Show Menu
トピック×

データガバナンスとプライバシーのチュートリアル

Data Usage Labeling and Enforcement(DULE)は、Adobe Experience Platform Data Governanceの中核的なメカニズムです。 DULE機能を使用すると、データセットとフィールドにデータ使用ラベルを適用し、関連するデータ使用ポリシーに従ってそれぞれを分類できます。 ラベルの使用を開始する前に、 データ・ガバナンスの概要 (Data Governanceの概要)を参照して、プラットフォーム内のDULEフレームワークのより強力な紹介を確認してください。
Adobe Experience Platform Privacy Serviceは、RESTful APIとユーザーインターフェイスを備えており、これにより、様々なソリューション間でプライバシーとコンプライアンスの要求を調整できます。 詳しくは、まず プライバシーサービスの概要を参照してください

データ使用ラベル

データ使用ラベルを使用すると、データに適用される使用ポリシーに従ってデータセットとフィールドを分類できます。 ラベルはいつでも適用でき、データの管理方法を柔軟に選択できます。 ベストプラクティスは、データのラベル付けがエクスペリエンスプラットフォームに取り込まれるとすぐに、またはデータがプラットフォームで使用できるようになるとすぐに行うことを推奨します。 データセットレベルで適用されるデータ使用量ラベルは、データセット内のすべてのフィールドに反映されます。 ラベルは、データセット内の個々のフィールド(列ヘッダー)に、伝播せずに直接適用することもできます。 データ使用ラベルをデータに適用する方法については、 データ使用ラベルの概要を参照してください

データ使用ポリシーの作成

DULE Policy Service APIを使用すると、DULEポリシーを作成および管理して、特定のDULEラベルを含むデータに対して実行できるマーケティングアクションを決定できます。 使用を開始するには、 データ使用ポリシーの概要を読みます

データ使用ポリシーの適用

データ用にData Usage Labeling and Enforcement(DULE)ラベルを作成し、これらのラベルに対するマーケティングアクション用のDULEポリシーを作成した後は、DULE Policy Service APIを使用して、マーケティングアクションがデータセットに対して実行されたか、またはDULEラベルの任意のグループを評価できます。 その後、独自の内部プロトコルを設定し、API応答に基づくポリシー違反を処理できます。 開始するには、 ポリシー実施の概要

オーディエンスセグメントのデータ使用コンプライアンスの実施

リアルタイム顧客プロファイルで使用できるセグメントは、セグメント定義内にマージポリシーIDを含みます。 このマージポリシーには、セグメントに含めるデータセットに関する情報が含まれ、そのデータセットには該当するデータ使用ラベルが含まれます。 オーディエンスセグメントに対するデータ使用量の準拠の適用に関する具体的な手順については、セグメントの データ使用量準拠の実施チュートリアルに従ってください

プライバシーサービスの概要

プライバシーサービスは、RESTful APIとユーザーインターフェイスを提供し、Adobe Experience Cloudアプリケーション全体でデータサブジェクト(顧客)の個人データを管理できます。 また、プライバシーサービスは、Experience Cloudアプリケーションに関連するジョブのステータスと結果にアクセスできる、中央の監査とログのメカニズムも提供します。 プライバシーサービスジョブの作成および監視方法の手順については、 プライバシーサービス開発者ガイド または プライバシーサービスユーザーガイドに記載されている手順に従ってください