Show Menu
TOPICS×

オプトインサービスの検証

Web サイトでオプトインを有効にしたら、検証方法を使用して、ブラウザーの開発者ツールでサービスが期待どおりに動作しているかどうかをテストします。

使用例 1:オプトインを有効にする

Visitor.getInstance({{YOUR_ORG_ID}}, { doesOptInApply: true });
ページを読み込む前に、キャッシュと Cookie を消去します。
Chrome で、Web ページを右クリックして「検証」を選択します。上のスクリーンショットのように、「
Network
」タブを選択して、ブラウザーからのリクエストを表示します。
この例では、ECID、AAM、Analytics、Target という Adobe JS タグがページにインストールされています。
オプトインが期待どおりに動作していることを証明する方法:
アドビのサーバーに対するリクエストは表示されません。
  • demdex.net/id
  • demdex.net/event
  • omtrdc.net/b/ss
  • omtrdc.net/m2
  • everesttech.net
http://dpm.demdex.net/optOutStatus
の呼び出しが表示される場合があります。これは、訪問者のオプトアウトステータスを取得するために使用される読み取り専用のエンドポイントです。このエンドポイントでは、サードパーティ Cookie が作成されることも、ページから情報が収集されることもありません。
アドビのタグによって作成された Cookie(AMCV_{}、mbox、demdex、s_cc、s_sq、everest_g_v2、everest_session_v2)は表示されません。
Chrome で、「
Application
」タブに移動し、「
Storage
」の「
Cookies
」セクションを展開して、Web サイトのドメイン名を選択します。

使用例 2:オプトインとストレージを有効にする

Visitor.getInstance({{YOUR_ORG_ID}}, { doesOptInApply: true, isOptInStorageEnabled: true });
使用例 2 で唯一異なる点は、訪問者から提供されたオプトインの権限が含まれる​
新しい Cookie
として
adobeujs-optin
が表示されることです。

使用例 3:オプトインを有効にして Adobe Analytics を事前承認する

var preApproveAnalytics = {}; preApproveAnalytics[adobe.OptInCategories.ANALYTICS] = true; Visitor.getInstance({{YOUR_ORG_ID}}, { doesOptInApply: true, preOptInApprovals: preApproveAnalytics });
Adobe Analytics ではオプトインが事前に承認されているので、「Network」タブには、トラッキングサーバーに対するリクエストが表示されます。
さらに、「Application」タブには、Analytics の Cookie が表示されます。

使用例 4:オプトインと IAB を有効にする

Visitor.getInstance({{YOUR_ORG_ID}}, { doesOptInApply: true, isIabContext: true });
ページに現在の IAB の同意を表示する方法:
開発者ツールを開き、「
Console
」タブを選択します。次のコードスニペットを貼り付けて、Enter キーを押します。
<codeblock> __cmp("getVendorConsents", null, function (vendorConsents) { console.log("Vendor Consent:", vendorConsents); }) </codeblock>
次の出力例は、目的 1、2、5 が承認され、Audience Manager ベンダー ID が承認されたときのものです。
  • demdex.net/id:この呼び出しがある場合は、ECID が demdex.net に対して ID をリクエストしたことがわかります。
  • demdex.net/event:この呼び出しがある場合は、DIL データ収集呼び出しが期待どおりに動作していることがわかります。
  • demdex.net/dest5.html:この呼び出しがある場合は、ID 同期がトリガーされていることがわかります。
次のいずれかが当てはまる場合、アドビのサーバーに対するリクエストは表示されず、アドビ Cookie もありません。
  • 目的 1、2 または 5 が承認されていない。
  • Audience Manager ベンダー ID が承認されていない。