Show Menu
TOPICS×

resetBeforeVersion

この設定を使用すると、更新対象の ID サービスのバージョンに基づいて、孤立したり古くなったりした Experience Cloud ID(ECID)を消去できます。
resetBeforeVersion
変数の値として ID サービスのバージョンを指定すると、クライアント側 ID から古い ECID が消去されます。
セッションのタイムアウトなどの特定の状況では、ID サービスがサーバー側 ID を正常に取得しなくても、クライアント側 ID が生成されることがあります。このようになった場合、孤立しているクライアント側 ID は ID サービスで追跡されますが、ドメイン全体で追跡したり、他のソリューションと適切に同期したりすることはできません。この動作では、現在の AMCV Cookie のバージョンと
resetBeforeVersion
の値が比較されます。Cookie が存在しないか、Cookie のバージョンが最新リリースバージョンの
resetBeforeVersion
よりも小さい(古い)場合、AMCV Cookie は削除され、ID サービスは新しい ECID をリクエストします。
ブラウザーにサードパーティ Demedex Cookie がある訪問者の場合、ECID が、この Demedex Cookie の UUID を使用して適切に生成されたかどうかがチェックされます。このチェックにより適切に生成されたことが判明した場合、新しい ECID は同じになり、訪問者は新規訪問者とみなされます。何らかの理由で消去対象の ECID の生成に Demdex Cookie が使用されなかった場合または Demdex Cookie が存在しない場合は、訪問者に新しい ECID が付与され、新規訪問者とみなされます。
構文:
resetBeforeVersion = "3.3"
コードサンプル
//Call the ID service var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Marketing Cloud organization ID here", { //Same as s.trackingServer trackingServer: "Insert tracking server here ", //Same as s.trackingServerSecure trackingServerSecure: "Insert secure tracking server here", //For CNAME support only. Exclude these variables if you're not using CNAME marketingCloudServer: "Insert tracking server here", marketingCloudServerSecure: "Insert secure tracking server here", //Changing the version resetBeforeVersion: "3.3" });