Show Menu
TOPICS×

getAnalyticsVisitorID

Experience Cloud Identity Service が実装される前に s_vi Cookie に保存されていた従来の Analytics ID を返します(存在する場合)。訪問者に Analytics ID が割り当てられたことがない場合は、空の文字列を返します。
構文
var analyticsID = visitor.getAnalyticsVisitorID()
この関数は、通常、訪問者 ID を読み取る必要があるカスタムソリューションで使用されます。標準の実装では使用されません。
getAnalyticsVisitorID
は、Analytics ID を読み取ってシステムまたはアプリケーションに送信するコールバック関数とも連携します。
サンプルコード
//callback function var useAnalyticsVisitorID = function(id){ //whatever your function does with the Experience Cloud ID }; //get Analytics ID and pass it to the function var analyticsID = visitor.getAnalyticsVisitorID(useAnalyticsVisitorID)
Analytics ユーザーの場合は、さらに Analytics ID をチェックして独自の関数に送信します。例えば、hidden フォーム要素の訪問者 ID を、データ挿入 API を使用するサーバー側のアプリケーションに渡す場合に、両方の識別子が必要になります。その場合は、Experience Cloud と Analytics の訪問者 ID を取得して返してください。 getMarketingCloudVisitorID を参照してください。
「aid」パラメーターは従来の値です
aid
パラメーターは異なる 2 つの条件セット下で、クエリ文字列内で使用されます。
例 1
aid
パラメーターは次の場合に、クエリ文字列内で使用されます。
  • Experience Cloud ID サービスが正しくデプロイされている場合。
  • サイトに訪問しているユーザーの Analyticss_vi Cookie に既に ID が保存されている場合。
例 2
aid
パラメーターは、組織が ID サービスを完全に導入する前の 猶予期間 を使用している場合に、クエリ文字列内で使用されます。サイトに訪問しているユーザーが新規ユーザーであり、組織が猶予期間を使用していない場合、訪問者には Experience Cloud(
mid
ID)パラメーターが送信されます。