workflows. このドキュメントでは、関連する手順について説明し、各ワークフローを完了するためのチュートリアルへのリンクを示しています。To learn more about Real-time Customer Profile, begin by reading the Profile overview .

とのスキーマを有効に Profile する Identity

Before data can be ingested into Adobe Experience Platform and used in the creation of Real-time Customer Profiles, a schema must be created to provide the structure for the data that will be ingested and that schema must be enabled for use in Profile and Adobe Experience Platform Identity Service. For step-by-step instructions on creating a schema that is enabled for both Profile and Identity Service, please refer to the tutorials for creating a schema using the Schema Registry API or creating a schema using the Schema Builder UI .

およびのデータセットの設定 Profile Identity

To begin ingesting data into Profile, you must have a dataset that has been properly configured for use with Real-time Customer Profile and Identity Service. 開始するには、 プロファイルと ID のデータセットの設定に関するチュートリアル に従います。

結合ポリシーの設定

Adobe Experience Platform では、複数のソースのデータを統合して、個々の顧客の全体像を把握できます。When bringing this data together, merge policies are the rules that Platform uses to determine how data will be prioritized and what data will be combined to create that unified view. RESTful API またはユーザーインターフェイスを介すると、新しい結合ポリシーの作成、既存のポリシーの管理、組織のデフォルトの結合ポリシーの設定をおこなえます。To work with merge policies in the Platform UI, visit the merge policies user guide . リアルタイム顧客プロファイル API で結合ポリシーを使用するには、 結合ポリシーの開発者ガイド を参照してください。

エッジプロジェクションの設定

複数のチャネルにわたって調整され、一貫性が維持された、またパーソナライズされたエクスペリエンスを顧客にリアルタイムに提供するには、適切なデータを容易に利用できるようにするとともに、変更が発生した際にデータを継続的に更新する必要があります。Adobe Experience Platform enables this real-time access to data through the use of what are known as edges. エッジは地理的に配置されたサーバーです。データを格納し、アプリケーションからデータに容易にアクセスできるようにすることを目的としています。データはプロジェクション、つまりデータの送信先のエッジを定義するプロジェクション先と、エッジ上で利用可能にする情報を定義するプロジェクション設定に従ってエッジにルーティングされます。For more information and to begin working with edges, refer to the Real-time Customer Profile API sub-guide on edge projections .

次の手順

Once you have configured Real-time Customer Profile for your organization, you can begin adding data to individual customer profiles and creating audience segments based on specific customer attributes. 開始する方法については、以下のチュートリアルを参照してください。