Show Menu
TOPICS×

getVisitorValues

これは、デフォルトで Analytics の識別子、ID サービス、データ収集オプトアウト、地域およびメタデータ「blob」コンテンツを返す非同期 API です。オプションの visitor.FIELDS 列挙を使用して、返される ID を制御することもできます。
内容:

構文

この関数は、次の構文を使用します(斜体は変数のプレースホルダーを表します):
var *
values
* = visitor.getVisitorValues (callback, [visitor.FIELDS. *
ID type
*, visitor.FIELDS. *
ID type
*]);
関数パラメーターの詳細は次のとおりです。
  • *
    callback
    *
    は、返される ID を受け取るコールバックコードを表します。
  • (オプション)
    visitor.FIELDS. *
    ID type
    *
    は、この関数で返す必要がある ID 値 を指定できる列挙です。
詳しくは、以下の使用例と定義を参照してください。

使用例 1:デフォルトデータセットのリクエスト

このコードは標準データセットを返します。リクエストとレスポンスは、以下の例のようになります。
//Call the ID service var visitor = Visitor.getInstance ("Insert Experience Cloud organization ID here",{...}); //Add your callback to the GET method to return IDs and data. visitor.getVisitorValues(visitorIdsCallback);
デフォルトのレスポンスの例はあくまでもデモ用であり、一部の値が短縮されています。
//Formatted IDs in JSON response { MCMID: 'mid-1234', MCOPTOUT: 'isoptedout-true', MCAID: 'aid-1234', MCAAMLH: 7, MCAAMB: 'hgfe54236786oygj' }

使用例 2:カスタムデータセットのリクエスト

このコードはオプションの配列を使用し、
visitor.FIELDS
列挙を使用して特定の ID セットを返します。この場合は、訪問者の Experience Cloud ID(MCID)と Analytics ID(MCAID)のみが必要です。リクエストとレスポンスは、以下の例のようになります。
//Call the ID service var visitor = Visitor.getInstance("Insert Experience Cloud organization ID here", { ... }); // Add an optional array to specify which IDs you want to return. visitor.getVisitorValues(visitorIdsCallback, [visitor.FIELDS.MCMID, visitor.FIELDS.MCAID]);
カスタマイズされたレスポンスの例では、リクエストで指定された ID のみが返されます。
//Formatted IDs in JSON response { MCMID: 'mid-1234', MCAID: 'aid-4321' }

レスポンスパラメーターの定義

以下の表に、レスポンスパラメーターとその定義を示します。これらは
visitor.FIELDS
列挙に含まれるすべての値でもあります。特定の変数に値がない場合、このメソッドは空の文字列を返すことに注意してください。
説明
MCAAMB
「blob」と呼ばれる、暗号化された
Audience Manager
メタデータです。
MCAAMLH
データ収集地域 ID。これは、特定の ID サービスデータセンターの地理的場所を示す数値識別子です。
DCS 地域 ID、場所、ホスト名 および getLocationHint を参照してください。
MCAID
訪問者の
Analytics
ID です。
MCMID
訪問者の Experience Cloud ID です。
詳しくは、 Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。
MCOPTOUT
訪問者がデータ収集をオプトアウトしたかを示すフラグです。
以下の値が含まれます。
  • 'isoptedout-true'
    :訪問者はデータ収集をオプトアウトしています。
  • 'isoptedout-false'
    :訪問者はデータ収集をオプトアウトしていません。