Show Menu
TOPICS×

Experience Cloud Identity Service との直接統合

これを実装すると、アドビの JavaScript コードや SDK コードを受け入れたり処理したりすることができないデバイスでも ID サービスを使用できるようになります。これには、ゲーム機やスマート TV など、インターネットに接続可能な機器が含まれます。構文、コードサンプル、定義については、この節を参照してください。

構文

VisitorAPI.js または SDK コードライブラリを使用できないデバイスは、ID サービスで使用されるデータ収集サーバー(DCS)を直接呼び出すことができます。これをおこなうには
dpm.demdex.net
を呼び出し、次の形式のリクエストを使用します。
斜体
​の部分には実際の情報が入ります。
この構文の例において、
d_
というプレフィックスは呼び出し内のキーと値のペアがシステムレベルの変数であることを示します。ID サービスには多くの
d_
パラメーターを渡すことができますが、上のコードに示されているキーと値のペアに特に注目してください。他の変数について詳しくは、 DCS API 呼び出しでサポートされる属性 を参照してください。
ID サービスは HTTP 呼び出しと HTTPS 呼び出しをサポートします。セキュアなページからデータを渡す際には HTTPS を使用してください。

リクエストのサンプル

リクエストは以下のサンプルのようになります。長い変数は短縮されています。

レスポンスのサンプル

ID サービスは、以下のような JSON オブジェクトでデータを返します。レスポンスは異なる場合があります。
{ "d_mid":"12345", "dcs_region":"6", "id_sync_ttl":"604800", "d_blob":"wxyz5432" }

リクエストパラメーターおよびレスポンスパラメーターの定義

リクエストパラメーター
パラメーター
説明
dpm.demdex.net
アドビ
が管理する従来のドメインです。 Demdex ドメインの呼び出しについて を参照してください。
d_mid
Experience Cloud 訪問者 IDです。See Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。
d_orgid
Experience Cloud 組織 IDです。この ID の探し方については、 Experience Cloud Identity Service の要件 を参照してください。
d_cid
データプロバイダー ID(DPID)、一意のユーザー ID(DPUUID)および 認証済み状態 ID を ID サービスに渡すオプションのパラメーター。コードサンプルで示すように、DPID と DPUUID の間は非表示の制御文字
%01
で区切ります。
DPID および DPUUID
d_cid
パラメーターでは、関連する DPID と DPUUID の各組み合わせを同じ
d_cid
パラメーターに割り当てます。これにより、複数の ID セットを単一のリクエストで設定できます。また、DPID、DPUUID、および任意の認証フラグの間は非表示の制御文字
%01
で区切ります。以下の例では、プロバイダー ID とユーザー ID が
太字
のテキストで強調されています。
  • 構文:
    ...d_cid=DPID%01DPUUID%01認証状態...
  • 例:
    ...d_cid=123%01456%011...
認証状態
これは
d_cid
パラメーターのオプションの ID です。整数で表され、以下に示す認証状態によってユーザーを識別します。
  • 0
    (不明)
  • 1
    (認証済み)
  • 2
    (ログアウト済み)
認証状態を指定するには、ユーザー ID(UUID)変数の後にこのフラグを設定します。また、UUID と任意の認証フラグの間は非表示の制御文字
%01
で区切ります。以下の例では、認証 ID が
太字
のテキストで強調されています。
構文:
...d_cid=DPID%01DPUUID%01認証状態
例:
  • 不明:
    ...d_cid=123%01456%010...
  • 認証済み:
    ...d_cid=123%01456%011...
  • ログアウト済み:
    ...d_cid=123%01456%012...
dcs_region
ID サービスは地理的に分散された負荷分散型システムです。呼び出しを処理するデータセンターの地域は ID で識別されます。 DCS 地域 ID、場所、ホスト名 を参照してください。
d_cb
(オプション)
リクエスト本文で JavaScript 関数を実行できるようにするコールバックパラメーターです。
d_blob
暗号化された JavaScript メタデータのチャンクです。サイズ制限により blob は 512 バイト以下に制限されています。
d_ver
必須. API バージョン番号を設定します。この設定は
d_ver=2
のままにしてください。
レスポンスパラメーター
一部のレスポンスパラメーターはリクエストの一部であり、上の節で定義されています。
パラメーター
説明
id_sync_ttl
再同期の間隔(秒数)。デフォルトの間隔は、604,800 秒(7 日間)です。