Show Menu
トピック×

Ingest data into Experience Platform

Adobe Experience Platform は、複数のソースからのデータを統合し、マーケターが顧客の行動をより深く理解できるようにします。Adobe Experience Platform Data Ingestion represents the multiple methods by which Platform ingests data from these sources, as well as how that data is persisted within the Data Lake for use by downstream Platform services. Data Ingestion ソースコネクタを使用したバッチ取り込み、ストリーミング取り込み、取り込みが含まれます。 詳しくは、「 データ取得の概要 」を読むか、 ソースのドキュメント に直接進んでください。

UI と API でのソースコネクタの作成

Source connectors allow you to ingest data from multiple sources, where it can then be labeled, structured, and enhanced using Platform services. ソースコネクタの作成を開始するには、 ソースの概要を参照してください

バッチデータの取得

Adobe Experience Platform allows you to easily import data into Platform as batch files. Examples of data to be ingested may include profile data from a flat file in a CRM system (such as a parquet file) or data that conforms to a known Experience Data Model (XDM) schema in the Schema Registry. 開始するには、『 Platform へのデータ取得のチュートリアル 』に進みます。

CSV ファイルの XDM スキーマへのマッピング

In order to ingest CSV data into Adobe Experience Platform, the data must be mapped to an Experience Data Model (XDM) schema. For steps showing how to map a CSV file to an XDM schema using the Experience Platform user interface, follow the map a CSV file to an XDM schema tutorial .

ストリーミング接続の作成

ストリーミングデータを開始するに Experience Platformは、まずHTTPエンドポイントを要求する必要があります。 認証済みの動作を強制するように、このエンドポイントを設定するオプションがあります。 This can be done using the Platform user interface or Experience Platform APIs. 詳しくは、 UI を使用したストリーミング接続の作成 または API を使用したストリーミング接続の作成 に関するチュートリアルに従ってください。

認証済みストリーミング接続の作成

Authenticated Data Collection allows Adobe Experience Platform services, such as Real-time Customer Profile and Identity, to differentiate between records coming from trusted sources and untrusted sources. 開始するには、 認証済みのストリーミング接続を作成 するためのチュートリアルに従ってください。

ストリームレコードと時系列データ

With a dataset and steaming connections in place, you can stream record or time series data into Platform. レコードデータのストリーミングを開始するには、『 Platform へのレコードデータのストリーミングのチュートリアル 』に進みます。時系列データのストリーミングを開始するには、「 Platform への時系列データのストリーミング 」に従います。

1 回の HTTP リクエストでの複数メッセージのストリーミング

データを Adobe Experience Platform にストリーミングする場合、多数の HTTP 呼び出しを作成するコストが高くなる可能性があります。例えば、1 KB のペイロードで 200 個の HTTP リクエストを作成するよりも、それぞれが 1 KB の 200 個のメッセージが含まれた 1 個の HTTP リクエスト(200 KB の単一ペイロード)を作成する方がはるかに効率的です。When used correctly, grouping multiple messages within a single request is an excellent way to optimize data being sent to Experience Platform. To learn how to send multiple messages to Experience Platform within a single HTTP request using streaming ingestion, follow the sending multiple messages tutorial .