Show Menu
TOPICS×

Experience Cloud Identity Service の Target への実装

これらの手順は、Experience Cloud Identity Service を使用し、Dynamic Tag Management(DTM)を使用しない Target のお客様向けです。ただし、ID サービスの実装に DTM を使用することを強くお勧めします。DTM は、実装ワークフローを合理化し、適切なコード配置と優先順位付けを自動的に確認します。

手順 1:ID サービスコードの入手

ID サービスでは、
VisitorAPI.js
コードライブラリが必要です。このコードを入手するには、 カスタマーケア にお問い合わせください。

手順 2:ID サービスコードへの Visitor.getInstance 関数の追加

パート 1:以下の Visitor.getInstance 関数をコピーします
var visitor = Visitor.getInstance("INSERT-MARKETING-CLOUD-ORGANIZATION ID-HERE");
パート 2:VisitorAPI.js ファイルに関数コードを追加します
Visitor.getInstance
関数をファイル末尾のコードブロックの後に配置します。編集後のファイルは以下のようになります。
/* ========== DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE ========== Version and copyright section */ // Visitor API code library section // Put Visitor.getInstance at the end of the file, after the code library var visitor = Visitor.getInstance("INSERT-MARKETING-CLOUD-ORGANIZATION ID-HERE");

手順 3:Visitor.getInstance への Experience Cloud 組織 ID の追加

Visitor.getInstance
関数の
INSERT-MARKETING-CLOUD-ORGANIZATION ID-HERE
を Experience Cloud 組織 ID に置き換えます。組織 ID がわからない場合、Experience Cloud 管理ページで確認できます。 管理 - コアサービス も参照してください。編集後の関数は、以下のサンプルのようになります。
var visitor = Visitor.getInstance("1234567ABC@AdobeOrg");
組織 ID の大文字小文字を変更​
しない
​でください。この ID は大文字小文字が区別され、割り当てられたとおりに使用する必要があります。

手順 4:ページへの訪問者 API コードの追加

サイトの
VisitorAPI.js
タグ内の、
<head>
ファイルを参照している箇所の前に
mbox.js
ファイルをデプロイします。最初の Experience Cloud ネットワークの呼び出しが生成される前に Target ID サービスを実行する必要があります。テストと検証の後にこのコードを本番に移行します。

手順 5:ID サービスコードのテストとデプロイ

次のようにテストおよびデプロイできます。
テストと検証
ID サービスの実装状況をテストするには:
  • ページがホストされているドメインの AMCV Cookie を確認します。
  • mboxMCGVID
    が Target のリクエストに存在し、Experience Cloud ID(MID)が含まれていることを確認します。
AMCV Cookie と MID について詳しくは、 Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。
デプロイ
テストの合格後に、コードをデプロイします。