Show Menu
TOPICS×

overwriteCrossDomainMCIDAndAID

このプロパティは、あるドメインから 2 番目のドメインに移動すると、訪問者の Experience Cloud および Analytics ID を上書きします。ID を上書きするには、ID サービスを所有し、各ドメインに実装している必要があります。このコードは、制御していないドメインの ID を上書きできません。
構文:
Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true|false
(デフォルトは
false
コードサンプル
JavaScript コードは、以下の例のようになります。
//Call the ID service var visitor = Visitor.getInstance("INSERT-MARKETING-CLOUD-ID-HERE", { ... //Set overwrite property overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true });
使用例
サイト訪問者を追跡するために、ID サービスは、Experience Cloud ID(MID)をブラウザー Cookie に書き込みます。以下の表に、別のドメインの ID サービスによって設定された既存の MID を上書きしたい場合の一般的な使用例を示して説明します。
使用例
説明
様々なドメインのランディングページでの訪問者の識別
ドメイン A および B を所有しているとします。この場合、以下の場合に
Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true
を設定できます。
  • 各ドメインに独自のランディングページがある。
  • 訪問者には、ドメイン B への以前の訪問から、既に Cookie(および MID)が設定されている。
  • 訪問者がドメイン A からドメイン B に来る場合、一貫して識別したい。
ランディングページとコンバージョンページの間での訪問者の識別
ドメイン A および B を所有しているとします。この場合、以下の場合に
Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true
を設定できます。
  • ドメイン A はランディングページである。
  • ドメイン B は、個別のコンバージョン、予約、またはその他のワークフローの最後のページである。
  • 訪問者には、ドメイン B への以前の訪問から、既に Cookie(および MID)が設定されていて、それらは、サーバー側 MID よりも望ましくないクライアント側 MID であることがわかっている。
  • 訪問者がドメイン A からドメイン B に来る場合、一貫して識別したい。
モバイルアプリから Web ブラウザーへの訪問者の識別
この事例は、少し異なります。モバイルアプリから Web サイトに移動するユーザーの識別に関係します。この場合、訪問者は既にモバイルアプリによってローカルで MID が設定されていて、Web サイトの Cookie には別の MID が設定されています。
Visitor.overwriteCrossDomainMCIDAndAID: true
を設定して、ブラウザーの Cookie に設定された MID をモバイルアプリで設定された MID で上書きできます。